スワローズ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

東京ヤクルトスワローズ

 
 2月14日から2月19日までの6日間沖縄浦添のスワローズキャンプ視察に行ってきました。あくまでも私の感じた私見ですが報告をさせていただきます。

 実績のある選手が大幅に抜け、移籍してきた選手や新人が多くなった今年のスワローズ。未知数の部分が多く不安もあるが、逆にあるいみ期待も出来る。そういった面で今期はどんな戦い方をするのかとても楽しみである。

 高田新監督は今期のスワローズの戦い方を明確に示している。「走塁で1点を取りいく攻撃と1点を守りぬく野球」である。とてもオーソドックスで地味な野球であるが、昨期最下位のスワローズが野球の原点に返るということだ。走塁に関しては今のスワローズの選手には足の速い選手が多いのでうってつけである。ドラフトや移籍してきた選手の特徴をみると、高田監督が打ち出したチーム方針に沿う選手ばかりである。現場、フロントともブレなく同じ方針にてチームを改革しているといって良いだろう。

 今年の沖縄は晴れ間がなく気温があまり上がらず寒いくらいだったが、17日から日差しが出始め沖縄らしい気温になってきた。今後も天候に恵まれ順調にキャンプが進むことを願っている。

 まず、投手部門である。
 
 スワローズの投手の顔ぶれは大きく変わるであろう。スワローズには若手の有望株の選手が多い。先発候補は、石川、館山、リオスが3本柱になるだろう。リオスと林の韓国からの移籍の二人はベテランらしくマイペースで調整を続けている。リオスは本格的な右腕でコントロールと変化球のキレが持ち味の投手と感じた。投げ方はオーソドックス。林は右サイドスロー。球にスピードがあれば打者は打ちづらそうである。セリーグにはいないタイプである。前述の3人の先発につづくのが、増渕、高井、村中、松岡、加藤であろう。皆若手で有望な選手で使いたい選手ばかりである。増渕は今期2桁勝てるのではないだろうか。若手の中では一番安定している。松岡も先発に入ってくるだろう。そして6番手争いがあとの3人。これからの練習試合やオープン戦の結果しだいだが、その中で私は高井に先発をやらせてみたい。球の速さはピカイチである。昨年の実績が自信になっているようだ。村中、加藤も資質的には十分である。ただ、1軍での経験がないのがマイナス要素で、本領発揮するにはやはり慣れが必要だと感じる。ぜひ、練習試合、オープン線でいい成績を残して欲しい選手である。村中はブルペンでの投球が出来れば文句なし。加藤は左ややサイドスローの変則投法で右打者は打ちづらそうだ。
 

 抑えは、五十嵐が復帰できそうだ。まだ、実践では投げていないが毎日ブルペンでは投げ込んでいた。彼が1番手であろう。全盛期の投球を期待したい。そして、日ハムから来た押本が良い。はつらつとして張りきっている。先日の韓国・SK戦で登板したが重そうな球を投げていた。さすがである。そして、先に記した林がどこまでやれるか。林は実践向きの選手だと思うので評価は登板を見てからになるだろう。
 

 花田や佐藤賢、吉川、鎌田も若手が台頭してきたのでうかうかしていられない。練習試合、オープン戦で結果が悪いと2軍行きだ。今2軍の木田も遠藤のベテランもそうである。

 若手左腕の丸山が1軍キャンプに参加している。前はもっと大きなフォームだったと思うがずいぶん小さくなった印象である。課題のコントロール重視のためか。新人の左腕岡本もまだ未知数。岡本は大きく早いフォームからの変化球が生命線になるだろう。二人は左腕であることの利点を生かし中継ぎ候補として残れるかというところである。やはりコントロールが重視される。あと私は右腕の2年目西崎がとても成長したように思う。球がキレている。右ややサイドスローの投げかたは変わっていないが、体全体を使ったフォームで球の威力が増した印象だ。いい中継ぎ投手の変身の予感である。あと昨年のドラ一の高市は、まだフォームが出来ていないとか速球の威力を増したいとか本人は言っているようだが、その前に自分の投球スタイルを考えて見てほしい。高市は速球投手ではない。変化球投手である。いかに打者の手元で変化をさせて打たせて取るか、そそこが持ち味だと考える。今は三振を取りにいくような投球である。青学時代東都リーグで30勝以上した投手である。資質はあるのだが、今は迷っている感じに見受けられる。がんばって欲しい。

