どうする、利根川? どうなる、利根川? どうする、私たち!?

八ッ場ダムを中心としたダム・河川の話(工学、法律、歴史)。なお、緑色がリンクです。

全体表示

[ リスト ]

矢木沢ダム 

イメージ 6

 渇水のたびに、話題になる矢木沢ダム。少し、その歴史を書いてみようと思います。少し、ダム・河川以外の歴史の話も書いていきます。
 少し歴史を丁寧に書いていくのは、矢木沢ダムの歴史は、①戦前からの悲願だった利根川の水源化(東京都)と、②利水分野を含んだ総合的な河川行政を行いたい=利水も一元的な管理・監督権限をもちたい(建設省)という、2つの「戦前からの悲願」が成就した例だからです。その意味で、矢木沢ダムは、日本のダムの歴史を大きく転換させた事例なのです。

イメージ 1

 現在の矢木沢ダムは、(独)水資源機構が管理する多目的ダムですが、はじめに矢木沢ダムが構想された時には群馬県が管理する発電専用ダムとして構想されました。これは1930年代です
 工場の動力源が蒸気から電力に移行するのが、だいたい日露戦争後(1904〜05、明治38〜39)です。例えば、東京電力の前身に当たる東京電燈は、1907(明治40)年に山梨県に駒橋発電所(山梨県大月市駒橋)を建設していますが、この駒橋発電所は日本初の長距離送電発電所でした。なお、駒橋発電所はダムを作らない「流路式」「水路式」と呼ばれる発電所です。
 会社名が東京”電燈”であったように、明治の初め、電力会社は都市に照明用の電気をおくるものだったのですが、日露戦争ごろを境にして、工場動力源としての電気を、都市郊外から長距離送電する形に、企業経営の形を変えて生きます。
 電源構成において、水主火従(水力発電を主、火力発電を従)が確立するのも、1912(明治45、大正元)年でした。この水主火従は、戦後1963(昭和38)年に再転換します。

イメージ 5

 電気事業というのは、装置産業です。つまり、発電所や送電線など、事業インフラに多額の初期投資を必要とする事業です。したがって、事業展開するにはかなり経営体力がいるんです。他方で電気事業は、地域独占企業です。
 そうした背景で、電気事業が大規模化する大正時代には、経営統合(中小電力会社の吸収合併)が進み、5つの大電力会社がしのぎを削りあう「五大電力時代」を迎えます。五大電力とは、①東京電燈(東京)、②東邦電力(名古屋、関西、九州)、③大同電力(名古屋)、④宇治川電気(関西)、⑤日本電力(大阪)の5社を指します。

 五大電力のビジネスモデルは、「都市部の工場に工場動力源となった電気を送る」というのものでした。日本発の長距離発電を行った駒橋発電所はまだ流路式の発電所でしたが、大正時代に、5大電力会社のつくる発電所はダム式です。しかも、かなり大規模なダムになってきます。
 例えば、1924(大正13)年に大同電力が木曽川に建設した大井ダムは、堤高53.4mと50mを超える大きなダムです。この大井ダムが、流路式発電からダム式発電に変わっていく契機となったダムでした。なお、大同電力の社長は、1万円札の福沢諭吉の養子・福沢桃介です。

 しかし、ダムが建設される水源県にしてみれば、せっかくの資源が地元で活用されず、地域振興に役立てないわけです。そんな中、水源県に「勇気」をもたらす出来事がありました。それは、富山県の県営電気事業の成功(1933、昭和8)です。
 事業は1920年代に始まり、黒部川・常願寺川に6つの発電所をつくるものでした。なお常願寺川は、明治期に河川改修を指導したお雇い外国人の1人、デ・レーケが「これは川ではない、滝だ!」と言ったとされる河川で、日本屈指の急勾配河川です。

イメージ 7



 ようやく、話が矢木沢ダムとつながります。
 矢木沢ダムは、1938(昭和13)年に群馬県が県営発電事業として計画しました。これは1933年の富山県営事業のモデルとしたものです。奥利根の豊富な雪解け水を活用し、電気事業を起こすことで、地域の工業振興に役立てようとしました。これが、矢木沢ダムの原型です。
 しかし、群馬県営発電所の施設として構想された矢木沢堰堤は、多目的ダム計画に変貌します。戦前、多目的ダムの原型となる河水統制事業というのが行われていました。河水統制計画については、以前に書いています。参照下さい。

 群馬県が県営発電事業として構想した矢木沢ダムは、内務省土木局の手で奥利根河水統制計画に変貌します。内務省が矢木沢堰堤に注目したのは、利根川治水との絡みです。
 利根川水系では、1935(昭和10)年、1938(昭和13)年と、立て続けに大きな水害がありました。昭和10年洪水では高須地点(現在の茨城県取手市)が破堤しています。

イメージ 3
 利根川治水計画も1939(S14)年に改定されますが、そこでの目標流量(基本高水流量)は5,570㎥/秒から10,000㎥/秒に大きく引き上げられており、大規模な計画改定でした(利根川増補計画)。
イメージ 4

 こうした中で、利根川治水に矢木沢堰堤を活用しようと内務省が目を付け、群馬県も「それなら、一緒に灌漑用水を確保しよう」と応じ、河水統制計画になります。
 しかし、ここにもう1つ、”相乗り”がありました。水源不足に悩む東京市(1943年から都制が施行され、東京都になる)でした。東京市では、既に小河内ダム建設にとりかかっていましたが、用地買収・水利権交渉などの利害調整に手間取り、事業が進んでいませんでした(1943年戦時中断)。
 そうした中、東京市が12.0㎥/秒の水利権を申請し、認められます。12.0㎥/秒は単純換算で、日量104万㎥ですから、相当な量です。

イメージ 2

 この「奥利根河水統制構想・矢木沢貯水池」が、現在の矢木沢ダムの前身です。書き始めたら、話が長くなってしまいました。ここで一旦、話を打ち切ります。


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事