すぷのたわごと。

小心者『すぷーきー』の素朴な疑問(別名ツッコミ)。目標「観ずに後悔するより観て後悔」。

全体表示

[ リスト ]

トータル・リコール。

『トータル・リコール』を観に行ってきました。
原題は『TOTAL RECALL』で、Yahoo!翻訳にかけると“完全記憶能力”だった。
“リコール”は劇中に出てくる会社名でもあるけど、そっちのスペルは“REKALL”。
監督の作品リストを見ると、期待しないほうがいいと分かる。
ティム・バートン作品にはヘレナ・ボナム=カーターが、ポール・W・S・アンダーソン作品にはミラ・ジョヴォヴィッチが、レン・ワイズマン作品にはケイト・ベッキンセールが付いてくる?

化学兵器の使用で、地球の大半が住めなくなった世界。
人類は、富裕層が住むブリテン連邦(UFB)と、労働者が住むコロニーで生活していた。
UFBの労働力であるコロニーの住民は、巨大エレベーター“フォール”で通勤。
コロニーで暮らすダグラス・クエイド(コリン・ファレル)は、シンセティックの工場で働いている。
毎晩のように、見知らぬ女性と逃げる夢を見ていた。
ある日、架空の記憶を買うためリコール社に行くと、そこへ警官隊が突入、ダグの体が勝手に反応して警官を倒してしまう。
何が起きたかわからず、家に逃げ帰って妻ローリー(ケイト・ベッキンセール)に事情を話すと、突然ローリーが襲いかかってきた。
そして、ダグラス・クエイドという男は実在しないと告げられる…。

フィリップ・K・ディックの短編小説を映画化した、シュワちゃんが主演したやつのリメイク。
どんな話だったか忘れてしまっている、と思っていたら、ちょっとは覚えてるもんだね。
舞台を火星から地球へ移しているし、内容も違っている。
コロニーの街の様子は『ブレードランナー』(ただし日本風じゃなくて中国風)、シンセティックは『スターウォーズ』のトルーパーを思い出したのは自分だけじゃないはず。
あれ?そういえばなんでリコール社に警官隊が突入してきたんだっけ?
UFBからの独立を求めるレジスタンスのリーダーであるマサイアス役に、ビル・ナイ。
もっと活躍を見たかった。
ダグの夢に出てくる女性、逃走するダグを助けるメリーナ役に、ジェシカ・ビール。
シュワちゃん版でも女同士の戦いがあったけど、今回もケイト対ジェシカの戦いがある。
シュワちゃん版の妻(シャロン・ストーン)は、こんなに出ずっぱりで目立ちまくってたっけ?
奥さん(ケイト)大好きな監督のえこひいき?

閉じる コメント(4)

顔アイコン

おじゃまします^^
シュワちゃん版のシャロン・ストーンは序盤で退場してました。
それだけに、今回のベッキンセールの暴れっぷりは痛快でした(笑)
ストーリーはもう少し練ってほしかったけど、映像の迫力は申し分なかったです。

2012/8/26(日) 午前 0:36 [ ゆけち。 ] 返信する

顔アイコン

はじめまして♪
やっぱりシャロン・ストーンは出ずっぱりじゃなかったんですね。(笑)
映像はすごかったですね。
TBありがとうございます♪

2012/8/26(日) 午前 8:08 spooky1999 返信する

顔アイコン

オリジナルは、シャロンが未だブレイク前の映画だったようです。で、退場も早かったのでしょう。
ベッキンセールは、どこまでしつこいんだっ!というぐらいに追いかけてきましたね。怖い怖い。
TBさせてください。

2013/7/21(日) 午後 10:22 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

やっぱり監督がケイトをえこひいきしたんでしょうか?(笑)
最近観た『ハード・ラッシュ』にも出ていましたが、あいかわらず美人さんでした。
TBありがとうございます♪

2013/7/21(日) 午後 10:41 spooky1999 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事