ここから本文です
変わり行く時代の中で・・・・・それでもアルファロメオ!!
今年もアルファロメオとの生活、サポート致します。

書庫全体表示

記事検索
検索
7月下旬より着手させていただいておりましたチューニングも含むエンジンフルオーバーホール・・・・・・・・
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
 今回はこのモッコリ()だけでなくコンロッドまでキャリロ製に交換!!
 
イメージ 3
 
イメージ 4


イメージ 5

カムカバーはブラックパウダー塗装。
縮塗装とはまた違った味わいが・・・・・。

 イメージ 6

補器類も付いてエンジン完成!!
 
この間、私は私の方で、前回のツーリング時に割れてしまったダイヤモンドカットのキャレロヘッドランプを探してほしいとのオーナー様からのオファーの元、各方面を当たっておりましたが、なかなか簡単には見つかりませんでした。
と、言うのもこのタイプのヘッドランプ自体、今や大変レアな存在なのですが、2000GTVの場合、ヘッドランプ自体に爪が付いたいわゆる「爪付き」じゃないと、現在付いているお釜を生かせないというかなり難易度の高いアイテムでした・・・・・・・・
 
イメージ 7
 
が、なんと今回のご入庫のタイミングでその爪付きタイプの新品、しかも箱入りデッドストック品をゲット!!
 
イメージ 8

しかも同じく同爪付きタイプの内目、これまた新品デッドストック品までもゲット!!
・・・・・・・・・・外目だけピカッピカじゃバランスがあまり宜しくないわけで、良かった〜。()
 
そして・・・・・・・・
 
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

キャブはこの内容のエンジンにはノーマルの40パイでは役不足なので45パイに変更。
 
イメージ 12
 
搭載完了!!

イメージ 13

新品のヘッドランプも取り付けて見た目も一式!!

昨日、私も試走をさせていただきましたが、スタート時からハンパじゃない加速!!
147156に搭載されている3.2LV6エンジンより、車体を引っ張る力は上と言っても過言ではない・・・・・・・・・・・この年代の2000エンジン、侮れません!!()
 
イメージ 14

早くなったのは大変いいことなのですが、それと引き換えに・・・・・・
 
イメージ 15

現在セットされている、その見た目からは想像ができないくらいのグリップ力を誇るXASでさえ全く持って役不足、直線でも12速はアクセルを軽く開けただけで、その都度タイヤが値を上げる・・・・・・・・・・・う〜ん、ここは今後の課題になりそう。
 
イメージ 16


と、言うことで、次回のツーリング時、このGTV、予告通りドカ〜ンと瞬時に私の視界から消え去ってしまうことでしょう・・・・・。()
 
 
㈱スポルティーバ
300-1260茨城県つくば市西大井1702-4
TEL/029-875-9337
 

開くトラックバック(0)

現在も火花が飛び散らせる作業中のGT1300ジュニア・・・・・・。

イメージ 1


残る最後の異形箇所()に着手中ですが、今回はエクステリア編。
真新しくボディーに対して、バランス的にココもやはりキラリと輝いていた方が・・・・・・・・・・と、ビジュアルはそれぞれのお方のお好みなのですが、主な目的は軽く磨くだけで即輝きを取り戻せるような楽々お手入れの為、ハイ、光物一式磨き。
 
まずは既に外されたモール類の見直し。
 
イメージ 2

部品取りから外したモノや別途入手したモノなど、当店にとってはお宝の山とも言うべきモール類のストックの一部。
今まで付いていたモノの再使用をためらうようなダメージがあるものはこの中から状態の良い物を抜粋・・・・・・・
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5

ちゃんとしたものと比べると、やっぱ有るわ有るわ〜・・・・・・・・・・これらはほんの一部、その他の箇所も含め、もちろん状態の良いものに差し替え。
本来無かった穴が開けられていたり、無理やり曲げられていたり、へこんでいたりと過去に何らかの修理のためにそれらのモール外された後、再度組付けの際にキッチリ固定ができなかったようで、それを何とか無理やり取り付け・・・・・・の足跡です。
 
お次はスカッフプレート。
 
イメージ 6
 
今や大変貴重な前期型用、当店ストック品。
 
イメージ 7
 
この個体に付いていたモノ、この違い分かります?
 
イメージ 8
 
重ねてみるとよ〜く分かります。
上のオリジナルの外側側面にも被るように折り返しがあるのですが、今まで付いていたモノには折り返し無し、叩いて真っ平らに・・・・・・・・・・・これでは側面から見た場合、ボディーを遠目真横から見た際にサイドシルとドアの間からスカッフプレートが全く見えない、この個体は今まで本来のビジュアルではなかったという事。
・・・・・・・・・・・まっ、ジュリアくらいの年代モデルになると、ボディーもしかりこのようにエクステリアやインテリア、機関系など、過去の荒業により()、本来の姿が崩された箇所がそこかしこに隠くれていることもしばしば、定番の光景か?
 
使用する各モールが決まったところで作業開始・・・・・・
 
イメージ 9
 
ひたすら作業している最中、ふと気が付けば、珍しいお客様が・・・・・・ローカルだなぁ〜。()

イメージ 10
  
イメージ 11
  
イメージ 12
 
イメージ 13

この個体に元々付いていた前後バンパーですが、ここだけはへこみなどのダメージもなく、文句なしの超バリもの!!
 
