すぷのたわごと。

小心者『すぷーきー』の素朴な疑問(別名ツッコミ)。目標「観ずに後悔するより観て後悔」。

全体表示

[ リスト ]

アーティスト。

『アーティスト』を観に行ってきました。
アカデミー賞5部門受賞、その他にもさまざまな賞を取っている。
その中でも注目は、カンヌ国際映画祭でのパルムドッグ賞。
主人公に寄り添う愛犬アギーの演技がすばらしい。
原題は『THE ARTIST』。
フランス映画だけど、ハリウッドがサイレントからトーキーへと移っていく時期が舞台。

1927年、ハリウッド。
サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)。
新作の舞台挨拶が行われた映画館の前は大混乱。
そこで若い女性ファン、ペピー・ミラー(ベレニス・ベジョ)と出会う。
未来のスターを夢見る新人女優のペピーは、オーディションを受けてジョージ主演作のエキストラ役を獲得、その後も順調にキャリアを重ねていく。
1929年、トーキー映画が登場。
ジョージはサイレント映画に固執し、新作映画は大コケ。
一方ペピーは、新進スターとして人気を誇っていた。
妻に家を追い出され、酒に溺れるジョージをペピーは心配して…。

冒頭の舞台挨拶のシーンでジョージに怒り狂う女優、絶対何かで見たことがある…。
はっ!『チャーリーとチョコレート工場』で、アナソフィア・ロブの母親役だった人か!
『ヒューゴの不思議な発明』とはまた違う切り口の、映画への愛が描かれている。
あっちのドーベルマンより、こっちのジャック・ラッセル・テリアが賞を貰ったのは仕方ないよ。
演技がうまいし、かわいい。
訓練した動物トレーナー、すごいなぁ。
落ちぶれたジョージに忠実な運転手クリフトン役に、ジェームズ・クロムウェル。
この人もいい味だった。
大人の映画だね。

閉じる コメント(6)

顔アイコン

>『ヒューゴの不思議な発明』とはまた違う切り口の、映画への愛が描かれている。

本当にそう思いました!ヒューゴも、スコ爺の映画愛はとってもよくわかったのですが、私は、俳優陣も犬も含めて、こちらの方が、心にしみてくるような気がしました。
TBこちらからもお願いします。

2012/4/27(金) 午後 8:17 オネム 返信する

顔アイコン

3Dの「ヒューゴ〜」とはまた違う映画への愛、堪能しました。主役2人も素敵でしたが、脇もバッチリでした。ワンコのアギーのパルムドック賞、納得です!
TBさせて下さいね。

2012/4/27(金) 午後 10:14 アンダンテ 返信する

顔アイコン

>オネム様
こっちの方がいいですよね。(笑)
犬を含めて、出演者がうまかったと思います。
TBありがとうございます♪

2012/4/27(金) 午後 11:52 spooky1999 返信する

顔アイコン

>アンダンテ様
アギー、良かったですよね〜。
人間では、クリフトンがいい味でした。
TBありがとうございます♪

2012/4/27(金) 午後 11:56 spooky1999 返信する

顔アイコン

パルムドッグ賞というのがあることを初めて知りました。へえ〜(苦笑)。たしかにあのアギーの演技(?)はすごかった。
クリフトンの人は、これまでは悪役のことが多かったですよね。
TBさせてください。

2016/3/13(日) 午後 8:26 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

>あきりん様
パルムドッグは、パルムドールの犬版らしいですよ。
ジェームズ・クロムウェルは、パッと思いつく悪役がありません。(汗)
どちらかというと、出番は少ないけどおいしい役というイメージです。
TBありがとうございます♪

2016/3/13(日) 午後 11:30 spooky1999 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(5)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事