どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち!?

八ッ場ダムを中心としたダム・河川の話(工学、法律、歴史)。なお、緑色がリンクです。

全体表示

[ リスト ]

 続きです。
 本来なら最初に話すべき、「利根川治水における江戸川分派の意味」ですが、JR成田線・布佐駅近くに布川狭窄部という場所があります。

イメージ 1


イメージ 2


 布川狭窄部は、川幅が280mほどしかなく、ここが治水上の1つの重要な課題です。上の写真と対応する地点を地図で見ると下記の通りです。写真ではピンク色で囲われている栄橋を中心に地図をとって見ました。対岸は千葉県我孫子市と茨城県北相馬郡利根町です。


 布川狭窄部の特徴としては、
 1)狭窄部といわれるように、川幅が狭い
 2)その狭窄部1.5〜2km手前で、小貝川が流入する。

というもので、流下能力が小さくなる地点で洪水流量が増える恐れがあるというものです。
 少し広めに同地点付近を把握すれば、利根川で最も破堤水害が頻繁に起きている場所で、例えば1981(S56)年の小貝川決壊は、合流点間際の高須付近(現・茨城県取手市)でした。

 高須地点は、戦前のS10(1935)年洪水でも破堤しており、この破堤対策として利根川放水路計画が登場する(1939、利根川増補計画)訳です。

イメージ 3


 江戸川への分派率が低いということは、その分だけ、利根川下流部への流入量が増加し、負荷が大きくなり、たびたび水害被害に見舞われてきた布川狭窄部付近の危険性は倍化します。利根川治水における江戸川分派の重要性として、この布川狭窄部の問題があると思います。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事