どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち!?

八ッ場ダムを中心としたダム・河川の話(工学、法律、歴史)。なお、緑色がリンクです。

全体表示

[ リスト ]

 東京都水道局のパブコメに関連して、もう1つだけ。今日は、小河内(おごうち)ダムの話をしたいと思います。小河内ダムというのは、東京都が保有する水道専用ダムで、奥多摩湖のことです。
 この小河内ダムは、戦後1957年に完成しますが、工事は戦前に始まっています(1936〜43、1952〜57)。小河内ダムは、旧・東京市(現在の23区の区域、1932(S7)年合併により市域を拡大、俗に大東京市と呼ばれる)がはじめた工事ですが、戦時中機材・資材の不足により中断し、戦後米国の援助により再開し、完成したダムです。
イメージ 9

 今回、ご紹介したいのはこの小河内ダムの貯水位の経年変化です。下記のグラフは小河内ダム完成の1957(S32)年から1996(H8)年までの貯水位変動が「東京都水道局調査資料NO.58」に掲載されていました。図は博士論文で使用したものです。まずは、ご覧ください。
イメージ 10

 この貯水位変動を見る上で、いくつか頭に入れて欲しいことが4つあります。一部は図の中に示していますが、
  • 1 1959年には豊水年で、多摩川の自然流量が図抜けて多い。
  • 2 1965年、東京都は利根川水系を水源化(武蔵水路が開通)
  • 3 1978年が東京都の水需要のピークの年で、1日最大配水量は624万トン(現在は
  • 4 深刻な渇水年は、1978年、87年、94年の3回。
の合計4つです。
イメージ 11

 以上を頭に入れた上で、貯水位変動についてお話します。まず1つのポイントは、1965年の武蔵水路開通です。この年は東京都が水道水源として、利根川水系を有するようになった年で、東京水道の歴史の中で、あるいは戦後日本の水資源開発の歴史で、”画期”となった年です。というのは、大都市の水がめとして越境の山奥に大規模ダムを作り、水を運ぶというシステムは、昭和30年代の東京都の深刻な水不足を解消することを主要目的として作られたシステムで、1965年の武蔵水路開通は、そのシステムの「初仔」だからです。
イメージ 12

 武蔵水路も、利根川水系を東京都が水源化するために作られた水路で利根川と荒川を結んでいます。利根川中流の埼玉県行田市(右岸)に利根大堰という取水堰があって、そこから武蔵水路に通水され埼玉県・鴻巣市辺りで荒川とつながります。東京都の場合は、これを荒川・秋ヶ瀬取水堰(埼玉県志木市)で取水し、その水を朝霞浄水場に運びます。朝霞浄水場は、浄水能力170万トンを誇る、マンモス浄水場です。

イメージ 2

 関連事項とはいえ、少し脱線しました。話を元に戻します。小河内ダムの貯水位変動を、時代ごとにきってみると、まず①1957〜64年、東京都が専ら多摩川を水道水源として用水供給をしていた時代を考える必要があります。この時代の小河内ダムはいつも厳しい状況で、ダムが満水になったのは、記録的な豊水年だった1959年の1度だけです。中でも1962〜64年は、満水位1.8億トンを誇る小河内ダムが5,000万トンを切っており、厳しい運用状況にありました。
 それが1965年に武蔵水路が開通し(全面開通・工事完成は1967)、利根川水系の開発水量(矢木沢・下久保ダム)が東京都に入ってくるようになると、小河内ダムの貯水位は大きく回復します。なお、小河内ダムは冬季の降雪がある奥利根地域のダムと違い、そんなに簡単に水がたまらないダムです。地域の降水量が奥利根より全然少ないんです。
 
 この時代には、1962〜64年のような貯水位変動にはなっておらず、「危機的」状況は脱していますが、それでも時々大きく貯水位が下がる時期があります。貯水位が大きくへこむ年は渇水年でして、②1965〜79年という時代は、利根川の水源化により小河内ダムの貯水位はだいぶ回復したが、渇水になると大きく水位が下がるという傾向です。それでも、危機ラインといわれる5,000万トンになった年はありません。深刻な渇水年だった1978年も、1億トンの貯水量は保たれています。一方、利根川水系ダムの貯水量は1978年渇水も、またその後の渇水でも1億トンを割り込んでいます。なお、利根川水系5ダムないし6ダムの総貯水量です(目盛りが見えなくてごめんなさい)。
イメージ 8

