全体表示

[ リスト ]

27日、終末期の人に死ぬまで深い持続的鎮静をすることを認める法案が
フランス議会を上院、下院とも通過。

ただし安楽死とPASは含まれない。

法案は4つ提出され、
その間でラディカルさで言えば中庸のものが通った格好らしい。

死が差し迫っている状態にある患者が直接あるいは事前指示により要望した場合には、
医師には栄養と水分の補給を含め生命維持治療を中止し、
それによって死が早められる場合であっても鎮静剤と鎮痛剤の使用が認められる。

家での鎮静と病院での鎮静のいずれかを
患者は選択することができる。

なお、自分で意思を表明することのできない患者については、

The law will also apply to patients who are unable to express their will, following a process that includes consultation with family members.
(Guardian)

The bill will also allow for a consultation process with family members of a patient to reach the same relief of pain when a patient is unable to express his or her own will.
(JURIST)


家族との相談など一定の手続きにより同法を適用して
意思を自分で表明できない人にも深い持続的な鎮静を可能とする。


People can also designate a “trustworthy person” whose opinion would be predominant in case of patients who are no longer able to express their will.


意思を表明できなくなった時にそなえて、
意見が尊重されてほしい「信頼できる人」を指定しておくことができる。





推進した議員の発言の中に「死ぬ権利」という概念が頻発していることが気になる。







この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

フランスのことも緩和ケアの詳細も知らない素人がこのニュースでパパッと頭に浮かべることに過ぎませんが、

もう死が避けがたく差し迫っている状態で、手を尽くしても苦痛や不快をどうしても取り切れないなら、そこで持続的な深い鎮静という手段をとることは、もともと緩和ケアの一端だと私は思っていたので、それがわざわざこういう法律で合法化されるということにどういう必然性があったのか、それが医療現場にどういう影響をもたらすのか、気になる。

2016/1/29(金) 午後 5:27 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

顔アイコン

日常的に自分で意思表示ができない人を娘に持つ親としては、娘がこの法案が要件としている状態に陥ったとしたら、家族が希望して鎮静してやってほしい、と強く思うのだけれど、

その「意思決定」が、その時の状況によってはまるきり逆の心理状態でなされるのだということの意味が、ずっと終末期の意思決定をめぐって、心に重く引っかかっている。

娘の治療に当たっている医療職に、言葉で訴えることができない重症者の痛みや不快に丁寧に気配りをしつつ細やかなケアをしてもらえている中で、打てる手はみんな打ってもらって、医学的なケア以外にも心配りをしてもらえて、それでも痛み苦しみが取り切れないから、やむを得ない、と思えて決断するのと、

こんなに無関心で機械的なケアで娘の痛み苦しみが放置されることに、本人と一緒に家族が苦しみぬいてきて、もう見ているのも耐え難いから、こんなケアしかしてもらえないのなら、お願いだからせめて眠らせてやってください、と実は心の中で決断しているのとでは、

「家族の要望」としては同じものであったとしても、家族にとって、その「意思決定」の意味はまるで違う、ということ。

2016/1/29(金) 午後 5:33 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

顔アイコン

そういえば、ガーディアン記事のタイトルは「安楽死の妥協案として鎮静死を採択」となっている。

つまり、やっぱり、この法案の鎮静は緩和ケアとしての鎮静というよりも、倫理問題を回避しつつ安楽死を合法化するための方便としての鎮静ということ?

2016/1/29(金) 午後 7:10 [ spi*zi*ara2 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事