ここから本文です
変わり行く時代の中で・・・・・それでもアルファロメオ!!
今年もアルファロメオとの生活、サポート致します。

書庫全体表示

記事検索
検索
スンゴイのが入荷しました・・・・・・。
  
イメージ 1

3年前・・・・・・・・
https://blogs.yahoo.co.jp/sportiva_italy/folder/1022515.html?m=lc&p=4(遡っていただくと完成までのプロセスをご覧いただけますので。)

イメージ 2

イメージ 3


イメージ 4

イメージ 6


イメージ 7

当店にてダメージ箇所に対して徹底的に手を入れさせていただいた上で完成した本格的なボディーレストア済み!!
 
一昨年の秋には・・・・・・・・・・

イメージ 5

フルオーバーホールと同時にハイコンプピストンをはじめ諸々のチューニングパーツに交換したことでノーマルエンジンでは決して味わうことのできない加速を誇るエンジン搭載済み!!
しかも、ボディーレストア完成時から使用された距離が約6000Km、エンジンに至ってはOH後の使用距離がたったの3000Km・・・・・・・・・・・・・それぞれの作業完成時のまんまの姿で入庫、次のオーナー様を募集させていただくことになりました〜!!
 
もちろんここまで手が入った個体・・・・・・・・・

イメージ 8

イメージ 9


イメージ 10

イメージ 11


イメージ 12

イメージ 13

言うまでもありませんがその他の機関系に手が入っていないことなどあろうはずもなく、旧い年代の中古車にありがちな「先が見えない不安」とは無縁な個体・・・・・・・
・・・・
イメージ 14

ストリートユース前提でお使いいただくならば、「この上を望むのはかなり難しいのでは?」と思わせてくれるほどの前期型GT1300ジュニアです!!
 
イメージ 15

是非お問い合わせ下さいませ!!

         SOLD OUT                      

㈱スポルティーバ
300-1260茨城県つくば市西大井17024
TEL/029-875-9337
 
 
 

開くトラックバック(0)

完成までまだまだ長い道のりを歩いているGT1300ジュニア・・・・・
 
イメージ 1
 
ワイパーAssy取り付け済み。

イメージ 2
 
何時ものように室内側のパネルが見えないように表皮の張り付け。
バルクヘッド室内側から製作。
 
イメージ 3
  
新車時から付いていたオリジナル。
さすがにボロボロなのですがなんとか原型をとどめていたこちらを保管・・・・・・・・


イメージ 4

毎回これから型取りして製作。
 
 
イメージ 5


イメージ 6

その他の箇所に使用されていた表皮全てオリジナルから型取った物を使用。
 
モールやサッシなどの光物も組付け済み。
 
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9
 
ウエザーストリップも新品を組み込み、シャキッと。
・・・・・・・・・・・・・・・サッシとクォーターカバーが交差するところは毎回四苦八苦、今回も漏れなくハマっていました。(笑)


内装部品でまだ着手していなかったコレ・・・・・
 
イメージ 10
 
この個体に元々付いていたオリジナルのマップポケット。
当初の予定では塗装で仕上げるつもりでいたのですが、一か所だけあった破損箇所がどうにも補修レベルでは納得いかず・・・・
 
イメージ 11

結局、張替え。
この年代のアルファロメオ、キッチリ直そうと思うと何をやるにもチャチャっといかないのが常。(汗)
 
イメージ 12
 
張替え完成。
と、この勢いでもう一組・・・・・・・
 
イメージ 13
 
完成・・・・・・・・って、一台に2個しか使っていないはずでは?
このことはまた後日ご報告できる予定。()
 
つづく。
 
 
㈱スポルティーバ
300-1260茨城県つくば市西大井1702-4
TEL/029-875-9337
 
 
 

開くトラックバック(0)

昨年秋にお持ち込みいただいたジュリアスーパー1.3・・・・・・・
 
イメージ 1


当店では意外や意外?初となるジュリアのセダンボディー、本格的な作業に向けてまずは全ての構成部品を取り外しました。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 7

このスーパー・・・・・・・

イメージ 6


イメージ 4

イメージ 5

う〜ん、塗装を剥く前から既に組成が良いことがうかがえる・・・・・。


そして、先週より塗装の剥離開始。
 
イメージ 8

途中・・・・・・

イメージ 9

ドアのへこみを叩くかまたは切り継ぎで直さずその形のままパテでスムージングしてあったり・・・・・
 
イメージ 10

イメージ 11

過去の一度板金をされていたようですが、アウターパネルだけ張り替えてインナーパネルは腐食箇所をそのまんま残していたりと。()

