すぷのたわごと。

小心者『すぷーきー』の素朴な疑問(別名ツッコミ)。目標「観ずに後悔するより観て後悔」。

全体表示

[ リスト ]

ダーティ・グランパ。

『ダーティ・グランパ』を観に行ってきました。
お下劣バディ・コメディ。
原題は『DIRTY GRANDPA』。
 
祖母の葬儀に参列した弁護士のジェイソン(ザック・エフロン)。
妻に先立たれ、意気消沈している祖父ディック(ロバート・デ・ニーロ)から、明日からのフロリダ旅行の運転手を頼まれる。
葬式の翌日ということで、父デヴィッド(ダーモット・マローニー)とジェイソンは反対するが、祖母が楽しみにしていたからと押し切られる。
ジェイソンは一週間後に結婚式を控えており、婚約者メレディス(ジュリアン・ハフ)に文句を言われつつ、ディックに付き合うことに。
ところが、その旅はジェイソンの予想を裏切るものだった。
亡き妻の遺言「好きなように生きて」を拡大解釈し、暴走するディックに戸惑うジェイソン。
自由すぎる祖父と、真面目すぎる孫の、人生を見つめなおす旅が始まった…。
 
下ネタ満載。他にも、ドラッグとかゲイとかネタになっている、R15+。
大御所ロバート・デ・ニーロになんてことをさせるんだ。
またそれを、デ・ニーロが楽しそうに演じている。
ザック・エフロンを初めて見た。
名前と顔は知ってたんだけど、今まで出演作を観る機会が無かった。
ジェイソンが家に迎えに行くと、ディックはエロビデオを観ながらあることの真っ最中。
チラシに箱ティッシュがあったのはそういうことだったのか…。
ディックは、朝から酒を飲み、葉巻をふかし、ナンパをする。
そんな“グランパ”にジェイソンは振り回される。
さらに、偶然再会した同級生のシャディア(ゾーイ・ドゥイッチ)、その友人レノーア(オーブリー・プラザ)、ゲイのブラッドリーと、目的地じゃないデイトナビーチで落ち合う。
なぜか一気飲み大会に参加することになり、ディックは敵チームのコップにクスリをこっそり投入。
ところが、そのコップをジェイソンが飲んでしまう。
勝負には勝つが、ぶっ飛んでしまったジェイソンはとんでもない行動に…。
ジェイソンは、シャディアと再会したことで写真家を目指していたことを思い出す。
ディックは、年上好きのレノーアといい雰囲気。
ディックの旅の目的の一つが、昔の戦友(ダニー・グローヴァー)に会う事。
再会してみると、余命一ヶ月。
ますます好きなことをする決心を固めたディックは、レノーアとヤルとジェイソンに告げる。
いや、そんなことわざわざ孫に言わなくていいし。
元軍人のディックは、息子デヴィッドにはメカニックだと言っていた。
実は特殊工作員で、デイトナビーチで絡まれた時は相手を一瞬で倒していた。
ディックとデヴィッドは折り合いが悪く、デヴィッドの敷いたレールを行くジェイソンは、いろんな騒動に巻き込まれて大混乱。
ディックは子育てにあまり関わらなかったことを後悔していて、ジェイソンで罪滅ぼしというか、羽目を外させようとする。
両想いっぽいのにタイミングが合わないディックとレノーア。
婚約者がいるのにシャディアに惹かれていくジェイソン。
嘘をついていたことがバレて、ジェイソンはシャディアに振られてしまう。
ディックも嘘をついていたことに気づき、ジェイソンは一人で家に帰る。
けど、メレディスとの結婚前の食事会で、スライドショーにディックがハッキングを仕掛け、まずい写真が流され吹っ切れる。
ここでメレディスに同情させる演出がきたらジェイソンが嫌な奴になってしまうけど、実はメレディスも裏切っていたという設定を突然ぶち込んできた。
おいおい。
ディック以外にも、ぶっ飛んだ人がいっぱい。
ドラッグの売人パム(ジェイソン・マンツォーカス)、ジェイソンのいとこ(?)のニック(アダム・パリー)、それにレノーアも。
レノーアのぶっ飛んだ目元に見覚えが…はっ!『ライフ・アフター・べス』のべスだ!

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事