走る銀色の矢

必然的に書庫を増やしてます。

トップ

すべて表示

会津 再び


昨年の秋にツーリングで行った会津田島の蕎麦屋さんは、古いバイクが好きで東京オリンピックの頃メグロ500スタミナK1を所有していて、縁あって それの修理を預かることになったが、その作業も済み引取りに来られた時に、たまたま出合わせたのがひでともさんであった。

そのひでともさんは、昨年の蕎麦ツーにはタイミング悪く不参加だったので、メグロを引取りに来た蕎麦屋さんに誘われて蕎麦を食べに、再びツーリングを兼ねて足を運ぶこととしたのが先週末となる6月17日日曜日

イメージ 1

当初はひでともさんが親子二人だけで会津まで走って行かれるのかと思っていたのだが、話の流れで複数人に声を掛けてみることに。

梅雨の時期とあって、今にも降りそうな空模様だが、未だ降っては来てないので今の時点では決行となろう

集合場所までは3台で向かうが、知人のヤマハXS750SPで乗り付けたひでともさんは、調子がイマイチとのことで早速プラグチェックや何やらで工具を出して作業を始めた。

イメージ 2

定時(8時)に集合場所とした宇都宮インター出口のコンビニに間に合うが、ここでチラチラと雨粒に見舞われ、この先が思い遣られる雰囲気に

ここ集合場所に一番近い方が何故かクルマで登場したので聞いてみたら、出発間際には完全に雨が降っていて視界も悪い状態だったので、単車では出控えて様子見に来たのだとか 画像の時こそ路面は乾いてるが、確かにここを出発して間もなく路面はウエットで、進むにつれ水溜りも多く現れて、霧雨から小雨に代わろうかとするありさま

先頭を走ってたワタシは、雨具装備も無い方も居ることを踏まえ、今回の走りは何処までにして戻ろうか、雨足次第で再考するポイントを考えながら走っていたのだが、鬼怒川を通り川治エリアを抜けた頃には路面が乾きつつあった

相変わらず低い雲に覆われた感もあったが、三依を抜ける頃には山の向こうに青空も見え出していた

イメージ 3

県境のトンネルを抜けると、それまでが嘘のような青空が待っていた

第一休憩ポイントに予定していた道の駅たじままでは、走り出して1時間半程度となる10時前に到着

イメージ 4

今日の昼にお邪魔する予定の蕎麦屋さんが、開店前に道の駅までメグロを走らせ出迎えてくれていた

11時開店に間に合うように一足先に道の駅たじまを後にしていったが、我々も今少し休んでから蕎麦屋さんに向かう前に田島方面とは逆の檜枝岐方面へと向かう

イメージ 5

道の駅たじまを出たら国道352号檜枝岐方面にと西に向かい、国道401号から北上し南郷へと進む

天気は良いし、信号はないし、クルマも少ないし、とにかく走り易いことこの上ない

イメージ 6

今回のツーリングは会津南郷で行われる “ 南郷ひめさゆりバイクミーティング 2018  にも顔を出したいとのひでともさんの意向から、当初より目的地の一つにしていた。
 
以前にも来たことはあったが、その時以上にバイクの数は多く大盛況に思える。   

イメージ 7

・・・・・ 以前来たのは もぉ6年前になるんだなぁ〜

イメージ 8

色々な出店があり、好き者には堪らない雰囲気だろう

イメージ 9

特設ステージでは、その道では有名な方のトークショーなどもあり

イメージ 10

ライディングの講習などあり、スキーのゲレンデをバイクで駆け上がるヒルクライムあり・・・ などなど、会場のあちこちでバイク関係の催しが行われてるようだ

イメージ 11

ワタシ好みの古目のバイクは と、黒塗りのサイドカーが目に留まったが、DSKもどきの平成のカワサキだったり、リッタークラスのフラットツインだったり、特に古くはないが手が込んだ遊びで楽しまれてる車両が並んでた。
 
その他は、メグロ250ジュニアS8 が、我々と入れ違いで会場を後にしていったのを見たくらいだった。
 
12時を回った頃には、この後に蕎麦屋さん行く都合もあり会場の盛り上がりを感じつつ後にした

イメージ 12

南郷から会津田島駅までは30キロ程はあるが、信号は片手程度なので慌てなくとも直ぐに着いてしまう

イメージ 13

店先には店主 自慢の単車、黒塗りのメグロ500青いカワサキW1Sが看板替わりに置いてある。

この日は天気のいい日曜ともあり、客は途切れることがないほどで、我々も30分ほどは待ったが、前回来た11月の寒空の時から比べればアット言う間に感じた

イメージ 14

前回ワタシは、寒さから温かい蕎麦にしたが、今回は店主お勧めのせいろ+天ぷらを頂くことにした。
その前に、スイカの差し入れと、バイク乗りには特別の揚げ餅なども振舞って頂いた
 
味の評価は・・・ 来店されてのお楽しみですよ
ちなみに、前回のツーリングも参加された方で、今回一人でせいろ特盛(およそ3人前)+大盛り(およそ2人前)を平らげた方も居ました

イメージ 15

蕎麦屋を出たのが15時を回った頃で、そこからは20キロチョイのパーキングで休憩することに。

そこは県境のトンネルを超えて間もなくのところだが、行く時と同じように戻りも天候の堺となり、トンネルを過ぎたら向かう方一面は雲に覆われ風が冷たく感じるほどだった。
ワタシは寒さしのぎに雨具のズボンの方だけ着用するありさまだ

イメージ 16

帰りは鬼怒川方面には行かず、塩原を経由し道の駅やいたまで向かう。
今回は単車のトラブルらしきトラブルはなかったものの、画像のW3のバッテリー・ブリーザーチューブの異様に気付き差込し直してるところ。

トラブルがないことに越したことないが、何にもないのも味気ないもので、この程度でもネタにしたくなるほどだった

イメージ 17

空一面曇りとなってしまったが、幸いまだ雨が落ちてきそうな気配もないところで、時間も17時を回ってますので、今回はここで解散としましょ

まっ、これも当初の予定通りですが、スケジュールのほぼ全てが時間通りの運びとなったのも、参加の皆さんのおかげです
集合から解散までの距離は220キロ足らずですが、各自の自宅からの距離は多い方で400キロオーバーはあるでしょう。
お気をつけて、またの機会に楽しみましょ〜 ってな感じで各方向に散ったのでした


.


みんなの更新記事