すぷのたわごと。

小心者『すぷーきー』の素朴な疑問(別名ツッコミ)。目標「観ずに後悔するより観て後悔」。

全体表示

[ リスト ]

『アメリカン・スナイパー』の試写会に行ってきました。
監督クリント・イーストウッド、主演ブラッドリー・クーパー。
クリス・カイルの自伝「ネイビー・シールズ 最強の狙撃手」を映画化した、実話をもとにした話。
R15+。
原題は『AMERICAN SNIPER』。

9.11以降のイラク戦争。
カウボーイからアメリカ海軍特殊部隊ネイビー・シールズに転身したクリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)。
常人離れした射撃の精度で仲間を援護、味方からは“伝説”と呼ばれるようになり、イラクの反政府武装勢力からは懸賞金をかけられる。
止める妻タヤ(シエナ・ミラー)や子供を残し、4度の遠征。
アメリカ軍史上最多の160人を射殺。
英雄視される一方、心を病んでいく…。

国の正義を信じ、仲間のため、任務を遂行し続けるクリス。
ネイビー・シールズが、洗脳された人達に見えた。
過酷な訓練という場で、国のため仲間のために戦うよう、人間兵器となるよう洗脳。
兵士というのは、人殺しという禁忌を犯すのが仕事。
快楽殺人犯でもない限り、人を殺し続けていれば心が病んでいくのは不思議じゃない。
戦闘でどんなに心が蝕まれようと、大変な訓練を経て手にしたシールズという名誉を簡単には手放せない。
名誉は自分のためであって、誰かのために戦ってはいない。
仲間を失い、それでも戦い続ける意味は?
つい最近読んだ本に、「真の兵士は、目の前のものを憎むからではなく、背後にあるものを愛しているから戦う」という言葉があった。
仲間の敵討ちというのも憎しみで、自分のためだよね。
国に家族を残し、他国まで出向いて人を殺す理由は?
報復の応酬では何も解決しない。
イラクに見切りをつけた弟は正しい。
クリスはアメリカに帰っても、家族のそばに居ても、戦場でのことが忘れられない。
なぜイラクでは、子供や女性も武器を取るのか。
あの国では、傍若無人なアメリカ軍は異物で、必要としていないから。
家族を愛しながら、それでも戦場に向かうクリス。
コンバットハイというより、仲間のためという洗脳の戦争中毒のような気がした。
やがて、クリスは家族の元へ帰り、人間兵器から人間に戻ろうとしていた。
↓ネタバレ注意。
映画のサイトによっては、クリスの名前に「故」が付いている。
チラシのクリスの紹介にも、生没年が書かれている。
が、死亡原因の詳細は書かれていない。
チラシには「不慮の事故により」と書いてあるが、本編終了後に出てきた文章によると事故じゃないじゃん。
この映画は、人にはすすめづらい。
内容が悪いわけではない。
残酷なシーンもあるので、すすめられて観るのではなく、観たいと思う人が観て欲しい。
上映前、スタッフがエンドロールでは音楽が流れないと教えてくれた。
静かに流れていく文字を、誰ひとり席を立たずに最後まで観ていた。
戦争と、クリスの事に衝撃を受けただけじゃなく、誰も立たないから出ていけない人もいたとは思うけど。
イラク戦争、これは誰が得したんだろう?

閉じる コメント(11)

イラク戦争の是非というのは考えざるを得ない問題ですよね。
カイルも親の教育と9.11などから、志願してシールズに入り、ひたすら前を向いて戦ってはいたけれど、戦争被害者の一人ですよね。
そしてもっと心を病んだ人に。。。悲しい結末でした。
TBこちらもお願いします。

2015/2/23(月) 午後 7:27 オネム 返信する

顔アイコン

>オネム様
せっかく戦場を生き延びたのに、手を差し伸べようとした人に…。
戦死者より帰還兵の自殺の方が数が多いと聞きました。
みんな心を病んでしまうんですね。
TBありがとうございます。

2015/2/23(月) 午後 10:10 spooky1999 返信する

顔アイコン

TB返しとコメントありがとうございました。

僕はクリスは本当の意味で
PTSDを克服してはいなかったのではないかと思っています。
表面的には回復した様に振る舞っていたのでは、と。

帰還兵と繋がり続ける事で
自分の中の戦場へ戻ろうとする心を
辛うじて抑えていたのではないでしょうか?

2015/3/9(月) 午後 8:50 [ ton*o*_o*awa ] 返信する

顔アイコン

>ton*o*_o*awa様
え〜っと…西京極紫の館さんですか?
お名前はなんと読めばいいんでしょう?(^^;)

なるほど、PTSDは簡単には克服できそうにないですもんね。
他の人を気遣うことができる心を持っていて、支えてくれる家族がいたクリスの結末は悲しいですね。
TBありがとうございます。

2015/3/9(月) 午後 11:02 spooky1999 返信する

顔アイコン

僕のブログにコメントありがとうございます!!

コメントありがとうございます!!
戦場でのシーンだけでなく、できれば除隊した後のこともシーンに盛り込んでほしかったですよね。

敵ではなく、味方に殺されたというのが皮肉というか、切ないですよね…。 削除

2015/3/18(水) 午前 2:30 [ ミスターシネマ ] 返信する

顔アイコン

>ミスターシネマ様
除隊後のシーンが、もうちょっと欲しかったですよね。
そうすれば、ラストが唐突すぎないと思うんですよ。
TBありがとうございます。

2015/3/18(水) 午後 11:00 spooky1999 返信する

顔アイコン

最初から最後まで、異様なほどの緊張感が続く映画でした。
なにも知らずに見たので、クリスの最後のできごとには驚きましたが、そうかと納得したような部分もありました。
TBさせてください。

2015/4/27(月) 午前 9:32 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

>あきりん様
ずっと緊張感がありましたね。
チラシや映画サイトの情報で亡くなっているのは分かっていたんですが、死因は知らなかったので驚きました。
TBありがとうございます。

2015/4/27(月) 午後 8:20 spooky1999 返信する

顔アイコン

こんにちは。
報復の応酬では何も解決しない、正にその通りですよね。
この作品は公開時に観たのですが、色々と書きあぐねていて、ブログへのupが遅くなったため、トマサラながらTBさせていただきます。

2016/1/19(火) 午後 6:36 [ こうりん ] 返信する

顔アイコン

トマサラ、ではなく、今更、でした。なぜこんな間違いを??

2016/1/19(火) 午後 6:36 [ こうりん ] 返信する

顔アイコン

>こうりん様
タイプミス、うっかりやっちゃいますよね。(^^;)
報復はどこかで断ち切らなければならない、分かってはいても、それを実行するのは難しいんでしょうね。
TBありがとうございます。

2016/1/19(火) 午後 10:57 spooky1999 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(11)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事