全体表示

[ リスト ]

安楽死クリニックで機動安楽死チームによる安楽死を担っている
オランダの安楽死推進団体のNVVEが、今度は、
特に病気ではなくても「もう十分に生きた」として「理性的自殺」を希望する人たちが
医師の手を借りなくても自殺できるよう、”peaceful pill ”の認可を目指して、
オランダ医師会や保健省、法務省と話し合いが進められている。

こうしたDIY安楽死は実は
中国から錠剤で、あるいはメキシコから液体で
致死薬を取り寄せる形で(薬は誕生カードを装って届けられる)
既に闇で広がっているのだとか。

事例としては、
自身が安楽死を実施してきた医師である75歳の Jannes Mulder医師が
いつでも死ねるように中国から致死薬を取り寄せているほか、
2012年に認知症になり、娘の手を借りて中国製の散薬をヨーグルトに混ぜて自殺した
83歳のTom Van Manen氏。

NVVEや、もう一つの安楽死推進団体のStifung De Einderでは、
自分の終末期をコントロールしたいと望むベビーブーマー世代は
こうしたpeaceful pillを必要としており、
濫用を避けるためにも容認して規制する必要がある、などと主張している。




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事