 今期注目の新人由規について。彼が歩くところどこでも人だかりが出来ている。サブグラウンドから異動するだけでも、多くのマスコミとファンが追いかけてくる。本人には迷惑なことだろう。チョット萎縮している感じがする。ただし、由規のフォームは素晴らしい。右腕の速球投手の見本のような体の使い方をしている。球も確かに速い。あれで変化球がキレていれば充分1軍で通用すると思う。ただ、まだ高校出たばかりの選手である。体がまだ華奢に思う。練習でずいぶん下半身が大きくなったようだが、他の選手と比べるとまだまだ細い。上半身、下半身ともにもっと筋肉を鍛えるべきだ。安定という意味ではまったく安定したいない。ブルペンですばらしい球も投げるが、半分以上は指に球が充分かかってなくスッポ抜けだ。私の考えは由規は来年、再来年出てきてくれれば良いと思う。まずは、しっかり体つくりをして故障のない選手になって欲しい。マスコミ、ファンとしては早く実践で見たい選手なのはわかるが、今は我慢が必要。もっとフォームを磨き投げ込んでまずは安定した投球が出来るようになって欲しい。今のスワローズには他にも若手の有望選手が多く在籍している。村中や加藤を実践でぜひ使って欲しい。

 怪我組で、ゴンザレス、川島の先発組の復帰が待ち遠しい。二人とも実績は申し分ないのではやく出てきて欲しいが、川島は早そうだが、ゴンは早くて8月になるかもしれないそうだ。そして石井と河端。今期の復帰を待望している。

 総括として、やはり投手陣は未知数だ。期待のできる若手は多い。はずれたらセリーグ最悪投手陣になる可能性もあるし、若手が活躍すれば連鎖反応で投手王国にもなる。とにかく未知数な投手を使わざる負えないので期待も大きいが不安も大きい。何にしても若手投手にとっては結果は別としていい経験のできるシーズンに間違いない。

 次回は打者編を記します。
 
 
 

開く コメント(0)

東京ヤクルトスワローズ

 さあ、キャンプインだ。まもなく球春、待ち遠しいかぎりである。我がスワローズは毎年恒例になった沖縄県浦添運動公園でのキャンプである。昨年は3週間浦添キャンプを見学した。今年は2月の予定が定まってなく、どうなるかわからないが2日でも1日でも見に行きたいと思っている。浦添運動公園は那覇市内からバスで20分から30分くらいの場所にあり、那覇に宿をとっても苦にならない場所である。ただ昨年もそうだったのだが、以外にこの時期雨が多く、雨の日は以外に寒い。晴れたら半そでだと日に焼けるくらい暑いので、くもりくらいの方が見るほうにはいいくらいなのだが。野球場の水はけは特にいいほうではなく、強い雨が降るとグラウンドでの練習は無理である。高田監督も天気を心配していたようだが、順調にキャンプできることを祈るばかりである。

 キャンプは選手と身近に会えることができる。目の前を各選手が頻繁に通りすぎ、シーズン中にはありえない。練習に邪魔のなるような選手との接触はマナー違反だが、キュンプ中は選手も気楽にサインや写真撮影に応じてくれている。また、大物OBとも会えるのだ。昨年私が会ったのは、星野仙一氏、田淵幸一氏、大野豊氏、岩本勉氏、鈴木啓司氏、若松勉氏など、ちょこんとスタンドの自分の隣などに座っていることがある。選手の練習、練習試合だけではなく多くの楽しみがキャンプにはある。ぜひ、プロ野球ファンの方はキャンプ視察に行くことをお勧めする。

 さて、スワローズの今年ははっきりいって「未知数」である。あまりにも多くの主力選手が抜けたが、あまりあるほどに有望な若手が入団してきた。実績は未知数の選手がとても多い。今期のスワローズは楽しみでもあり、不安でもある。そんな中だが高田監督は明確にチームの方針を打ち出している。「足を生かした攻撃で、守り勝つ野球である」。おそらく高田監督は野手は足のある選手を中心に起用してくるだろう。盗塁数も昨年より大幅に増える。野手レギュラーの必須条件は足のはやさになる。新人やトレードで入団してきた選手を見ても野手に関しては足の速い選手ばかりである。なので既存の選手も含めてスワローズは足の速い選手で溢れている状況だ。スワローズ投手陣も若手の有望選手がとても多く在籍している。彼らは今期かならず1軍でのチャンスがあるので生かして欲しい。

