全体表示

[ リスト ]

女性は85歳の Simona De Moorさん。

夫を74歳で亡くした後、
それまでも仲の良かった娘さんと一層親密になっていたが
その娘さんが58歳直前、ありきたりの手術の心停止を起こして死亡。

「もう私にはこれ以上生きる理由がなくなりました。
喪の悲しみは耐え難い苦痛です」

「娘の死は気が狂いそうなくらい苦しいけど精神病院(mad house)には行きたくない」

全くの健康体で、
それまで安楽死について考えたこともなかったというが、

「(娘が死んで)5分後には心が決まっていました」

申請して3カ月かかったが、
6月22日に友人に見守られ、
安楽死推進派の医師、Van Hoey氏によって安楽死。

オーストラリアのTV番組Datelineとして取材し、
その現場の立ち会ったジャーナリストBrett Mason氏は

「ジャーナリストとして経験した最も困難な日でした。

外国人特派員として多くの人の死を見てきました。
最後の瞬間を目撃したこともたくさんあります。
はっきり覚えていますが、その中には死にたいと望んでいた人はいませんでした。
何か生きる目的があり、失いたくないもののある人たちでした。

一番つらかったのは、身体的にはほぼ完全な健康体でありながら、Simonaさんが
自分にはもう生きるための目的も、その人のために生きようと思う人もいないと
思い込んでいたことです」




上記のメイルの記事他、「安楽死」としている記事が多いようなのですが、

以下のオーストラリアのニュースによると、
De Moorさんは医師から受け取った毒物を自分で飲んだようなので、
厳密には「安楽死」ではなく「医師幇助自殺」だったものと思われます。

また、こちらのニュースにあるMason氏の発言は、

「誰かがいつ、どこで、どのように死んでいこうとしているかが分かっているというのは
私には極めて困難なことでした」

「シモーナさんと私は親しくなれていたので、
それだけ受け止めるのが難しかったです
もし私が85歳になった時にシモーナさんくらい健康だったら、
私は自分ですごいと思うだろうと思います」

「シモーナさんがあの日、死を望んでいたことに疑いはありません。
けれど、どうしても考えてしまうのです。
もう数カ月たった後に、娘さんの死の当初の衝撃と苦痛が和らいでも
彼女は同じように感じていただろうか、と」







こちらの情報によると、3月段階で安楽死後臓器提供ドナーは17人 ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/spitzibara2/64546842.html

この記事に

閉じる コメント(12)

顔アイコン

私も母一人子一人で育ちましたから、この方の思いがわかります。母を亡くしてから「一緒に死んじゃいたかったな」と何度も思いましたから。だからといって、それとこれとは話が違うのであって、なんだかもう何がなんだか。何が大事なことなのか。この理由に対して医師が自殺ほう助するということに言葉がないです。 削除

2015/9/16(水) 午後 7:13 [ yaguchi ] 返信する

顔アイコン

> yaguchiさん

まったく、おっしゃる通りですね。もうここまでくると、理由を問わない「自殺する権利」。

その場に立ちあったジャーナリストの、「もう数カ月たった後に、娘さんの死の当初の衝撃と苦痛が和らいでも彼女は同じように感じていただろうか」という言葉がすべてのような気がします。

いったい何歳までの人だったら、人生の不条理に遭遇した苦痛を理由での自殺は予防対策の対象で、何歳からなら「自殺する権利」なのか……。

2015/9/16(水) 午後 7:35 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

顔アイコン

そうですよね。だから、グリーフケアというのがあるはずだと思うのですが、かといって、グリーフケアが進んでいるとは言い難く、私はのた打ち回っていました。 削除

2015/9/16(水) 午後 7:48 [ yaguchi ] 返信する

顔アイコン

> yaguchiさん

yaguchiさんもご存知の安藤泰至先生と打出喜義先生は、丸善の『死リーズ生命倫理学 第4巻 終末期医療』で、「私たちの社会における医療のあり方、医療をめぐる既成のシステムあるいは文化のようなもの」によって、医療そのものがグリーフワークを「阻害」する要因となっていることを指摘しておられて、まさにその通りだなぁ、と思います。昨日、『患者の知』についてのエントリーで書いたことにも通じると思うんですけど、結局のところ医療の世界から見えるものの中で医療職が考え実践するグリーフケアには、医療職が考えて提供する「患者中心の医療」と同じ限界が避けがたいのだろうという気がします。

2015/9/16(水) 午後 8:40 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

顔アイコン

上のコメントの本のタイトル「シリーズ」が「死リーズ」に・・・。いかに私のパソコンは死についての話ばっかり扱っているかという証拠のような・・・。

2015/9/16(水) 午後 8:53 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

顔アイコン

ご教示ありがとうございます。安藤先生が対談に参加されている『ケアとしての宗教』(葛西賢太編著、明石書店)を拝読し、日本で活動されているチャプレンの少なさに驚きました。私個人は医療者とか心理士などではなく、グリーフワーク、グリーフケアは宗教者に期待したいです。 削除

2015/9/17(木) 午前 10:05 [ yaguchi ] 返信する

顔アイコン

> yaguchiさん

お、その本は未読なので、ではこれから早速に(笑)

医療の中で「グリーフワーク」とネーミングされてしまうと、どこか医療の世界の職種別役割分担の中にはめ込まれて、ある種のメニューというか、定型化した指導的サービスといった感じのものに仕立て上げられていくような感じがしますもんね。

2015/9/17(木) 午前 10:39 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

顔アイコン

こちらのエントリー、リンクさせていただきました。事後報告ですみません。よろしくお願いします。 削除

2015/9/29(火) 午前 9:38 [ yaguchi ] 返信する

顔アイコン

> yaguchiさん

あはは。同時にコメント書いてたみたいですね(笑)

リンクありがとうございます。よろしくお願いいたします。

2015/9/29(火) 午前 9:41 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

顔アイコン

> spi*zi*ara2さん
あ、ほんとですね。シンクロニシティでしょうか。リンクの件ありがとうございます。

学会や様々な場所で、spi*zi*ara2さんが医療者、社会に向けて、そう発信しつづけてくださることがとても心強いです。 削除

2015/9/29(火) 午前 10:27 [ yaguhchi ] 返信する

顔アイコン

> yaguhchiさん

温かい励ましをありがとうございます。

yaguchiさんがこれまでの公私のご体験を経られ、今の苦境をくぐり抜けられた後で形にされるお仕事を、私は心待ちにお待ちしておりますゆえ、どうぞゆっくりとご無理なさらず、くぐり抜けてくださいませ。

実は私も、やろうとして挫折したものがあり、機が熟すためにはくぐり抜けるべきトンネルがあったのだと気づいて、焦らずにしっかりこのトンネルと格闘しようと、姿勢を正したところなんです。日々「できない自分」にメゲそうになりますが、焦って「できる自分」になるわけじゃないですもんね。いつだって「今の自分」からスタートすることしかできないんだから「今の自分」を大切に味わって生きないと、って思うんですけど、凡人ですから、つい雑念が入りますよね(笑)

2015/9/29(火) 午前 10:51 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

顔アイコン

> spi*zi*ara2さん
こちらこそなんだかすごいエールを頂いた気持ちです。「くぐり抜け」られるか自信はないですが、おっしゃるように、ゆっくり焦らず休みながら無理しないで、と思います。ありがとうございました。 削除

2015/9/29(火) 午後 3:19 [ yaguchi ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事