ここから本文です
SP忠男浅草本店のブログ
SP忠男はスペシャルパーツの気持ちイー!を通して世界中のライダーを元気にかっこ良くします。

書庫PEO クロモリシャフト

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

こんばんは〜今日もご訪問ありがとうございます
本日のオーナー様をご紹介します。

PEO
ZERO POINT SHAFTを取り付けていただきました!!

イメージ 1


《フロント》

イメージ 2

イメージ 3


《リア》

イメージ 4

イメージ 5


本日のゲストはNINJA1000のオーナー様です

実際に走られたオーナー様の感想は…
お店を出てすぐ体感できました!
出だしが軽く進みが良くなりました。
気分のせいもあるだろうと思ったのですが、信号待ちのタイミングでいつもとおりニュートラルに入れて惰性で走ると、今までよりも進みがすごくブレーキ!ブレーキ!と感じるほど、ビックリしました。
スロットルオフの抵抗感も違います!
駐車場の出し入れも楽になりすごい良いものを装着できて良かったです。

PEO(ピオ)は、船のエンジンの部品を加工している水田精工から生まれたメーカーです。
オートバイ好きの水田さんが、自身のオートバイのアクスルシャフトを触って、どうしてオートバイの部品は、船の部品と違ってこれくらいの精度でいいんだろうか:という疑問がきっかけでスタートしました。
大船舶の材質を潤沢に使え熟知している水田さんだからできる、
シャフト1本1本に刻みこまれた想いを思う存分お楽しみください。
ちなみにオートバイだけではとてもじゃないけどこんな価格では提供できないそうです。大船舶の材質と一緒に仕入れ、自社で加工されています。

ZERO POINT SHAFT
(F)339g(R)505g
純正SHAFT (F)409g (R)781g
シャフトを測定してみました。
フロント70g リア276g
前後で346gの軽量化にもなりました。

●ピオ ゼロポイントシャフト
●対応車種各種
●MADE IN JAPAN
●価格 1本 16.500円(税抜)〜27.000円
(税抜)
[image:6]
H31.1.27 3167km

開くトラックバック(0)

こんばんは〜今日もご訪問ありがとうございます
本日のオーナー様をご紹介します。

PEO
ZERO POINT SHAFTを取り付けていただきました!!

イメージ 1


《フロント》

イメージ 2

イメージ 3


《リア》

イメージ 4

イメージ 6


本日のゲストはNINJA250のオーナー様です

実際に走られたオーナー様の感想は…
本日は、丁寧な接客、丁寧な作業で有難う御座いました。
また来店したいと思います。
シャフトは出足の良さと安定性が向上した感じがします。
朝、来店する際ベイブリッジを通行しましたが250ccでは風の影響が非常にきになりましたが帰宅の際は安定性が増してて注意は必要ですが普通に走行出来ました。
私のバイクはECUチューニングでエンブレが軽減されてるのでスロットルオフで転がりが良くなっており街乗りでは燃費向上も見込めそうです。
転がりが良い分ブレーキは少し考えないとですが(笑)
30キロ位の低速ですと少し乗り味が悪いので何か考えたいですね
本日は、ありがとうございました。


PEO(ピオ)は、船のエンジンの部品を加工している水田精工から生まれたメーカーです。
オートバイ好きの水田さんが、自身のオートバイのアクスルシャフトを触って、どうしてオートバイの部品は、船の部品と違ってこれくらいの精度でいいんだろうか:という疑問がきっかけでスタートしました。
大船舶の材質を潤沢に使え熟知している水田さんだからできる、
シャフト1本1本に刻みこまれた想いを思う存分お楽しみください。
ちなみにオートバイだけではとてもじゃないけどこんな価格では提供できないそうです。大船舶の材質と一緒に仕入れ、自社で加工されています。

ZERO POINT SHAFT (F)305g(R)396g
純正SHAFT (F)460g (R)583g
シャフトを測定してみました。
フロント155g リア187g
前後で342gの軽量化にもなりました。

●ピオ ゼロポイントシャフト
●対応車種各種
●MADE IN JAPAN
●価格 1本 16.500円(税抜)〜27.000円
(税抜)

イメージ 5

H30.11.23 11306km

開くトラックバック(0)

こんばんは
 
本日もご観覧いただきましてありがとうございます
 
アクスルシャフト交換のオーナー様をご紹介をいたします
 
SUZUKI GS1200SS

P.e.o. ZERO POINT SHAFT  
 
イメージ 1
本日のゲストは東京都よりご来店頂きましたGS1200SS
オーナー様です
  
実際に走られたオーナー様の感想は…
PEOのシャフトに交換したら…
あまり敏感でない私でも、、、押しているときと走っているとき
なんとなく最初が軽くなった感じを体感できました!

