[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

河津桜が早くも満開


プラザウェストの南側にある日当たりの良い所に植えられている河津桜が早くも満開だ。

イメージ 1

昨年このブログに同じ木の河津桜をアップしたのは、3月16日だったからおよそ1か月早い感じだ。

イメージ 2


2015.3.16の河津桜


昨年は若葉がもう少し大きくなっていたが、今日は3月下旬から4月上旬の陽気になるというから若葉も成長を早めるであろう。




ここの3階にあるパソコン室を使わせてもらっているが、この時期になると教室の来るのが楽しみなのだ。


桜の名を冠した区役所があるからなのか、敷地内には10数種100本ほどの桜が植えられ順次開花していくのだ。 

イメージ 3
十月桜

ソメイヨシノはまだ蕾が固いが、この花が咲きだすと身も心も落ち着きを失って来る。


果たして開花は例年通りなのか早まるのか、花見行事が入っているので気になる所だ。

開く コメント(1)

スカイツリーと浅草寺


あけましておめでとうございます

穏やかで暖かい年明けとなった。
目出度く有難いことだが、この様な年こそ気を付けなくてはいけない。
 
4日は3月から4月の陽気になるという気象予報士の言葉を信じて、初詣を兼ねて東京スカイツリーに出かけた。
イメージ 2
展望デッキからの上野公園(横に広がる森の部分)

350mの展望デッキに上がる入場券売り場の混雑を予想して、初詣を後回しにして並んだが長蛇の列ができていたが、30分ほどでエレベーターに乗ることができた。
イメージ 1
新宿副都心を望む
(富士山頂付近だけ高層ビル群左側の空に浮かんでいたが写真には写らない)

晴れていたので眼下に都内の高層ビル群は眺められたが、春のような陽気だから霞んでいて富士山はうっすらと空に浮かんで見えただけだった。


その後初詣のため浅草に出て、食べてから参拝しようと昼食場所を探したが、有名店には20〜30人の長い行列ができていて並ぶ気にもなれず、仕方なく裏道をウロウロしながら小さな居酒屋風のところで昼食となった。
イメージ 3
浅草寺仲見世通り

仲見世通りは相変わらずの賑わいでダラダラ歩きは意外と疲れるので、参拝をして早々に帰宅することにしたのだった。


老人にとっては都会の喧噪は疲れるのだ。

開く コメント(4)


五所川原市にふるさと納税をしたら、お礼にリンゴが送られてきた。

その中に特別に五所川原市特産の「赤〜いりんご」が入っていた。


「赤〜いりんご五所川原」と名付けられ、五所川原市以外では栽培されていないのだという。

イメージ 1
小さいリンゴが「赤〜いりんご五所川原

ゴルフボールよりやや大きいくらいの小ぶりの愛らしいリンゴだ。


珍しいので早速食べてみたが多少酸味が強く、特別においしいというものではない。

イメージ 2

ポリフェノールは普通のリンゴの約3倍、アントシアニンは約4倍も含まれており、ワインやジュース、ジャムなどの加工用に栽培されているようだ。


もちろん表の皮は赤いが、皮を剥いた中まで赤いのには驚いた。


一緒に送られてきた市広報の小冊子によれば、花や若葉、枝まで赤いのだそうだ。

開く コメント(6)

ネパール大地震報告会


イメージ 1

昨日川越市で在日ネパール人による現地の被災状況の報告と引き続いての支援依頼の会が催された。


このネパール人を留学生の頃から15年も支援している友人が主催したものである。


小生もこの友人に誘われ3回ネパールに行き、その都度このネパール人の通訳で世話になっているので大地震発生直後にこのネパール人が主宰する会に寄付し、その礼と現地の状況の報告を兼ねたものだった。


日干し煉瓦の建物が多いネパールでは倒壊状態がひどく、その後の余震を恐れてテント暮らしが続いているようだ。

イメージ 2

中国や韓国は国名などが目立つように入ったテントなどを提供し支援を強調しているが、日本は多くの支援をしていながらも控えめなので、一般の人に訴える力が弱いのでもっと目立つように支援した方が良いのでは言っていた。(JICAには申し入れたそうだ。)

イメージ 3

いずれにしろ復興までには多くの日時と資金を要し、引き続いて金銭的な支援と最大の観光資源の雪を頂くヒマラヤを見に来てくださいとのことだった。

 

因みに、このネパール人夫妻の結婚式がカトマンズで行われ時には、我々一行はネパール訪問中で式に出席したものである。


ご主人は横浜国立大学大学院を卒業し、ネパール政府の公式通訳などを務めながらテレビ局のコメンテーターなどでも活躍している。


奥様は現役の横浜国立大学大学院生で、日本ネパール協会ネパール語教師として活躍中。

 

お時間がございましたら、こちらもご覧ください。

https://www.facebook.com/futatabinepal

開く コメント(8)

プレミアム商品券


当市では昨日プレミアム商品券が売り出された。


30%のプレミアムが付くとあって人気が高かった。

市内で36万冊(1冊13,000円分)、468,000万円分が売り出されたのだった。

イメージ 1

先着順だったからデパートの前には10時の売り出し前に5600メートルの長蛇の列ができた。

でもこのデパートは売り出し冊数が多かったのか、一人5冊であったが引換券を受け取ってから、再度並んで10冊手に入れた人たちも多かったようだ。


このデパートは良心的だったようで(当然かもしれないが)正午近くまで受け付けていたようだ。

デパートも商魂たくましく、プレミアム商品券での買い物に3日間限定の特典を付けて売り出しをしていた。

確かに購買意欲をくすぐる施策であることは確かだ。

 

 

残念に思われたのは、別の売り出し場所のホームセンターでは売り出し1時間前に並んだ人に、「もうないかも知れませんよ」と店の人が説明して、10時売り出しなのに売り切れとはおかしいのではないかと食って掛かる人がいたことだ。

都下のある信用金庫で職員が先に手に入れて、並んだ人に売り渡さなかったことがテレビで放映されていたが、このホームセンターの対応も疑いをもたれても仕方がないと言わざるを得ない。

開く コメント(8)

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事