ここから本文です
変わり行く時代の中で・・・・・それでもアルファロメオ!!
今年もアルファロメオとの生活、サポート致します。

書庫お持込105,115系レストア

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

本日より通常通り営業させていただいております!!
GW開け初っ端のご報告。
 
前回のご報告からずいぶん時間が経ってしまいましたが、その間、少しずつではありますが着実に完成に向けて進んでおりますジュリアスーパー1.3のボディーワーク・・・・・
 
イメージ 1

  

イメージ 2
 
フロアは全面張替え済み。


当初、外見上では見抜けなったサイドシルアウターの交換。
 
イメージ 3
 
取り外したオリジナルの右アウターシル。
これでもかなり程度はいい部類に。()

 

イメージ 4

ミドルパネルは若干の表面錆はありましたが、部分的に切り継ぎ板金で対応。

 
イメージ 5

イメージ 6
 
イメージ 7

Newのアウターパネル、フロントフェンダー下部パネルの溶接・・・・
 
イメージ 8


右側張替え終了。
 
イメージ 9


イメージ 10

イメージ 11

左側も右側同様ミドルシルはオリジナルを生かした上、同様の作業を経て終了。
 
入庫当初、一目でその状態が分かったリヤフェンダー後方下部。
 
イメージ 12
 
イメージ 13

カットしたインナー及びアウターパネル。

新しいパネルの取り付けへ・・・・・・・・・・と、ここでまたまた発覚。

 

イメージ 14


画像では非常に分かりにくいのですが、トランクルームのフロア、タイヤウエルに数か所の腐食発見、急遽タイヤウエルを取り外すことに。()
 
 
イメージ 15
 
イメージ 16

タイヤウエルは水抜き穴周辺の腐食が激しく、一枚の鉄板から同様の形状に製作。

イメージ 17

トランクルームフロアの補修も完了し、これでようやく当初から予定をしていたインナー及びアウターパネルの取り付け可能な状態に。
 
イメージ 18
 
イメージ 19

右側完了。
 
イメージ 20

イメージ 21

現在、左側を奮闘中。
・・・・・・・・・・・この年代のアルファロメオの板金って、やっぱりディープ。()
 
つづく。
 
 
㈱スポルティーバ
300-1260茨城県つくば市西大井1702-4
TEL/029-875-9337

http://www.sportiva-italy.com

 

ボディーレストア中のジュリアスーパー・・・・・・
  
イメージ 1
 
久々のご報告()となりますが、実は前回のご報告から変更点が一つ・・・・・
 
イメージ 2
 
一見良さげなサイドシルでしたが、フロアのみならずアウターシルのみ腐食箇所発見、オーナー様のご意向で左右共に新品の一本物で張替え追加することに。
 

ドアやフェンダーなどにあった小さなへこみなどを拾い叩き平にしながら各パネル一枚一枚を見直しもほぼ終了し、さび止めが入りました。


イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

・・・・・・・・・・相変わらずこの見た目、華やかさに欠けます。()
 
そしてお約束?のフロア張替え。

イメージ 8
 
イメージ 9


イメージ 7

イメージ 10

右側は前後共に溶接取り付け自体は終了。
 
イメージ 11
 
現在も奮闘中。
・・・・・・・・・・・と、アウターシルの張替えが追加にはなりましたが、それでもぜんぜん優秀な個体であることは間違いなし。
 
イメージ 12

なんせスムージングする前にもかかわらず、この滑らかな感じが・・・。(笑)

つづく。
 
 
㈱スポルティーバ
300-1260茨城県つくば市西大井1702-4
TEL/029-875-9337

http://www.sportiva-italy.com

昨年秋にお持ち込みいただいたジュリアスーパー1.3・・・・・・・
 
イメージ 1


当店では意外や意外?初となるジュリアのセダンボディー、本格的な作業に向けてまずは全ての構成部品を取り外しました。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 7

このスーパー・・・・・・・

イメージ 6


イメージ 4

イメージ 5

う〜ん、塗装を剥く前から既に組成が良いことがうかがえる・・・・・。


そして、先週より塗装の剥離開始。
 
イメージ 8

途中・・・・・・

イメージ 9

ドアのへこみを叩くかまたは切り継ぎで直さずその形のままパテでスムージングしてあったり・・・・・
 
イメージ 10

イメージ 11

過去の一度板金をされていたようですが、アウターパネルだけ張り替えてインナーパネルは腐食箇所をそのまんま残していたりと。()

