すぷのたわごと。

小心者『すぷーきー』の素朴な疑問(別名ツッコミ)。目標「観ずに後悔するより観て後悔」。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ドラキュラZERO。

『ドラキュラZERO』を観に行っていました。
原題は『DRACULA UNTOLD』で、Yahoo!翻訳だと“無数のドラキュラ”。
絶対に違う…。
Yahoo!辞書によると、UNTOLDには“語られていない”、“明かされていない”という意味があるらしいので、そっちなら納得。

15世紀、トランシルヴァニアを治めるヴラド(ルーク・エヴァンス)。
平穏に暮らしていたが、ヨーロッパ侵略を狙うオスマン帝国皇帝メフメト2世(ドミニク・クーパー)から、1000人の少年を差し出せと言われてしまう。
かつてヴラドもオスマン帝国の人質となり、殺人兵器として育てられた。
民をそんな目に遭わせたくない上に、メフメトはヴラドの息子インゲラス(アート・パーキンソン)を人質として要求してくる。
悲しむ妻ミレナ(サラ・ガドン)に拒めば戦争になってしまうと言い聞かせるが、健気な息子の姿に、ヴラドは迎えに来た使者を切り捨てる。
オスマン帝国の大軍に立ち向かうため、愛する家族と国を守るため、ヴラドは古くから伝わる強大な闇の力と契約を結ぶ。
しかし、力を手に入れたのと引き換えに、過酷な代償を支払わらなければならなかった…。

史実とエンタメのミックス。
ヴラド3世は、ブラム・ストーカーの小説「ドラキュラ」のモデルとなった実在の君主。
ゲイリー・オールドマン版『ドラキュラ』は、吸血鬼になっていて、老人だった。
ルーク・エヴァンス版は、“竜の息子”が“悪魔の息子(ドラキュラ)”になる過程が描かれている。
マスター・ヴァンパイア(チャールズ・ダンス)という設定があって、その血を飲むと闇の力を得る。
そして、3日間人間の血を飲まずに耐えることが出来れば、人間に戻れる。
人間の血を飲んでいなければ、十字架も平気。(太陽の光と銀と杭はダメ)
飲んでしまうと、完全に吸血鬼になってしまう。
展開は分かっているけど、面白い設定だね。
血への欲求と、家族への愛。
ドミニク・クーパーは、『リンカーン 秘密の書』ではヴァンパイアだったのに。(笑)
吸血鬼モノはいっぱいあるけど、オスマン帝国の人質だったとか、オスマン帝国と戦ったとか、史実の前日譚は珍しいかも?
現代のラストシーン、いらないような気が…。
それよりヴァン・ヘルシングと戦って欲しいけど、そしたら別の話になってしまうか。(笑)

開く コメント(2)

開く トラックバック(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事