ここから本文です
SP忠男浅草本店のブログ
SP忠男はスペシャルパーツの気持ちイー!を通して世界中のライダーを元気にかっこ良くします。

書庫全体表示

こんばんは〜今日もご訪問ありがとうございます
本日のオーナー様をご紹介します。

PEO
ZERO POINT SHAFTを取り付けていただきました!!

イメージ 1


《フロント》

イメージ 2

イメージ 3


《リア》

イメージ 4

イメージ 5


本日のゲストはNINJA1000のオーナー様です

実際に走られたオーナー様の感想は…
お店を出てすぐ体感できました!
出だしが軽く進みが良くなりました。
気分のせいもあるだろうと思ったのですが、信号待ちのタイミングでいつもとおりニュートラルに入れて惰性で走ると、今までよりも進みがすごくブレーキ!ブレーキ!と感じるほど、ビックリしました。
スロットルオフの抵抗感も違います!
駐車場の出し入れも楽になりすごい良いものを装着できて良かったです。

PEO(ピオ)は、船のエンジンの部品を加工している水田精工から生まれたメーカーです。
オートバイ好きの水田さんが、自身のオートバイのアクスルシャフトを触って、どうしてオートバイの部品は、船の部品と違ってこれくらいの精度でいいんだろうか:という疑問がきっかけでスタートしました。
大船舶の材質を潤沢に使え熟知している水田さんだからできる、
シャフト1本1本に刻みこまれた想いを思う存分お楽しみください。
ちなみにオートバイだけではとてもじゃないけどこんな価格では提供できないそうです。大船舶の材質と一緒に仕入れ、自社で加工されています。

ZERO POINT SHAFT
(F)339g(R)505g
純正SHAFT (F)409g (R)781g
シャフトを測定してみました。
フロント70g リア276g
前後で346gの軽量化にもなりました。

●ピオ ゼロポイントシャフト
●対応車種各種
●MADE IN JAPAN
●価格 1本 16.500円(税抜)〜27.000円
(税抜)
[image:6]
H31.1.27 3167km

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事