すぷのたわごと。

小心者『すぷーきー』の素朴な疑問(別名ツッコミ)。目標「観ずに後悔するより観て後悔」。

映画感想

すべて表示

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生。

『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』を観に行ってきました。
実話をもとに映画化されたもの。
最近エグイものばっかり観てるので、たまには爽やかなものを。
ドイツ映画。
原題は『MEIN BLIND DATE MIT DEM LEBEN』で、翻訳サイトによって訳に違いがあったんだけど、“人生と私のブラインドデート”というのがいいと思った。
 
スリランカ人の父とドイツ人の母を持つ真面目で成績優秀なサリヤ:通称サリー(コスティア・ウルマン)は、10代の時に突然、先天性の病気で視力の95%を失ってしまう。
残りの学校生活を丸暗記で乗り切り、普通の学校を無事卒業。
夢だったホテルマンになるため、あちこちのホテルに視覚障害があることを正直に申告した願書を送るが突き返されてしまう。
そこで障害がある事を隠し、ミュンヘンの5ツ星ホテル“バイエリッシャー・ホーフ”の面接を受け、研修生として働くチャンスを得る。
サリーは、面接に遅刻してきたマックス(ヤコブ・マッチェンツ)をさりげなくフォロー。
研修中、マックスはサリーの目が見えないことに気づくが、協力を申し出てサポートしてくれるようになる。
また、厨房では皿洗いのハミード(キダ・コドル・ラマダン)と、料理長のクローンがサリーの秘密に気づくが助けてくれる。
そんな時、サリーは農場の作物をホテルに納入しているラウラ(アンナ・マリア・ミューエ)に恋をする。
しかし、障害を隠したままの研修と、指導教官クラインシュミット(ヨハン・フォン・ビューロー)の厳しさに加え、ラウラに本当のことを言っていない後ろめたさと、実家の父が失踪という、緊張と過労などで心身ともに限界を越えたサリーはドラッグに手を出してしまう。
そしてついに、大失敗をしてしまう…。
 
障害のため、夢を諦めるよう言われるサリー。
それでも、母や姉シーラだけでなく、いろんな人の協力のもと研修をこなしていく。
サリーは人より見えないけど、代わりに暗記力や聴覚などがすぐれ、努力も惜しまない。
厳しくなっていく研修と、仕送りのためのバイトでどんどん疲れていくが、さすがにドラッグはまずいよ。
ええとこのボンボンらしい遊び人のマックスは、サリーを研修中ずっとサポート。
サリーは人に助けてもらうだけじゃなく、現在は皿洗いだが、アフガニスタンでは外科医だったハミードが救急隊員になれるよう手続きを手伝ったり。
シングルマザーのラウラから5歳の息子オスカーの世話を頼まれたサリーは、オスカーを見失ったことでラウラに秘密がバレてしまう。
ホテルでも大失態を起こして追い出され、自暴自棄になって怪我をして入院。
姉シーラやマックスの助けで立ち直り、修了試験を受けさせて欲しいと人事部長と教官に頼み込む。
同じグループだった他の研修生も口添えしてくれて、試験を受けられることに。
周囲の人々に恵まれたサリーは、ついには教官に認められるようになる。
サリーの苦労と努力は、本当にすごいことだと思う。
どこまでが脚色か分からないけど、いろんなことで助けてくれたマックスもすごいよ。

その他の最新記事

すべて表示

善人でありたい。

2017/9/5(火) 午後 4:23

スーパーにて。 入口を入ってすぐ、財布が落ちていた。 拾ってレジに届けた。 買い物をして、たまたま並んだのはさっきのレジ。 店員さんが、「さきほどはありがとうございました」と言ってくれた。 届けたことを覚えていたことにびっくり。 届けた時にすでにお礼を言われたのに、またお礼を言ってくれたことにびっくり。 なんか ...すべて表示すべて表示

生クリーム専門店ミルクのルミネエスト新宿店がオープン。 テイクアウト専門店。 ミルキーソフトパフェ(700円)を注文してみた。 おいしい! プリンが入っていて、これもおいしい。 タピオカ入り。 自分で持って撮るのが難しく、うまく撮れなかったので没。 壁に貼ってあったメニューを撮った。 ソフトのつるん ...すべて表示すべて表示

アブラゼミの疑問。

2017/8/20(日) 午前 10:06

ひとんちの玄関先で羽化するなよ。(泣) 殻の横にいたのが、すごいゆっくり上に登っている。 大きい画像だと細部が見えて気持ち悪いので、小さい画像にした。 子供の頃はセミ獲りしてたのに、オトナになると気持ち悪いのはなぜだろう? どっから来たんだよ…早くどっかに行ってくれ。 前から不思議だったのが、道路に ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事