すぷのたわごと。

小心者『すぷーきー』の素朴な疑問(別名ツッコミ)。目標「観ずに後悔するより観て後悔」。

全体表示

[ リスト ]

セキュリティ。

『セキュリティ』を観に行ってきました。
これも「未体験ゾーンの映画たち2017」。
アメリカ映画。
原題は『SECURITY』。
簡単なあらすじと、アントニオ・バンデラスとベン・キングズレーが出ているということで観ることを決めた。
ただ、またチラシも予告編も無い、ということは期待してはいけない。←学習した。
同じく予告編が無かった『デンジャラス・ミッション』の時は、映画館で予告編が観れたけど、今回はそれすらも無かった。
この映画を売ろうという気が一切感じられないのはなぜだろう?
 
仕事を探している元軍人のエディ(アントニオ・バンデラス)は、ショッピングモールの夜間警備の仕事を得る。
勤務初日、怯える少女が逃げ込んでくる。
すぐに少女の父親と名乗る男(ベン・キングズレー)がやって来るが、何かがおかしい。
さらに、男を見た11歳の少女ジェイミーは悲鳴をあげて逃げ出す。
実はジェイミーは両親を犯罪組織に殺され、目撃者として裁判で証言することになっていた。
しかし、FBIの護送車両が襲われてしまい、一人で逃げていた。
モールは外部との通信を遮断され、武装した男たちが襲いかかってくる。
エディはついさっき会ったばかりの同僚たちと、ジェイミーを守るために犯罪組織と戦う…。
 
悪くないと思うんだけどなぁ。
少女を命懸けで守る、アクション・エンターテイメント。
エディは軍で大尉だったが、精神鑑定で何か問題があったらしく、妻子と離れ、仕事を探していた。
最低賃金でなんとかショッピングモールの職を得て、その初日に事件に出くわす。
警備のボスのヴァンス、臆病なメイソン、アジア系のジョニー、出勤してきてすぐ寝だしたルビー。
父親と名乗るのをすぐやめたチャーリーは、大金を提示して少女を引き渡すよう要求。
ヴァンスは従いかけたが、ジェイミーと同じ年頃の娘がいるエディは拒否。
てっきりモールにも銃があるのかと思ったら無くて、いろんな店舗にある物で犯罪組織の襲撃に対抗していく。
冒頭でヴァンスがエディにモールの案内をしていて、その時に「あ、これ後で使うんだろうな」と思ったものをやっぱり使った。(笑)
エディが二丁拳銃を使ったシーンなんか、『デスペラード』みたいでかっこよかった。
もみあげと前髪に特徴のあるヴァンス役の俳優さんは、なんていう人なんだろう?
自分が囮になって、ジェイミーを逃がそうとする。
ベン・キングズレーの悪役も良かったし。
悪役は重要だよ。マイナーな人だと面白くないからね。
そりゃあね、出会ったばかりのエディにジェイミーが「私を守って」と言うとことか、ただの警備であるヴァンスの撃った弾が犯罪組織よりよく当たるなど、ツッコミどころはあるよ。
でも、そんなに悪くないと思うのに、なんでチラシも予告編も無いんだろう?

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事