スワローズ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ラミレス退団。

東京ヤクルトスワローズ

 ラミレスの退団が確定になった。真に持って残念である。戦力としては来期も必要な選手であるのは間違いない。だが、来期の契約内容で球団との折り合いがつかず。本当に残念である。

 ラミレスもプロの野球選手である。彼の決断には敬意を表し尊重したい。おそらく日本のスワローズ以外の他球団に入団するものと思われるが、セでもパでも入団した球団での活躍を願っている。

 球団フロントの決断はどうだろう?球団を経営するという使命があまりに優先されすぎていないか。経営ばかりが優先されてしまうとチームは間違いなく弱くなる。フロントがチームを強くしようと思わない限りチームは強くならない。これは断言できる。ファンがあってのチームであり、球団の収入である。ラミレスの退団でスワローズファンはショックを受けている。おそらく「球団フロントは何をやっているんだ」という声が上がってくるだろう。企業である以上経営が大事だ。しかし、球団の人気者の選手を手放して収入の面で落ちるということは考えないのだろうか?経営はバランスである。収入と支出のバランスである。収入が減れば支出を減らすしかない。支出を減らすならば、経費の削減をしなければならない。経費の中で一番占有が高いのが人件費である、その理屈は当たり前だ。しかし、収入を増やす努力はしたのだろうか?今期最下位では努力したことにはならない。最下位は現場だけの責任か?ラミレスとの交渉過程において事前に下交渉をしたのだろうか?していない。おそらく球団フロントはラミレスに関して金銭面での妥協案を事前交渉していない。何も交渉しない段階でラミレスは帰国してしまったのだ。金がない、ことが分りきっているなら、ないなりに努力を早期にしなければいけないのではないか?他の選手と同じように扱っていては見限られるだけである。代理人が間に入っているので気持が直接伝わらないことがあつだろうが、シーズン中は本人と話せるチャンスはいくらでもあるはずだ。球団がラミレスに気を使っていれば同じ条件でも結果は変わっていたのではないだろうか?このままでは来期も減収減益だろう。金をやみくもに使えという意味で言っているのではない。使うべきところを把握して節約しろと言っているのである。ラミレスは契約内容ではなく、そんな球団を見限ったのである。

 そして、一久もしかりである。一久はまだ正確な結論が決まっていないが退団濃厚らしい。

 このままでは、来期の戦力がガタ落ちである。また最下位なのか。私はスワローズファンとして毎年優勝を願っている。優勝は3年先で良いなんて思っていない。今できないことは、未来もできない。ラミレス、一久が抜けたチーム力では到底他のチームに敵わない。今の戦力では来期も最下位である。若手はがんばっているが、あまりまだ1軍とのレベルに差がある。当然試合に出て成長して欲しいがゆっくり待っている時間はない。いや、待っているようじゃダメなのである。実力なんてそう簡単につくものではない。

 ラミレスの退団は球団フロントの怠慢である。

開く コメント(0)

東京ヤクルトスワローズ

 11月5日〜11月11日まで松山のスワローズ秋季キャンプを見学してきた。新生高田ヤクルトがどういうチーム作りを行うのかとても興味がある。

 キャンプの内容は全体練習では、実践的な練習が多かった。今回の秋季キャンプメンバーは、ほとんどが1軍のボーダーラインの若手ばかりなので、高田監督も実践的な練習をさせて、各選手の能力の身ぐるみを剥がしている様にさえ見えた。そういう面ではしたたかである。午後は、野手は個人の練習に充て、特打、特守、ウエイトトレーニング等で個人技の上達に充てていた。

 投手陣も午前中の全体練習には全員が参加していた。全体練習に参加後、選手ごとにブルペンでの投球を行う。日によって投球数は違う。投球数は自己申告。自分が納得できるまで投げ込んでいた。荒木コーチは、高井君、増渕君、上原君、高市君へは、腕を大きく振ることを指導していた。投手陣の中では石川君、高井君、伊藤君、増渕君の投球が冴えていたようだ。高市君、上原君はフォームのバラツキがあり、荒木コーチから指導を受けていた。佐藤賢君は投球フォーム改造中。第一クールでは午後、日ごとに4名の投手が荒木、伊藤コーチから第二球場で猛ノックの嵐を受けていた。

 野手陣では、このキャンプのキャプテンには福川君が指名されたようだ。練習も福川君の「元気だしていこう」の掛け声から始まり、自ら率先して大きな声で練習をしていた。打撃練習で大きな当たりを飛ばしていたのが宮出君。来期はHR20本は打って欲しい。その他では、福川君、牧谷君がいい当たを打っていた。若手では、上田君のセンスに良いシャープなバッティングが目に付いた。

