ここから本文です
変わり行く時代の中で・・・・・それでもアルファロメオ!!
今年もアルファロメオとの生活、サポート致します。

書庫全体表示

記事検索
検索

全188ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

コチラの156GTA・・・・・・
 
イメージ 1

当店に度々登場している、容赦ないオーナー様()所有の156GTA、前回のご入庫時には機関系、内装、外装と手を入れさせていただいたのですが、またまたご入庫。
 
今回の作業は・・・・・・
 
イメージ 2
 
前回ご入庫の際にボディー各部のリペイントを実施させていただき誰がどう見てもキレイそのものなビジュアルなのですが、あらためて一台丸ごとのオールペイントのご依頼をいただきました!!
 
で、いざ作業を開始すると外見上では分からなかったことが・・・・・
 
イメージ 3
 
この個体、元々のボディーカラーはシルバーで前オーナー様所有時にブラックへ色替えされていたのですが、ボンネットに至っては2回どころか4回もリペイントをされていたようで、ここまで塗り重さなっていたのではこのままの状態でリペイントは危険と判断・・・・・・
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
鉄板むき出しスレスレまで塗装面を剥離・・・・・・・・・・・この年代のモデルでここまでの下地処理は当店初。()
ここまでやってあげれば後々の心配は皆無かと。
 
さぁ〜、これで次の工程、サフェ入入れ・・・・・・・とはいきませんでした。()
 
イメージ 6

イメージ 7

一見、既にサフェが入っているように見えますが、実はコレサビ止め剤・・・・・・

そうなんです、ボンネットやトランクの裏側までも剥離しました。

前回に施されたリペイント、表から見えない面全てが足付け作業を施さずに塗料をそのまま吹き付けたらしく、エアで吹いただけで塗装面がペリペリと剥けていく始末、いわゆる完璧なパラ吹きだったことも発覚。()
 
なので・・・・・・・

イメージ 8
 
当然、 ドア周りも同じ塗装のやりかたで処理、現在の塗料を剥離するにはドアを取り外さないと作業が困難なことから・・・・・・

イメージ 9

今まで当店では見たことがない現在のこの姿に。

 
・・・・・・と、まぁ〜今回の作業、パネル自体の腐食が全くない年代のモデルとは言え、ほとんどジュリア系のレストア時の作業とほぼ同じ、当初の予定より大幅に時間がかかっていますが、なんとか年内には完成させてオーナー様にお正月もこのGTAでお出かけいただきたいのですが・・・・・・・。()
 
 
㈱スポルティーバ
300-1260茨城県つくば市西大井1702-4
TEL/029-875-9337

http://www.sportiva-italy.com

 
 
 
 

この記事に

開くトラックバック(0)

珍しく活性化!!

先週末の当店は珍しく活性化しておりました!!()
 
まず土曜日には売り出し中のコチラ・・・・・
 
イメージ 1
 
正直なところ、115系スパイダーでもベローチェ(シリーズ4)などと比べた場合、このモデルの方が武骨で骨太な印象が強いボディーデザインから、非常に間口が狭いであろうと踏んでいたのですが・・・・・
 
イメージ 2
 
遠方地から当店に初めてお越しいただいたお客様が即、ご決断下さいました!!
 
翌日の日曜日、同じく売り出し中のコチラ・・・・・
 
イメージ 3
 
これまた先ほどのスパイダークワドリ同様、いやいやそれ以上間口が狭いモデルかと思いきや、なんと同時刻に3組のお客様がご来店。

イメージ 4

私が正規ディーラーに勤務していたころは、ニューモデルのデビューフェアで初のお披露目となる一台のイタ車の周りを数名のお客様がぐるり取り囲む光景は何度も見てきましたが、中古車の販売がメインとなっている現在ではこんな光景見たことない!!()
 
3組のお客様方、散々お悩みになられておりましたが・・・・・
 
イメージ 5
 
最終的には、以前より当店とお付き合いをさせていただいておりましたアルファロメオオーナー様がご決断下さいました!!
 
・・・・・・・・・今時の「若者の車離れ」どころか、世間的には「趣味車離れ」さえ年々その風潮が強まっていることをヒシヒシと感じている中で、今回ご購入いただいた双方の非常に間口が狭いであろう濃ゆ〜いアルファロメオ()、数十年前と比べればそのパイは確実に小いさくなっているのでしょうが、まだまだどこかには必ずいらっしゃることを実感させていただいた出来事でした!!
 
今年は何時になく、気持ちのイイ年越しを迎えられそう・・・・。()
 
㈱スポルティーバ
300-1260茨城県つくば市西大井1702-4
TEL/029-875-9337
E-mail:chiffon@sportiva-italy.com

http://www.sportiva-italy.com

 
 
 
 
 
 
 

この記事に

本ブログ限定で掲載させていただいておりましたボデーがクリア剥け剥け()、でも、内装がめっちゃキレイなアルファ156V6(6MT)・・・・・・・
 
イメージ 1
 
お陰様で既に次のオーナー様も決まり、先月よりお約束のボディーリペイント、機関整備などの作業を開始。
 
イメージ 2
 
イメージ 3

イメージ 4

そして、完成の画・・・・・・・・・・・・・アレレ〜?


