すぷのたわごと。

小心者『すぷーきー』の素朴な疑問(別名ツッコミ)。目標「観ずに後悔するより観て後悔」。

全体表示

[ リスト ]

『黄金のアデーレ 名画の帰還』の試写会に行ってきました。
実話をもとにした話。
原題は『WOMAN IN GOLD』で、金の女性=黄金のアデーレってことなんだろう。
ただ、邦題の後半には違和感があり、いらないと思う。
予告編でも流れているように、マリアにとっては「名画」ではなく「家族の形見」。
この絵はモニュメンツ・メンに取り戻して貰えなかったんだね。
 
1998年、カリフォルニア。
姉を亡くしたマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、その遺品を見て、姉がナチスに奪われた絵画の返還を求めていたことを知る。
マリアはその遺志を継ぎ、友人バーバラの息子の弁護士ランディ・シェーンベルク(ライアン・レイノルズ)に協力を依頼する。
二度と戻らないつもりだった故郷ウィーンに向かい、美術品返還審問会に審理要請するが、却下されてしまう。
マリアは諦めるが、ランディは自身のルーツでもあるウィーンでの滞在で、意識が変化。
率先して返還のために動き、そしてオーストラリア政府を訴える…。
 
予告編でラストシーンを流しやがった。
マリアがメインで主導するのかと思ったら、ランディの方が積極的だった。
「接吻」で有名なグスタフ・クリムトの絵画で、マリアの伯母アデーレを描いた肖像画、正式名称「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ」。
第二次世界大戦中、ナチスに略奪され、オーストリア国立ベルベデーレ美術館に展示されている。
アデーレはマリアを自分の娘のようにかわいがっていて、マリアは正統な持ち主である自分に返して欲しいと求めるが、オーストリアのモナリザと言われる名画を、簡単にオーストリア政府が手放すわけがない。
ヘレン・ミレンのマリアの回想で、若い頃のマリア(タチアナ・マズラニー)の視点で当時の様子が分かってくる。
緊迫した状況が迫ってくる中、オペラ歌手のフリッツ(マックス・アイアンズ)と結婚。
ウィーンの人々はナチスを歓迎し、ユダヤ人を迫害。
マリアとフリッツはなんとか脱出に成功するが、両親はウィーンに残った。
マリアにとってウィーンは、家族の幸せな記憶の場所であると同時に、両親を置いて逃げてしまった罪悪感が残る場所でもある。
ランディにとっては、話で聞いていた自分のルーツを実感した場所。
大手の弁護士事務所を辞め、マリアのために絵画を取り戻そうとする。
ウィーンで手伝ってくれたオーストリア人ジャーナリスト、フベルトゥス・チェルニン役に、ダニエル・ブリュール。
ナチスが略奪した美術品を返そうとしないオーストリア人がいる一方で、フベルトゥスは家族の罪を贖罪するために協力してくれたいいオーストリア人。
ランディを支える妻パム役に、ケイティ・ホームズ。
弁護士事務所を黙って辞めたことに怒るけど、ランディの活動を理解し励まし続ける。
最高裁の首席判事役、あれってジョナサン・プライスだよね?
ジェレミー・アイアンズの息子マックス・アイアンズ、『赤ずきん』以来久しぶりに見た。
フリッツのことがもうちょっと説明があっても良かったのに。
ヘレン・ミレンのマリアはお茶目で応援したくなる感じ。
2006年、ウィーンでの調停で、「黄金のアデーレ」はマリアの元へ返還された。
マリアは2011年に亡くなったそうだが、「黄金のアデーレ」は誰もが鑑賞できるよう常時展示することを条件に売りに出され、現在、ニューヨークのノイエ・ギャラリーに展示されているそうだ。
一度でいいから、いつか本物を直に見てみたいね。
ランディは、美術品返還の弁護を引き受ける会社を設立し、さらに、ロサンゼルスにホロコースト博物館を設立するために動くなどしているそうだ。
 
席運がいいんだか悪いんだか…。
座席の段差が少ない会場だけど、好みの席を取れた。
けど、隣の人がちょっと…
軽い知的障害があるんだろうか、声が大きい。前の席の人も振り向いていた。
その隣にいる母親らしき人、ちゃんと注意してほしかった。
上映中、飽きてしまったのか、席でゴソゴソ動いていた。
きっと後ろの人の邪魔になってたんだろうなぁ…。

閉じる コメント(8)

顔アイコン

こんにちは。

この映画私もタイトルに違和感覚えました。
「結末に触れてます」って感じですよね。いらね〜し。

でも映画そのものには大満足でした。
強くてかわいくて素敵なおばさまマリア。最後まであきらめなかったライアン・・・最後はじわっときました。

もう一度観に行きたいと思ってます(でもなぜか地元での上映館がいまのところない・・・

2015/11/21(土) 午後 11:34 [ マチルダ ] 返信する

顔アイコン

>マチルダ様
形見であり、返還であり、なんか邦題の後半はズレてるような気がしました。
映画自体は爽快でしたね。
アメリカへ渡った後のマリアとフリッツのことをもっと知りたかったです。
TBありがとうございます♪

2015/11/21(土) 午後 11:57 spooky1999 返信する

顔アイコン

波乱の生涯を生きたマリアの元に無事 叔母が帰って来る!マリアの心はどんなにか嬉しかったでしょう!
シェーンベルクが祖父って言うのも凄いですが、彼がウィーンで祖父の作品を聴き自身のルーツにも思いを馳せるシーンがグッときました。
TBさせてくださいね。

2015/12/1(火) 午後 2:18 アンダンテ 返信する

顔アイコン

>アンダンテ様
マリアにとって、あれは大事な家族の思い出であり形見なので、取り戻せた時はいろんな想いが押し寄せたでしょうね。
ごめんなさい、音楽に疎く、シェーンベルクという名前にピンとこず、検索してもピンときませんでした(^^;)
TBありがとうございます♪

2015/12/1(火) 午後 10:59 spooky1999 返信する

顔アイコン

お早うございます。
「フリッツのことがもうちょっと説明があっても良かったのに」と述べておられますが、同感です。
ただ、ちょっとネットでFritz Altmannを調べてみても、1994年4月5日に亡くなったことは判明するとはいえ、アメリカでの暮らしぶりについてはよくもわかりません(オペラ歌手ではなく、衣料品関係の商売を手広くやっていたようです)。
まあ、マリアが動き出した1998年にはいなかったわけで、本作とは無関係ですから仕方ありませんが。

2015/12/6(日) 午前 6:05 [ クマネズミ ] 返信する

顔アイコン

>クマネズミ様
フリッツ情報ありがとうございます。(笑)
ということは、マリアともども衣料品関係の仕事に携わっていたんですね。
アメリカに渡った後のマリアとフリッツのことが、劇中でまったく触れられなかったので気になっていました。
TBありがとうございます♪

2015/12/6(日) 午前 9:02 spooky1999 返信する

顔アイコン

これが実話というのがすごいですね。
政府相手に勝っちゃうんですから。
脱出劇はスリリングがあってこちらがメインでも遜色ないくらいのものでした。
TBお願いします!

2016/2/23(火) 午後 5:51 かず 返信する

顔アイコン

>かず様
爽快な勝利でしたね。
両親を残して逃げるマリアはつらかったでしょうね。
TBありがとうございます♪

2016/2/23(火) 午後 10:56 spooky1999 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(6)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事