イメージ 14

全ての光物、作業終了!!
モール類の大半が超硬いステンレス製、ここまでの処理は手磨きのみでは不可、このタイミングじゃないないとねぇ〜。()
 
次回はボディー編、あのお顔もビシッと。()
 
 
㈱スポルティーバ
300-1260茨城県つくば市西大井1702-4
TEL/029-875-9337
 

開くトラックバック(0)

本日、店頭にてお引き渡しをさせていただいたアルファ147GTA(6MT)・・・・・・
 
イメージ 1
 
イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

この147GTA、約4か月もの間、当店に居座っておりました・・・・。()
ちなみにこの間、当店HPGoo-net経由でお問い合わせお頂いたお客様にご提出させていただいたお見積りの数、ざっと40!!
内外装がキレイだったのですが走行距離が10Kmオーバーだったこともあり、価格は思い切ったロープライスをご提示させていただいていたのですが、やはり走行距離が・・・・・・・まぁ〜、次のオーナー様が決まるまで時間を要することは重々承知しておりましたが。()
 
イメージ 6

走行距離も少なくて内外装がキレイにも関わらず安価に販売できる個体があれば一番いいのですが、もちろんどんなモノには相場と言うものがありますので、走行距離が少なくなるとその分、当然、高価になってしまうというのが現実・・・・・・・・。
 
イメージ 7

と、今回のオーナー様が下した判断・・・・・・・・・・・・・・お乗り出し後の手間のかかり具合などの心配材料より、「今すぐ乗りたい!!」と言うご自身の率直なお気持ちを優先されたようで。
 
昨今、同年代の国産スポーツタイプMTモデルの方が価格が高くなっている状況・・・・・

イメージ 8

ここに価値観を見い出せるのであれば、返って合理的な考え方かも。()

 
 
 
㈱スポルティーバ
300-1260茨城県つくば市西大井1702-4
TEL/029-875-9337

http://www.sportiva-italy.com

 

レストア中、GT1300ジュニアのボディーワーク、続きます・・・・。
今回はフロアから。
 

イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3

この個体もジュリアのお約束?・・・・・・・・・


イメージ 4

例に漏れず、左右フロアのフロント側はまるでフランケンシュタインのように()切り継ぎで板金を繰り返えされ、それらの補修箇所を隠すためにも役立つブラックのアンダーコートを塗られた状態でした・・・・・

イメージ 5
 
イメージ 6

こんなにスッキリ。

イメージ 7

子の状態でしたら、たまにはマットをめくってフロア自体を拭いてあげる気にもなるでしょう。()
 
イメージ 8

イメージ 9

右サイドシルは右同様、アウター、ミドル、インナーは生きておりますので、あえてこの個所は切り刻むことは無し・・・・・・・・とは言え、後には前後フェンダー下部のパネルはカット、ジャッキアップポイントと共に新調いたしますが。
 
次は・・・・・・・・・
 
イメージ 10
 
またまた下にもぐって何やら
 
イメージ 11

・・・・・・・・・ハイ、そうなんです一番大事な「顔」。
入庫当初からお尻同様、この顔もオリジナルからかけ離れた形になっておりましたので・・
 
イメージ 12

ここもバッサリ切断!!()
 お尻と一緒でこんなにボコボコだったらパテで形を作るしかないわなぁ〜こりゃ。(笑)


イメージ 13

現状はこんな痛ましい姿に・・・・・・・・・・もしかしたら今回の記事を初めてご覧になるお方は「こんなの元に戻るの?」なんて思われてしまうかもしれませんねぇ〜。()
 
もちろんご安心を。
何時ものクォリティーでどこから見ても怪しい箇所が無い()小ぶりなシャキッとしたクーペボディーに蘇りますから!!
 
つづく。
 
 
㈱スポルティーバ
300-1260茨城県つくば市西大井1702-4
TEL/029-875-9337

開くトラックバック(0)

リヤ周りをバッサリ切断したGT1300ジュニアのその後・・・・。
 
イメージ 1
 
毎度毎度、心底に助かっている部品取り車()から切断してきた非常に状態の良いリヤパネルを使用し取り付け開始!!
・・・・・・・・・・とその前にフロアやタイヤウェルの状態を確認。
この箇所、サイドシルやフロア同様に腐食などのダメージがある確率が高いところなのですが・・・・
 
イメージ 2
 
タイヤウェル・・・・・
 
イメージ 3
 
ガソリンタンクが乗っかる耳?の部分などもほぼダメージ無し!!
やっぱりエライっ!!この個体。()
 
イメージ 4
 
ボディー同様錆止めを塗布。
 
そして、いよいよこの個体の残念だった箇所との決別のときが!!
 
イメージ 5
 
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9


オリジナルパネルの仮止め・・・・・・・・・・ボディー側はオリジナルのライン、リヤパネルもオリジナル、当然ピッタリと繋がります!!
 
イメージ 10
 
 
イメージ 11
 
イメージ 12

隙間もキッチリ溶接して・・・・・


イメージ 13

リヤパネルの塗料を剥離・・・・
 
イメージ 16

錆止め塗布、完成!!

作業前・・・・・
 
イメージ 14
 
作業後・・・・・・・・・

イメージ 15

当然、左右の形が同じ形状・・・・・・・・・・・・

イメージ 17

イメージ 18

これがオリジナルの形、もうこってりパテを使う理由がありません!!()
いつ見ても惚れ惚れとするクーペ本来のお尻に戻りました〜、スッキリ〜。()
 
つづく。
 
 
㈱スポルティーバ
300-1260茨城県つくば市西大井1702-4
TEL/029-875-9337
 
 
 
 

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事