PEO(ピオ)は、船のエンジンの部品を加工している水田精工から生まれたメーカーです
オートバイ好きの水田さんが、自身のオートバイのアクスルシャフトを触って、どうしてオートバイの部品は、船の部品と違ってこれくらいの精度でいいんだろうか:という疑問がきっかけでスタートしました。
大船舶の材質を潤沢に使え熟知している水田さんだからできる、
シャフト1本1本に刻みこまれた想いを思う存分お楽しみください。
ちなみにオートバイだけではとてもじゃないけどこんな価格では提供できないそうです。大船舶の材質と一緒に仕入れ、自社で加工されています。

ZERO POINT SHAFT (F)391g(R)482g
純正SHAFT (F)436g (R)539g
   シャフトを測定してみました。フロント45g リア57g
 前後で102gの軽量化にもなりました。
 

フロント装着写真

イメージ 2
イメージ 3


リア装着写真

イメージ 4
イメージ 5

↑最後に中空シャフトは眺めているだけでかっこいいです。

●ピオ ゼロポイントシャフト 
●対応車種各種 
●MADE IN JAPAN
●価格 1本 16,500円(税抜)〜 27,000円(税抜)
 

開くトラックバック(0)

こんばんは
 
本日もご観覧いただきましてありがとうございます
 
アクスルシャフト交換のオーナー様をご紹介をいたします
 
YAMAHA MT-25

P.e.o. ZERO POINT SHAFT  
 
イメージ 1
本日のゲストは東京都よりご来店頂きましたMT-25
オーナー様です
  
実際に走られたオーナー様の感想は…
PEOのシャフトに交換したら…
出足がよくなった??気がします!!
あとは、良く曲がるようになったのでカーブを攻めるように 走ってみたらいい感じになりそうです。

PEO(ピオ)は、船のエンジンの部品を加工している水田精工から生まれたメーカーです
オートバイ好きの水田さんが、自身のオートバイのアクスルシャフトを触って、どうしてオートバイの部品は、船の部品と違ってこれくらいの精度でいいんだろうか:という疑問がきっかけでスタートしました。
大船舶の材質を潤沢に使え熟知している水田さんだからできる、
シャフト1本1本に刻みこまれた想いを思う存分お楽しみください。
ちなみにオートバイだけではとてもじゃないけどこんな価格では提供できないそうです。大船舶の材質と一緒に仕入れ、自社で加工されています。

ZERO POINT SHAFT (F)266g(R)426g
純正SHAFT (F)241g (R)322g
   シャフトを測定してみました。フロント25g リア104g
 前後で129gの重量UPですが走りは軽快に!!
 

フロント装着写真

イメージ 2
イメージ 3


リア装着写真

イメージ 4
イメージ 5

↑最後に中空シャフトは眺めているだけでかっこいいです。

●ピオ ゼロポイントシャフト 
●対応車種各種 
●MADE IN JAPAN
●価格 1本 16,500円(税抜)〜 27,000円(税抜)
 

開くトラックバック(0)

こんばんは
 
本日もご観覧いただきましてありがとうございます
 
アクスルシャフト交換のオーナー様をご紹介をいたします
 
HONDA CBR1000RR

P.e.o. ZERO POINT SHAFT  
 
イメージ 1
本日のゲストは神奈川県よりご来店頂きましたCBR1000RRオーナー様です
  
実際に走られたオーナー様の感想は…
お店を出るときにオートバイを押しただけで
車体がスムーズに動くのには驚きました。
ハンドルがしっかりとした印象で、オートバイの安定感が増した感じです。
いつもCBRに乗るときは、住宅街のためとおり沿いまで
オートバイを押して暖機運転するのですがそこが少し上り坂で
オートバイを押すのがしんどいのですが、楽になったのもうれしいです。
 
PEO(ピオ)は、船のエンジンの部品を加工している水田精工から生まれたメーカーです
オートバイ好きの水田さんが、自身のオートバイのアクスルシャフトを触って、どうしてオートバイの部品は、船の部品と違ってこれくらいの精度でいいんだろうか:という疑問がきっかけでスタートしました。
大船舶の材質を潤沢に使え熟知している水田さんだからできる、
シャフト1本1本に刻みこまれた想いを思う存分お楽しみください。
ちなみにオートバイだけではとてもじゃないけどこんな価格では提供できないそうです。大船舶の材質と一緒に仕入れ、自社で加工されています。

ZERO POINT SHAFT (F)603g(R)578g
純正SHAFT (F)406g (R)502g
   シャフトを測定してみました。フロント197g リア76g
 前後で273g重くなります。
 

フロント装着写真

イメージ 2


リア装着写真

イメージ 3


↑最後にクロモリシャフトは眺めているだけでかっこいいです。

●ピオ ゼロポイントシャフト 
●対応車種各種 
●MADE IN JAPAN
●価格 1本 13,500円(税抜)〜 26,500円(税抜)

フェイスブックもチェックしてみて下さい。
ツイッターも始めました〜!!

 

開くトラックバック(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事