 今期の浦添1軍キャンプ参加メンバーを見ると、新人、移籍、などで入団した選手が多く、若手中心のメンバーである。ベテランの画伯、遠藤さん、真中さん、度会さんは2軍キャンプでの参加である。また昨年1軍キャンプ参加の、松井君、伊藤君、上原君、衣川君、畠山君、梶本君、大原君、志田君、怪我組の川島君、石井君、河端君、ゴンザレス、丸山君も2軍参加になっている。新人、移籍組の1軍参加ではじきだされてしまった感じである。このキャンプで高田監督は1軍参加メンバーの実力をキャンプ中に丸裸にするつもりだろう。そこで、バンバン選手をふるいにかけ、2軍メンバーと入れ替えを行うつもりだと思われる。逆に1軍メンバーはこのキャンプで認めてもらわないと、今期の1軍の試合出場はないかもしれない。厳しい競争のキャンプになりそうだ。がんばれスワローズの選手諸君。

 私は毎年期待する若手選手を野手、投手それぞれ3人選んでいる。今年は以下の選手である。

投手 村中君、加藤君、高市君
(増渕君、松岡君はもう確実に今期活躍するだろうというこで入れていない、由規は来年以降に期待したい)

野手 鬼崎君、川端君、武内君

なんとか1本立ちして欲しい。

開く コメント(0)

開く トラックバック(2)

東京ヤクルトスワローズ

 北海道日本ハムとスワローズの間で3対3のトレードが成立しました。

 スワローズからは 藤井投手 坂本投手 三木内野手
 日ハムからは   川島外野手 押本投手 橋本投手
がそれぞれトレードされる。

 トレードがあると良くどちらの球団が得した損したなどと批評する方があるが、私はそれはシーズンが終わらないと分らないと思っている。いや、1年だけではなく、もっと長い目で見ないといけないだろう。そういう面では誰も現時点ではわからないのである。現時点でのトレードに対する批評は感情的な面に過ぎないと考えている。私は将来両球団にとって良いトレードだったと言える結果になることを望んでいる。それには選手はもちろんのこと、トレードを主導したフロント、監督、コーチの責任はより重い。ぜひ各選手が活躍できる状況を作っていただきたい。

 スワローズから日ハムへトレードされる選手へ惜別の言葉

 藤井君へ・・・最多勝を獲った2年目のシーズンは優勝も出来て最高でした。ここ数年は怪我もあり不       本意な成績がつづいていたけれど、心機一転がんばって復活して欲しい。なにせスワロー       ズの18番を背負っていたのだから実力はあるのだ。がんばれ藤井君。

 坂本君へ・・・昨季はイースタンでのセーブ王を獲った。その実力が求められてのトレードだろう。潜       在能力の高さにスワローズでは毎年期待していた。もっと1軍での活躍が見たかった選手       だ。日ハムでもう一皮むけて欲しい。がんばれ坂本君。

 三木君へ・・・足と守備のスペシャリストとしての存在感は厚かった。スワローズではゲームの終盤で       の出場が多かったが、日ハムではスイッチヒッターという特徴を生かして打撃も開花して       欲しい。足と守備は心配ない。がんばれ三木君

 皆スワローズの生え抜きの選手なので居なくなるのは寂しいかぎりである。だが、新天地に行くことにマイナス面は一つもない。環境が変われば今までより良い面も出てくるであろう。ぜひ日ハムで1軍の試合に出て、交流戦では対戦したいものだ。

 日ハムから来る、川島君、橋本君、押本君には大いに期待している。スワローズでがっばって欲しい。
 

開く コメント(0)

新年のご挨拶

東京ヤクルトスワローズ

 新年あけましておめでとうございます。

 本年もよろしくお願いいたします。

 スワローズは昨年リーグ最下位という不本意な成績に終わりました。またオフには主力選手が数人も退団をして来期が不安になった時期もありました。しかし、今年は監督も高田監督に代わり、また移籍入団や新人の新しい力が加わり新たなスワローズが見れることを嬉しく思っています。新生スワローズ元年です。どんな野球を見せてくれるか今から楽しみにしています。

