ここから本文です
変わり行く時代の中で・・・・・それでもアルファロメオ!!
今年もアルファロメオとの生活、サポート致します。

書庫105系販売車レストア

記事検索
検索

全34ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本日、仕事納め・・・・・・・本年最後のブログ更新となります。
 
手間を惜しむことなく地道な作業を積み重ねてきた甲斐もあり、当店の段付きオーナー様でさえ見抜けなかった()その本来の形状から作り変えられてしまっていた個所は見る影も無く、段付きボディー元来の姿に戻ったGT1300ジュニア・・・・・・
  
イメージ 1
 
イメージ 2
 
オーナー様がご希望されたカラーにて本塗装・・・・・・・。
 
イメージ 3

ボディーワーク最後の工程となる磨き。
そして・・・・・・・・
 
イメージ 4

イメージ 5
 
イメージ 6
 

イメージ 7

 
イメージ 8
 
全ての工程が終了し、ボディー完成!!

作業前の画像と完成後の画像を比較すると一目瞭然。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

本ブログをご閲覧下さっている方々でしたらご存知のようにたまたまこの個体だけがそんな状態だったわけではなく、当店の経験として過去に取り扱わせていただいた個体全てに大なり小なりの「なんじゃ〜こりゃ〜」()な箇所が・・・・・・・・・・・・・・本国イタリアであれ日本であれ、過去に施された「なんじゃ〜こりゃ〜」()な補修で今に至っている個体がその確率で現存しているということ。()
 
イメージ 13
 
昨日、オーナー様がご来店、お色、各パネルのクォリティなど隅々をご覧いただきましたが、もちろんご満足いただけました。()
・・・・・・・・・・・・本年の最後を飾るお仕事も予定通り無事に終了し、お陰様で最高にスッキリした気持ちで新たな年を迎えることが出来そうです。
 
今年一年、本当にありがとうございました。
来年も今まで同様宜しくお願い致します。
それでは皆様良いお年をお迎え下さいませ〜。
 
 
㈱スポルティーバ
300-1260茨城県つくば市西大井1702-4
TEL/029-875-9337
 

この記事に

先週、サフェも入りその形がくっきり分かりやすくなった前期型GT1300ジュニア・・・。
 
イメージ 1
 
ボディーレストアの全ての工程が終了したした時点で次のオーナー様が決まっていない際はあらかじめ当店が検討していた色を入れる可能性も濃厚なムード、半ばあきらめかけていた矢先・・・・・・・・・・・・・・

なんと、このぎりぎりのタイミングで正式な次のオーナー様が決まりました!!

これにてオーナー様好みのお色で塗装させていただけるようになりましたので、私たちと今回のオーナー様共に一番理想的な形かと。
 
今回のオーナー様、当店に来られる前に北から南まで国内でnet上にてリリースされている段付きボディーのジュリアをとことん見て来られたそうですが、その結果、ご自身が思うジュリアに乗るためには「あらためて作るしかない」と・・・・・・・・・・・そういう経緯の元、ようやく当店にお声掛けいただいた次第です。()
 
オーナー様とはこれから入れる色の打ち合わせも既に終え、先日色も決定・・・・・・・・塗装前に今一歩踏み込んで見直し作業・・・・。
 
イメージ 2
 
車体を馬に乗せていよいよ・・・・・

イメージ 3

と、今回のオーナー様にも「普通に動く」と「調子よく動く」との違いに対してご理解をお示しいただき、何時もの定番作業?エンジンやミッションを含む機関系に対して掘り下げて手を入れさせていただくオファーも頂きました!!
 
正直なところ、今回だけは「どうなっちゃったの?」などとかなり弱気になりつつありましたが結果オーライ、伝わるお方にはちゃんと伝わるわけで・・・・・・・・・やっぱ、とことんやって良かった〜。()
 
                                                      SOLD OUT


㈱スポルティーバ
300-1260茨城県つくば市西大井1702-4
TEL/029-875-9337

この記事に

開くトラックバック(0)

今なら間に合います!!

前回のご報告から早約一か月・・・・・・・・・・
この間も数名のお客様からお問い合わせやわざわざご来店を頂いたりと、旧い年代のアルファロメオに対する憧れをお持ち下さる沢山のお方がいらっしゃることを改めて実感させていただくも未だ新しいオーナー様と出会えずにいます。()
 
とは言え、やるべきことは当然見えておりますので、ボディーの完成に向けて日々コツコツと作業を進めておりました・・・・・・
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
 ボンネットフード、左右ドアの塗装剥離後に錆止め塗布。

その後、それらをボディーに取り付け、全体のバランスを見ながらチリ合わせ。 


 毎度のことですが・・・・・・・・

イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
この工程はその進捗に対してその変化を画像でお伝えしずらいところでもあり、多数の工程を割愛させていただきますが、損傷を受けていなかった面から面をスムーズにつなぐことを目的としたパテを極力パネルぎりぎりまで削ぎ落し、また塗っては削ぎ落しの繰り返しの果てに・・・・・・


イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
 そして・・・・・・・・・


イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14


イメージ 26


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 21


イメージ 15


イメージ 18

イメージ 19

昨日、ボディー全体にサフェが入りました!!