とは言え、ジュリア系ボディーの代表的な泣き所・・・・・・
 
イメージ 12
 
サイドシルアウターパネルのフロント側先端部もこの通り、ちゃんと原型が・・・・・。


イメージ 13


イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

上記のダメージ箇所とその他の細かいところにも多々ダメージはありましたが、それ以外の箇所はほぼノーダメージ、新車時のまんまの形を現在までキッチリ残っていました・・・・。


イメージ 17


今回のボディーワークは今までのような「バッサリ」はほとんど無し()、パネルごと交換するのはフロアのみと思われますので、やはりかなり優秀な個体、スンバラシイ〜。()

イメージ 18
 
・・・・・・・・・・・・・・と、言うことで今後の作業プランもほぼ決まり、またまたボディーレストアの始まりです!!
 
つづく。
 
 
㈱スポルティーバ
300-1260茨城県つくば市西大井1702-4
TEL/029-875-9337

http://www.sportiva-italy.com


こちらのジュリアスーパー1.3・・・・・・・・
 
イメージ 1
 
イメージ 2


今回のオーナー様、当店にお越しいただくのは初めてのお方なのですが、今年の春ごろ?に他店様にてご購入されたとの個体です。
 
イメージ 4

イメージ 3


外装の明らかな塗装面劣化、内装品の破損・・・・・・・

イメージ 5

機関系のあからさまな不具合なども一見見当たらず、世間的にはビシッと見えるような、なかなかのジュリアスーパーなのですが・・・・・・・・・

イメージ 6

オーナー様いわく「これから20年の間、多大な手間をかけることなく何時でも気持ち良く乗れるようにしたい!!」とのご要望の元、ボディー、内装、エンジン、ミッションOHを含む機関系リフレッシュなど、当店で実施しているいわゆる「完成品」を目指したレストア作業のご依頼を頂きました。

 

イメージ 7


傍から見れば恐らく、「なんでこんなに良さげな個体をわざわざ・・・」なんて思われるかもしれませんが、そこはオーナー様がこのジュリアに対して思い描くビジュアルや性能をどう望まれているかという事次第であり、ご存知のように「今以上」を求めるのであれば、その外観上からは判断しがたい「うわゎ〜?」な箇所(笑)は多々あるのがジュリア系の実情・・・。
 
今回のオファーを頂くキッカケになったのは当店の商品見本かつデモカーでもありますGT1300J・・・・・・・・・
 
イメージ 8

何はともあれ乗っていただくのが一番分かりやすいのでご同乗していただいた際、オーナー様いわく「同じ1300でもこんなに力強いんですか〜、参ったなぁ〜・・・・」と。()
 イメージ 9

・・・・・・・・・と、言うことでまずはエンジンから。
 
イメージ 10

昨日より分解開始。
 
ジュリアスーパー1.3のレストア、始まり始まり〜!!
 
 
㈱スポルティーバ
300-1260茨城県つくば市西大井1702-4
TEL/029-875-9337
 
 
 
 

ご入庫いただいてから約半年・・・・・・・・・
 
イメージ 1
 
イメージ 2

イメージ 3

車検の満了を迎えることもあり、それらの整備を含めて、先日・・・・・

イメージ 4


イメージ 7


イメージ 6

イメージ 13


イメージ 5


その全ての作業が完成!!


イメージ 12
 
イメージ 10
 
オーナー様が悩みに悩みぬいて決めていただいたボディーカラーにより、作業前とは全く違う個体に変貌!!
 イメージ 8

内装はオーナー様が今まで慣れ親しんできた空間・・・・・・・・・・・・オーナー様ならではのオリジナリティ溢れるボディーカラーもしかり、室内に取り付けてあった扇風機()をはじめ、諸々のパーツ全てご入庫前の状態に復元。
 
イメージ 9
 
エンジンも同様。
 
今回のオーナー様にとっての一番最高の状態(恐らくストリートユースの個体ではこれ以上はありませんが)、その所有満足感を噛みしめながら、お好きな時にお好きなように今まで以上お楽しみ下さいませ〜!!()

イメージ 11

と、今までずっと当店にあった一台・・・・・・・・・・・・・・・毎回同様、なんかお嫁に出すような気持ちですが。()
 
 
㈱スポルティーバ
300-1260茨城県つくば市西大井1702-4
TEL/029-875-9337
 
※今回の西日本大豪雨で被災された方々へ謹んでお見舞い申し上げます。
 

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事