とは言え、ジュリア系ボディーの代表的な泣き所・・・・・・
 
イメージ 12
 
サイドシルアウターパネルのフロント側先端部もこの通り、ちゃんと原型が・・・・・。


イメージ 13


イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

上記のダメージ箇所とその他の細かいところにも多々ダメージはありましたが、それ以外の箇所はほぼノーダメージ、新車時のまんまの形を現在までキッチリ残っていました・・・・。


イメージ 17


今回のボディーワークは今までのような「バッサリ」はほとんど無し()、パネルごと交換するのはフロアのみと思われますので、やはりかなり優秀な個体、スンバラシイ〜。()

イメージ 18
 
・・・・・・・・・・・・・・と、言うことで今後の作業プランもほぼ決まり、またまたボディーレストアの始まりです!!
 
つづく。
 
 
㈱スポルティーバ
300-1260茨城県つくば市西大井1702-4
TEL/029-875-9337

http://www.sportiva-italy.com


ツーリングでご一緒させていただいている当店のオーナー様方から「えぇ〜、手放しちゃうの〜」と言うようなお声が聞こえてきそうですが()・・・・・・・
 
イメージ 1
 
ハイ、そうなんです、当店の工場長が所有していたジュリアスーパー1.3
 
イメージ 2
 
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

いよいよ決断したようで、本日より正式に次のオーナー様を募らせていただきます!!
・・・・・・・・・・・・・・・と言うのも、数年前よりこのスーパーと同時に所有しているもう一台のイタ車、アバルト500にど〜もお熱を上げているようで、今はそれしか見えてないみたい。()
 
こちらのスーパー・・・・・・・・・
 
イメージ 12

製造されたのは1973年、イタリアで仕上げ済みだったこの個体を並行にて輸入、平成20年秋ごろ当店に入庫・・・・・・・・・・


イメージ 7

3年車検を取得する際に工場長自ら夜な夜な()機関系に手を入れ乗り出すも、その期間たったの3()、その後、現在所有している最愛のパートナーに出会い現在に至る・・・・。
とは言え、「いつかは復活・・・」との想いもあったようで、その日のためにちょこちょこと更に手を入れていたようですが。()
 
・・・・・・・・・・・・・と言うことで、寝かしていた場所がコンクリート敷きのガレージだったことが幸いして、約10年前に当店へ入庫してきた時の姿のまんまの再入庫、内外装及び機関系も含めなかなかのコンデションです!!
 イメージ 3

是非是非お問い合わせお持ちしております!!

イメージ 13

イメージ 14

今やこの内容の個体をこの価格で購入できるのはかなり狭き門かと。
・・・・・・・・・・当店工場長協力の元、大変太っ腹な価格()、早い者勝ち〜?
 
                           SOLD OUT

㈱スポルティーバ
300-1260茨城県つくば市西大井1702-4
TEL/029-875-9337

開くトラックバック(0)

昨年末にボディーが完成したGT1300ジュニア・・・・・・・
 
イメージ 1


ガラスやモールなどの光物が外された状態でしかできないルーフライニングの張替、当初の予定では今年初頭から作業を開始するはずだったのですが、KIT自体の入荷が遅れたことにより、先週末にようやく入荷()、早速、作業を開始しました・・・・・。

 

新車時から一度も張り替えられていなかったオリジナルのルーフライニング。


イメージ 2

汚れもさることながら、素材自体が硬化してパリパリでした。()
 
イメージ 3

何時ものように新たに使用するおNewKITにオリジナルのフレームを利用し、同じ構造にて製作。

 
イメージ 4

二人がかりでフレームをルーフに固定。

イメージ 5

四隅にシワが入らないように幾度となく張りの調整、決まった位置で接着・・・・・・・・・・・・・やはりこの時期は外気温度が低いため、生地は伸びないわ、接着剤の乾きが悪いわで、温かい時期の作業と比べて約3倍くらいの時間をかけてぐるり一周接着の後に完成!!

 イメージ 6


やっぱ気持ちイイ〜わぁ〜。()

元々ついていたAピラー室内側のブラックの表皮・・・・・

 

イメージ 7

汚れ自体はクリーニングでキレイになりますがステッチ抜けが有りと。


イメージ 8

何時ものイタリアから取り寄せた生地をベースに、太糸でステッチを入れて再現。
 
イメージ 9
 
真新しいボディーにはやはり真新しいルーフライニングがしっくりくるかと。()
 
次の工程はモールの取り付け、さぁ〜バシバシ行きますよ〜・・・・・・・・・と行きたいところですが、ボチボチやらせていただきます。()
 
つづく。
 
 
㈱スポルティーバ
300-1260茨城県つくば市西大井1702-4
TEL/029-875-9337

http://www.sportiva-italy.com

 
 
 

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事