障害と医療

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全88ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

これまでの経緯はこちらに ↓



19日に施行となる豪ヴィクトリア州の法律の主要な要件は以下。

ただし、この中には含まれていないこととして
上記エントリーにあるように、自分で知試薬を嚥下できない人には安楽死が認められます。

●  Aged 18 or older

● A Victorian resident for at least 12 months

●  An Australian citizen

● Have the capacity to make the decision themselves

● Have independently made the decision at the time of being unwell – patients cannot pre-plan voluntary euthanasia or request it if suffering from dementia

● Have an incurable disease, illness or medical condition that causes “suffering to the person that cannot be relieved in a manner that the person considers tolerable”

● Have received a prognosis of less than six months to live (or within 12 months for neurodegenerative conditions, such as multiple sclerosis, motor neurone disease)


https://www.mamamia.com.au/voluntary-euthanasia-victoria/

これまでの経緯については、此方のエントリーに ↓
米医師会の倫理法務委員会、PASへのスタンス反対から動かず(2018/5/13)

昨年5月に米医師会倫理法務委員会が出した報告書で
主として欧州のすべり坂懸念を理由に、
PASに反対のスタンスを堅持すべきだと結論付けたものの、
翌6月の代議員会で否決されて、委員会に差し戻され、

それに対して同委員会がまた同じ結論の報告書を出すなど、

議論が真っ二つに割れて、すったもんだしていた問題が、
やっと一応の決着を見たようです。


6月11日の代議員会で投票の結果、
360対190で委員会の報告書が採択され、
PASへのAMAの公式スタンスについても
392対162で、現行の反対のままとすることに。

報告書の眼目(とspitzibaraは考える)文言に関する指摘部分についても、
完全な選択肢が存在しない以上、倫理議論のためには
plainly descriptive language(明々白々に叙述する文言)を用いるのが良いとして、
最も正確なPhysician-Assisted Suicideとすべき、と。

とはいえ、学会内の意見はなおも割れている。

記事からとりわけ興味深い発言を。

●ワシントン州の代議員の発言

 オレゴンが1997年に合法化した際、自殺幇助に留まり、安楽死に広げることはないと何度も保証したはずだったが、先週、オレゴン州下院議会は知試薬の注射を認める法案を可決した。

患者の命を奪うことは許容されるという考えを医師がひとたび受け入れてしまえば、医師幇助自殺は安楽死へと進むことが不可避だということだ.

カナダでは、自殺幇助と安楽死が合法化されたのはほんの3年前で、その3年間に米国で我々がこの問題を議論している間に、カナダでは安楽死がものすごい勢いで伝染し昨年は4000人を超える死者を出した。こうした心配な展開から我々は、自殺幇助のバスはタイヤが外れかけているということが分かる。現実世界で状況が悪化している時に、倫理法務委員会の報告書に基づいて行動せずにいるような余裕はない。


●C&Cのディレクターでもあるオレゴンの代議員の発言

患者がこうした要望を利用することは極めてまれだが、それでも患者が苦しんでいる時に、これは我々が与えることができる対応である。敵は死ではなく、敵は終末期の苦しみなのだ。その苦しみに安楽を提供する方法で対応するが、最も大事なことだ。

C&Cにとって、「死なせること」はすでに完全に緩和ケアなのですね。


● ちょっと気になることとして、
AMAの医学生会員たちには中立の立場にすべきだという考えが多いこと。


● フロリダ州の医師で、the Society of Critical Care Medicineの代表がthe Chest Caucusを代表しての発言。

We would not give our patients a gun or revolver… so we should not be supplying them with lethal drugs. Physician-assisted suicide violates natural moral law. We urge the AMA to stand firm, as any change from the current position will only confuse the public as to the intention and role of their physicians.
3日の下院では73-72。
4日火曜日、上院で19-16で可決。

知事はこれまで立場を明らかにしていない。




The bill requires the patient to make two oral requests and a written request for the medication, with the written request being made at least 15 days after the initial oral request. The patient would also need to wait at least two days after they make their written request to receive the prescription and they would need receive a second opinion by a consulting physician.

The proposal defines "terminal disease" as "an incurable and irreversible disease that has been medically confirmed and will, within reasonable medical judgment, produce death within 6 months." Patients who doctors determine are "suffering from a psychiatric or psychological disorder or depression causing impaired judgment" would be prohibited from receiving life-ending medication, according to the legislation.
CNN

Lambert事件続報

2014ー15年に裁判となった以下のLambertさんのケースが、
ふたたび、訴訟になっている。


これまで、うっかり英語読みで「ランバート」と表記してきたけど、
この人、フランス人なんだから「ランベール」さんでした。



【21日追記】続報
20日に医師らが胃ろうからの水分と栄養の補給を中止。
その12時間後に、上訴裁判所が継続を命令。
https://kfgo.com/news/articles/2019/may/20/doctors-to-end-care-for-french-patient-in-landmark-right-to-die-case/
https://www.european-views.com/2019/05/french-court-rules-in-favor-of-life-support-in-divisive-passive-euthanasia-case/

盛永審一郎先生の関連記事
20日にランベールさんに適用されたのは、
フランスが16年の新法による持続的な深い鎮静による「ソフトな安楽死」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190521-00056445-jbpressz-soci&p=1





全88ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事