全体表示

[ リスト ]

ご報告がちょっと遅くなりましたが、

「地域医療ジャーナル」5月号に、
「黒人の皮膚は白人よりも厚い……? 〜痛みとdiagnostic overshadowingを考える〜」
という記事を書きました。

こちらのエントリーの話題を中心に ↓
痛みのアセスメントと治療における人種間格差(米)(2016/4/6)


さらに、認知症の人への痛みの管理の必要性を説いた
以下のカナダ医師会雑誌の論説にも触れて ↓
認知症の人々にもっと良い痛みの管理を(2013/10/16)

最後を以下のように締めくくりました。

認知症の人は痛みを感じにくいか?」とキーワード検索をする人は頻繁に見かけるのに、「認知症の人の痛みを知る方法は?」「認知症の人の痛みの非薬物療法は?」「認知症の人の痛みは十分にケアされているか?」とキーワード検索をする人が圧倒的に少ないのは、なぜなのでしょう?

 そう問うてみることもまた、痛みにおける diagnostic overshadowing をめぐるEBMの第一歩ではないのかなぁ、と私は思うのですが。


実は、一昨日も昨日も、
私のブログに来てくださった方のキーワード検索の中に、
「認知症の人は痛みを感じない」という意味のフレーズが含まれていました。

この頃、こういうことが頻繁に目に付いて
とても気になっているのです。

一方で、
例えば「認知症の人の痛みを知る方法は?」とか
「認知症の人の痛みはケアされているか?」といった
検索キーワードを見たこと一度もないものですから。

よかったら、読んでいただけると幸いです。

なお、6月号には、
「米国のオピオイド鎮痛剤のファーマゲドン」(仮題)という記事を予定しています。

「地域医療ジャーナル」の購読は月額250円です。

私以外の記者の方々は
本来のEBMを医療現場に浸透させていこうと奮闘しておられる医師と薬剤師の方々です。

こちらの左上のオレンジ色の「読者登録をする」ボタンからどうぞ。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事