すぷのたわごと。

小心者『すぷーきー』の素朴な疑問(別名ツッコミ)。目標「観ずに後悔するより観て後悔」。

全体表示

[ リスト ]

コロンビアーナ。

『コロンビアーナ』を観に行ってきました。
リュック・ベッソンが製作と脚本に関わっている。
原題は『COLOMBIANA』。
珍しくない内容で、いっぱいツッコミどころはあるけど、リュック・ベッソンの戦うヒロインが好きなら気に入ると思う。

1992年、コロンビア。
ドン・ルイス(ベト・ベニテス)の組織によって、両親を目の前で殺された9歳の娘カトレア(アマンドラ・ステンバーグ)。
ドン・ルイスの部下マルコ(ジョルディ・モリャ)の隙をついて逃走、アメリカ大使館に逃げ込み、父から預かったモノと引き換えに、アメリカへのパスポートを手に入れる。
アメリカに渡ったカトレアは、付き添いをまき、シカゴの叔父エミリオ(クリフ・カーティス)のもとに一人で向かう。
15年後、カトレア(ゾーイ・サルダナ)は、殺し屋となっていた。
すべては復讐のため、両親を殺した者達の居場所を探るためだった…。

カトレアの父ファビオ(ジェス・ボレッゴ)は、組織の汚れ仕事をやっていた、ということはカタギじゃないし、家に押しかけたドン・ルイスの部下を見て夫と共に銃を手にする妻アリシア(シンシア・アダイ=ロビンソン)も多分ただ者ではない。
マフィアに殺されたマフィアのための敵討ちでは魅力が無いが、9歳のカトレアを演じたアマンドラ・ステンバーグが良くて同情出来る。
家から大使館まで、スタントも使ってるけど、なかなかいい動きをするんだよ。
それに、叔父さんに会った途端泣いてしまう。ずっと感情を抑えていたんだねぇ。
9歳の姪に「殺し屋になりたい、手伝って」と言われて「もちろん」と答え、殺し屋になるためには知識が必要だと学校へ行くことを承知させる、素晴らしい叔父さん。
カトレアは、殺したターゲットの死体にカトレアの花を描き残していた。
これは、ドン・ルイスやマルコがコロンビアから姿を消したため、おびき寄せるためのメッセージ。
花が描かれた殺人事件を捜査するFBIが、花の絵をマスコミに公開したことで、事態が動き出す。
カトレアを抹殺すべくシカゴに降り立つマルコ。
カトレアはその危険をエミリオから警告されるが、時すでに遅し。
自分を囮にするのはいいけど、祖母や叔父さんにも危険が及ぶとなぜ考えないんだろう?
カトレアは、ジェニファーという偽名で画家のダニー(マイケル・ヴァルタン)と付き合っている。
どうやって知り合ったんだろう?
殺人事件を捜査しているFBIのロス捜査官(レニー・ジェームズ)の家を簡単に見つけ出せる情報網があるなら、敵の居場所を探すためコツコツと死体に絵を描かなくてももっと何かいい方法があったんじゃないか?
カトレアは、二匹の犬をちゃんと引き取りに行ったんだろうか?
まさか置き去りじゃないよね?
あのままだとその場で射殺、あそこで助かっても後で殺処分になってしまう。
ラストのバス停にいた女性、勘違いかもしれないけど、ダニーの友達が写真を送った相手?
クビになったのかな?気のせいかな?

これ以外に、先に公開されている観たいやつもあるし、公開初日は絶対に人が多いので避けたかった。
けど、近場では毎月1日しか1000円で観られる日がない映画館でしか公開されないので、今日行ってきた。
この映画館、前から評判が良くない。
料金のこともそうだし、ビルの1階から9階の映画館までがエレベーターでしか行けない。
土曜日であること、映画の日であること、公開初日であること、これらによってとんでもない人数が押し寄せていたが、1階でエレベーターに乗るための行列に並ばなければならない。
客も、誘導のスタッフもピリピリ。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ツッコミどころは数あれど、ま、ベッソンが自分好みのヒロインを活躍させたいだけの映画ですから(笑)。
私は二人のカトレアが好かったので、満足してみました。
TBさせてください。

2013/5/24(金) 午後 10:13 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

アマンドラ・ステンバーグは、『ハンガー・ゲーム』にもちょっとだけ出ているので、もし未見でしたらそちらもぜひ。
クリフ・カーティスもいい叔父さんでした。
TBありがとうございます♪

2013/5/24(金) 午後 11:04 spooky1999 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


みんなの更新記事