 今年もスワローズを一生懸命応援いたします。

開く コメント(0)

東京ヤクルトスワローズ

 セスの讀賣入団が確定した。この1年間スワローズファンとしてセスを応援してきた身としてはとても寂しい。私の独断と偏見だがセスはスワローズのチームの水に合っていた選手だったのでより残念である。

 セスもルールに乗ってやっていることだし、プロの選手として出した彼の結論が讀賣入団であればそれはそれでいたしかたない。他球団を非難するものでもないし、ましてやヤクルト球団の責任でもない。私は彼の決断を尊重する。讀賣でがんばって欲しい。

 ただし、一久とセスの退団が確定し、ラミレスの退団もほぼ確定しているスワローズは来期に向けてきちんとしたビジョンを持ってチーム作りをしていかないと戦力がバラバラなチームになってしまう恐れがある。来期優勝するためには外国人助っ人や他球団からの選手の補強がやはり必要であることには間違いないチーム状況である。高田監督はスモールベースボールを目指し、足を使った機動力を売りとしたチームを考えているらしい。スワローズの選手を見ると足の速さに魅力のある選手が多いので、それは妥当な選択である。セスとラミレスという今期の投打の主軸が抜けてしまったというチーム状況を考えてみるとやはり投打の主力になるべき選手が必要であろう。それはエースと4番である。そしてそれはそんなに簡単に補強できるものではない。

 スワローズは打撃に関しては問題ないと言っている人もいるが私はそうは思わない。今の既存の選手の中で来期のクリーンナップの候補はひねり出して、ガイエル、リグス、ユウイチ、武内君、宮出君、青木君、畠山君くらいであろう。武内君、宮出君、畠山君、ユウイチもまだ実績が物足りない。6番、7番での出場がまだ合っているし守備位置の問題もある、皆守備位置が被る。青木君の3番は理想だが、1番バッターが出てこないと難しい。誉士の打撃での成長が待たれる。新人の鬼塚君にも期待したい。そうなるとやはりクリーンナップが1枚足らない。サードを守れクリーンナップが打てる選手が欲しい。

 問題は投手力である。先発、中継ぎ、抑え、どれをとっても足りない。スワローズには若手の良い投手が多く在籍しているとよく言われるが、まだ1軍で実績を残していない選手が多い、未知数なのだ。若手で言えば来期の活躍が来たいされるのが増渕君である。彼はおそらく来期大きな戦力となるであろう。先発陣は石川君、藤井君、増渕君、ゴンザレス、館山君が5本柱になるであろう。あと2枚欲しいところであるが、川島君の手術後の経過が気になるが彼は6月以降の復帰と見たほうが良いだろう。であれば、今年少し活躍した松岡君、あえて新人の加藤君といっとところか。そして高井君が先発復帰しそうなので高井君が入り込むかもしれない。高井君が先発で活躍できればかなり投手陣は楽になる、期待したい。その他若手で言えば高市君、村中君、丸山君、そして新人の由規と言った若手の活躍も期待したい。
 中継ぎとしては今年活躍した、花田君、鎌田君、吉川君、ベテランの遠藤君、画伯と右は居るのだが左がいない。左中継ぎ候補としては、佐藤君、新人の岡本君くらいであり、弱すぎる。先発組みの誰かを持ってくるのか、補強するかポイントである。出来れば石井君の早期の復活を望む。
 そして抑え。頼るのが故障明けの五十嵐君しかいない。石井君が復活すれば石井君もあるが・・・。新外国人で獲った林も使うとすればこの位置しかないであろう。使えればだが・・・一抹の不安はある。

 誤解のない様に書いておくが、スワローズは生え抜き選手中心でチームをつくっている。ここ30年以上それは変わっていない。それがスワローズの魅力でもある。私は若手が育ちながらームが強くなって行くのを見るのがなによりも楽しい。助っ人補強在り気ではない。ただ勝つチームを目指さなければ若手も成長しない。毎年優勝争いをしてこそ若手が育つのである。生え抜き選手中心の中にチームの弱点部分には助っ人は必要である。1軍の実力もまだない若手選手が1軍の試合に出るのは地獄である。若手が成長すれば弱点ではなくなるのだ。なんにしても来期のスワローズは若手の活躍の場が増えることには間違いない。がんばれヤングスワローズ。

 

 

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事