イメージ 20

サフェ入れ前のビジュアルでは、いろいろな色が入まじり、その形自体が非常に分かりにくい状態でしたが、この個体が当店に入庫した際のその形状はもうどこにもなく、全くの別物として生まれ変わりました〜!!()
 イメージ 22

イメージ 23
 
イメージ 25


イメージ 24

特にこの辺が。()
 
と、言うことで現在はフロアの裏側やタイヤハウス内をブラックアウトする作業をしておりますが、行程的にはここ数日には色を入れられる段階まで来ております。
・・・・・・・・・・・・・ここまで手間をかけてそのオリジナルの形に近づけるべく復元したこのボディーですから、やはりこのボディーに入れる色は新しいオーナー様に是非とも決めていただきたい!!
 
もうここまで来てしまった限りはこれがほんとのラストチャンス、今ならイメージ通りのカラーで塗装することはまだ間に合いますので是非是非お問い合わせお待ちしております!!
 
 
㈱スポルティーバ
300-1260茨城県つくば市西大井1702-4
TEL/029-875-9337

この記事に

開くトラックバック(0)

まず初めにご案内。
本ブログでご紹介させていただいておりますレストア中のGT1300Jなのですが、このブログをご閲覧いただいた数名のお方から「このGT1300Jは既にオーナー様が付いているのか付いていないのかが分かりにくい」とのご指摘を頂きました・・・・。()
そこで、だれがどう見ても瞬時に在庫の有無をお伝えできるよう「新オーナー様募集中105系レストア」なる新たな書庫を増設させていただきました!!
なので、今後この書庫内から今までの記事が無くなっている際はSOLD OUTとさせていただくことになりますので本ブログのチェック、引き続き宜しくお願い致します!!
 
と、言うことで現在も次にオーナー様をお待ちしつつ、作業中のGT1300ジュニア、ボディーワークのその後。
クーペボディーの本来の形に戻すために広範囲に及ぶパネル交換も終え、もう溶接作業も終わりかと思いきや、そうはさせてくれないようで・・・・・・・トランクフード。
 
イメージ 1

表面を見る限り、特にダメージが無いなかなかの状態。
ひっくり返して裏面・・・・・・・

イメージ 2

剥離前はパテで覆われていて見えなかった腐食跡。
 
イメージ 3

このように本来のトランク裏には台形状のボコボコ?が並んでいますが、そのボコボコも無かった箇所も・・・・・・・・・・。
実はクーペボディーで多々見受けられるケース、この個体のようにまだパテで覆われていたのであればまだいい方で、中には腐食箇所が剥き出しの個体はトランクを持ち上げる際にその腐食箇所にたまたま手をかけてしまい「手を切っちゃった〜」などと言った事例も過去にありと・・・・・。
 
イメージ 4

元の形に戻す作業の材料はいつも助けてもらっている部品取りから拝借。
 
イメージ 5

溶接取り付け終了。
 
イメージ 6

錆止め塗布。

イメージ 7

ビジュアルも本来の物になりスッキリ、もちろんパテ造形は一切なし。(笑)
 
イメージ 8

成したトランクフードもボディーに取り付け、何時も何らかの形で目にしているクーペのお尻に。()
 
この後に溶接及び板金作業を必要としない箇所はサフェが入りました。
 
 
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

ここでA及びBポストの画像が登場しましたので・・・・・・・・

イメージ 15

イメージ 16

この個所は形状および寸法をキッチリ確認した上で作業を進めないとスカッフプレート取り付けの際に収まりが悪くなり、最悪、スカッフプレートの両端のいずれかを曲げたり切断したりしないと入らない場合もありと・・・・・・・。
 
次の工程は各パネルのうねりやへこみの修正、ボディー完成にはもうちょっと時間がかかります。
この個体に対してここまでの大掛かりなレストアは恐らく後にも先にもこれで最後になると思われますので、色が入る前に是非とも次のオーナー様が決まってくれれば、そのオーナー様が選ぶカラーでお乗り出しいただけた方がなお理想的かと・・・・。
 
つづく。
 
 
㈱スポルティーバ
300-1260茨城県つくば市西大井1702-4
TEL/029-875-9337
 
 

この記事に

開くトラックバック(0)

現在も次のオーナー様をお待ちしているGT1300ジュニア・・・・。()
とは言え、やるべき作業の内容は決まっておりますのでどんどん進めてます!!
 
今回は内装編、お約束のシート張替え。
 
この個体に付いていたシート・・・・・・
  
イメージ 1
 
イメージ 2

埃は被っていますが、一見、多々見受けられるステッチ抜けが無い表皮や形状共になかなかの状態、しかもオリジナル?・・・・・と思いきや、恐らく数十年前?に張替えをされていたようで、当然っちゃ当然かも。(笑)
 
イメージ 3

イメージ 4

状態が良いとは言っても、それなりの時間が経過しているわけですから、なんやかんやと有り。()
 
作業開始・・・・・・
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9

イメージ 10


イメージ 11

何時ものように当時の職人さんと同じ製法にて作業の後、前後ともに完成!!
 
イメージ 12
 
ドアを開けた際に真っ先に目に飛び込んでくる内装品の張替もしくは新規製作は終了。
・・・・・・とは言え、この他の細かいパーツの補修や仕上げはまだまだ残っておりますが。
 
先日、ボディーの原型も完成し、今回のこの内装品、どうですか?
完成時のイメージ、かなり膨らむでしょ?()
 
まだまだ続きます・・・。
 
 
㈱スポルティーバ
300-1260茨城県つくば市西大井1702-4
TEL/029-875-9337

この記事に

開くトラックバック(0)

全34ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事