全体表示

[ リスト ]

自己決定能力を失った時に備えて
成人に事前指示の作成を権利として認める法律
「病人自主権利法(the Patient Autonomy Act)が20日、台湾議会を通過。

3年後の施行。

事前医療指示により
生命維持治療中止が認められるのは、以下の5つの状態。

・終末期の診断
・永続的植物状態
・重症の認知症
・耐え難い苦痛に至る政府指定の状態
・ほかに治療の選択肢がない不治の病で政府指定の状態

当該の病気を専門とする少なくとも2人の医師と
緩和ケアチームが病気を確認したうえで事前医療指示が有効となる。

Advanced healthcare directives legalized
Taipei Times, December 20, 2015

Taiwan Enacts Health Care Decisions Law
Medical Futility Blog, December 24, 2015


【2016年1月15日追記】
韓国でも(日本語記事)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/01/09/2016010900507.html

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事