 さて、次の時代③1980〜1996年はもう殆どいつも満水近く貯まっていて、時々貯水位は下がりますがそれでも1.5億トンを切ることは殆どありません(例外は1994、96)。少し貯水位が変動するのは渇水年で、この時小河内ダムから水が供給されます。
イメージ 13

 水利権や浄水場レベルでみると、東京都の多摩川水系17%、利根川水系80%(利根川・江戸川)という構成ですが、このバランスは固定的なものではなく、実は変動があります。この変動を見たのが下記のグラフで、利根川からの取水が厳しくなると、多摩川からの取水量を増やすという補完関係にあることがわかります。つまり、東京都の水道事業は利根川水系のダムをメインとして運用し、自前の水道水源(東京都の専用ダムで他県との調整が不要)たる小河内ダムは普段使わず満水にためておきて、利根川渇水が深刻になると小河内ダムから放流するという運用形態が見えてきます。つまり、1980年以降、小河内ダムはバックアップ水源と化しているのです。
イメージ 1

 こうした状況を示唆するものとして、最後に「渇水騒動」の報道をあげておきます。渇水がひどくなると、干上がったダムの写真・映像が広く流されます。武蔵水路開通以前は、当然小河内ダムの写真が撮られていましたし(確認できたのは新聞報道です)、②の時代でも1978年の渇水時に小河内ダムの写真が掲載されています。

イメージ 3

 ところが、渇水時に小河内ダムの貯水位を示す報道はこの1978年渇水が最後になります。その後の1987年渇水、1994年渇水では矢木沢ダムほか利根川水系のダムの写真のみ報じられ、小河内ダムの姿は一切報道されなくなります。それは当然でしょう、小河内ダムは渇水騒ぎの中、満々と水をたたえているのですから。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 そのため、1987年渇水の際には周辺自治体(特に千葉・埼玉)から、東京都に苦情が来ます。下の記事は論文に掲載しなかったので、日付がわからない新聞記事ですが、諸事情から推測して1987年渇水と思います。この時、「東京都は、小河内ダムという独自の水道水源持っていて、しかも貯水量はたんまりあるんだから、利根川からの取水を遠慮してくれ!」という要請を、千葉県・埼玉県知事がしています。至極もっともな要請ですが、鈴木俊一都知事(当時)はこの要請を突っぱねました。そういう新聞記事です。
イメージ 7

 なお、1994年渇水においては、このような「千葉・埼玉からの注文」はありませんでした。推測するに、恐らくこの1987年渇水においては千葉・埼玉県には余裕がなく、ついつい東京都に注文を出してしまったが、もう1994年になると水需給の状態はそうではなくなっていて、「小河内ダムの真実」を隠すことに協力したんでしょう。
 まだまだ利根川水系にダムを作り続けるために、これ幸いと渇水を誇張PRし、「小河内ダムの真実」を共同して隠したんだと思います。そして報道もこの真実隠しに協力したんだと思います。

【追記】
1996(H8)年以後の貯水位変動については、下記を参照。

 やはり、小河内ダムの変動は小さく、1.5億㌧をきったのはH8(1996)年とH23(2011)年ですね。もっとも、春先から梅雨時にかけてなんで、やはり小河内ダムは利根川ダムの補完水源だということがわかります。なぜなら、この時期は田植えに水を利用する時期で、矢木沢ダムほか奥利根のダムから灌漑用水補給のダム放流が行われ、その分東京都は奥利根系のダムからの補給を受けられなかったということだと思います。なので、バックアップ水源たる小河内ダムから補給したということでしょう。
 暖冬で雪解け水が少なくなると、田植え前に思ったより多くの水をダムから放流しなければならないということは、確かにあるのかもしれません。それでも、小河内ダムはたんまり貯めこんでいますから、水道利用に影響が出ないですみます。なお、これは宮ヶ瀬ダムで余剰・遊休水源をたんまり抱え込んでいる神奈川県も同じです。首都圏1・2位の東京都(1,317万人)・神奈川県(905万人)がこういう事情ですので、首都圏全体で見ても大丈夫なはずです。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事