全体表示

[ リスト ]

昨年11月に議会を通過したワシントンDCのPAS合法化「尊厳死法」案は
12月20日に市長が署名して法として成立し、
先週2月18日土曜日に施行されました。



メモで追いかけてきたように、
DCの法律については連邦議会に成立を阻止する権限があるらしく、
期限直前に委員会では反対22対賛成14で合法化反対の投票が行われたものの、
その後の動きが起こらなかったようです。

これで、医師による自殺幇助が合法とされたのは、
オレゴン、ワシントン、バーモント、カリフォルニアについで5番目。

コロラド州はDCの1週間ほど前に住民投票で合法化が決まりましたが、
施行がいつになるのかは私は把握できていません。

なお、モンタナ州では、
州最高裁の判断(2009)をもって合法との解釈がされています。




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事