イメージ 7

ドア周り・・・・
 
イメージ 6
 
トランク裏・・・・
 
イメージ 5
 
ボンネット裏と、ほとんど元色のレッドは見えなくなったのですが、唯一ここだけが・・・・・

イメージ 8

さすがにジュリアのようにはいきませんので、この個所だけはご勘弁と言うことで。()

そうなんです、オーナー様のご意向でヌヴォラブルーに色替え。

機関整備中の一コマ。
 
イメージ 9

コレ、当店では定番の画。()
 
イメージ 10

エンジンがかかって、普通に走れて、車検を取得するだけなら、この個体、な〜んにも手を入れることはありませんが、それ以上のコンディションでお乗り出しをご希望される場合は今やお約束・・・・・・・・。
 
イメージ 11
 
バンパーも外して作業をしておりましたので、この際にGTA純正ヘッドライトにコンバート、顔がより引き締まりました。
 
イメージ 12

新車時から付いていたサイドスカートはオーナー様のご意向で外してほしいとのことで、当時本国でのラインナップにあったノーマルパッケージの姿に
 
イメージ 13

イメージ 15

ヌヴォラブルー特有のまるで屏風と言うかサバのような色目()もイイ感じに再現できたでしょう!!
 
イメージ 14
 
内装の使用感があまり感じられないほどの個体でしたので、ちょっとクリーニングしただけで更にキレイに。
 
と、言うことでオーナー様お好みのボディーカラーで・・・・・・

イメージ 16

機関系もビシッっと・・・・

イメージ 17

そりゃ〜ご満足いただけること間違いなしな個体に生まれ変わりました!!

 

㈱スポルティーバ
300-1260茨城県つくば市西大井1702-4
TEL/029-875-9337

http://www.sportiva-italy.com

 

この記事に

いつの間にかめっきり見かけなくなってしまったみんな?大好きなアレ・・・・・・
 
 
 













イメージ 5
 
イメージ 1
 
6穴汎用ビニールレザー巻きヘレボーレが久々に入荷!!
 
イメージ 2

56年前までは国内なりヨーロッパなりを探せばどこかにあったのですが、どこにいっちゃったんでしょうか?()

 
実はこのステアリング本体より更に入手が難しいのは105 115系アルファロメオ専用のボスとホーンボタン。
コレ、ずいぶん前からまず見かけない存在でしたが、数年前より当店でも使っている・・・
 
イメージ 3
 
奇特な業者さん()が企画、製造してくれているヘレボーレ対応ホーンボタン及びボス(奥が段付き、手前が2000GTVなど用)が入手可能に。
今や宝の持ち腐れにならないで済むようになりました。()
 
これで車両自体の取り付けも可能になったことですので、どなたかこのステアリングセット、買いませんか〜・・・・・・・・・・・・って、即SOLD OUT!!
ハイ、そうなんです、常にこの手のレアなステアリングの入荷をお待ちいただいているオーナー様が数名いらっしゃるわけで。
 
イメージ 4

・・・・・・・・・と、言うことで現状の自然な艶なし状態でつけるも良し、はたまたブラストをかけて均一なマットな状態でも良し、更にはピッカピカに磨き上げてポリッシュにしても良しと、あとはオーナー様の好み次第で!!
 
 
㈱スポルティーバ
300-1260茨城県つくば市西大井1702-4
TEL/029-875-9337

http://www.sportiva-italy.com

この記事に

1300ccエンジンらしからぬ速さだけでなく、結果として非常に乗り安くなる1300ccエンジンがまたまた完成!!
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

今回のエンジンOHに合わせてキャブもリセット、ジェッティングし易い〜!!()
 
イメージ 7

イメージ 8

同時に排気系も見直し・・・・。
 
イメージ 9
 
この仕様のエンジン、当店の1300Jを人柱()にして今に至るのですが、カムの交換から始まり、低回転で3回点火するのだの、モッコリだの、軽いのだのって、段階を経てのそれぞれの効果を確認、体感してきました。
私はメカニックでも何でもないただのオジサン()なので、エンジン組付け時における技術的な経験や知識はありませんが、私自身が描く理想とするエンジンの性能やそのフィーリングは明確にこの頭の中にあります。

イメージ 10

なので、このエンジンが私のような「ただのオジサン」でもノーマルエンジンとの違いが分かるくらいのパフォーマンスを持つ仕様という事でもあるわけで・・・・・・・。
 
オーナー様、今度は街中の低速運転時では3速のみならず、4速でも走行が可能に、低回転域からでもひとたびアクセルを踏み込めば、今までとは違う明確なトルク感を伴いながら車体を引っ張って行ってくれますよ〜!!
 
・・・・・あれれ〜、またまたこちらの1300Jがご入庫中。
 
イメージ 11
 
今回は・・・・・
 
イメージ 12
 
次のステップ?コース?へお進み頂くことに!!()
 
 
㈱スポルティーバ
300-1260茨城県つくば市西大井1702-4
TEL/029-875-9337

http://www.sportiva-italy.com

この記事に

開くトラックバック(0)

全188ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事