 守備では、宮出君はこのキャンプではライトかレフトに入っていて、たまに内野ノックも受けていたが、ファーストには畠山君、ユウイチ君、武内君が入り、サードには野口君、梶本君、大原君、飯原君が交代で入っていた。内野手で安心して見ていられるのは浩康だけである。他の選手はまだまだ練習が必要だ。

 高田監督は練習中終始、グランドかブルペンで選手を見ている。第二クールからは、練習中にコーチと話し合うケースも目だってきた。動きは多くないが、とにかく選手を観察しるようだ。

 期間中トライアウトにて入団が内定した、元日ハムの萩原投手、元讀賣の斉藤選手がキャンプに参加してきた。まだ背番号はないユニフォームでの参加だ。萩原君はベテランらしく速球から変化球まで多彩なピッチングの印象だ。ブルペンでは福川捕手と球種やサインの打ち合わせを行っていた。そして、斉藤君が練習では良い内容だった。宮出君に負けずに大きな当たりを飛ばしていて期待が持てる選手だ。

 全体的に見て、私の感想は、各選手がまだまだどんぐりの背比べ状態で抜きん出ている選手が少ない印象だ。秋季キャンプの参加メンバーがそういった選手が多いということもあるが、浩康、宮出君、斉藤君、石川君、増渕君は実力は1軍メンバーかなと思うが他の選手は物足りない。打撃では先にも記したが宮出君、斉藤君には長打力があるが、他の選手にはない。非力である。このメンバーでは、ヒットを重ねて点を取るしかない。スワローズファンの中には助っ人不要論などを言う方もいるが、それでは点は取れないだろう。やはり、今のメンバーでは強力な助っ人外人は必要である。内野もはっきり言ってザルだ。当分試合でのエラーは減らないだろう。投手陣の方がまだ希望が持てる。私も大のスワローズファンの一人なので贔屓目には見たいのだが、贔屓目に見てもまだまだ前途多難である。しかも、来期の主要メンバーもまだ決まっていない状態なのでより不安である。監督、コーチにはこの秋季キャンプで、少しでも若手の底上げを期待したい。

 がんばれスワローズ。




 

 

開く コメント(0)

松山

東京ヤクルトスワローズ

 今日から1週間、愛媛県松山市にスワローズの秋季キャンプを見学に行ってきます。また、ご報告いたします。

開く コメント(0)

東京ヤクルトスワローズ

 高田新監督に引き続き、二人のコーチの新任が決まった。前2軍監督の小川淳司氏が1軍のヘッドコーチに就任だ。小川氏は9年間スワローズの2軍監督をしている逸材だ。小川氏の1軍ヘッドコーチ就任はとても良い人事であると思っている。高田監督が言っていた「新戦力を育てながら勝つ。新しい力で大きく変えたい」という考え方に則した人事である。

 小川氏ならば2軍の若手にも精通しており、高田監督に良いアドバイスを与えることが出来るであろう。小川氏はスワローズの生え抜きといってよい存在である。現役時代の最後の年に日ハムへトレードされたが、その後コーチとしてスワローズに復帰し現在に至っている。いい意味でスワローズというチームに対してもいい面、悪い面も知っている人材である。小川ヘッドコーチに大いに期待したい。

 そして、荒木大輔が帰ってきた。前西武投手コーチの荒木氏がスワローズの投手コーチに就任した。スワローズOBの復帰である。現役時代の人気はものすごいもので初代大輔ブームの立役者である。なぜかOBが復帰してくるのは嬉しいものである。投手コーチとしての資質はまだ未知数なのが現状だ。スワローズという現役時代に在籍していたチームなので、大きな顔をして遠慮なく物事を進めて欲しい。

 高田監督はコーチの人事面は球団に任せていると聞く。自分の腹心を連つれてくる気はないらしい。元野村監督も同じスタンスであったと思う。まだ、コーチ陣の配置が確定していないが、人事の配置転換はあっても大幅な入れ替えはなさそうである。しかし、今度の2軍監督は誰がやるのであろう。年齢的に言えば、角コーチ、八重樫コーチが有力か?はたまた意外な人事になるか?気になるところである。

開く コメント(0)

高田監督就任!

東京ヤクルトスワローズ

 高田新監督就任の正式発表があった。3年契約の長期政権だ。監督としての手腕は85年から4年間日ハムの監督をされているが優勝はしていない。ただ、プロ野球界での経験は豊富な方である。62歳ということで、還暦を過ぎた監督ではあるが豊富な経験を生かし今のスワローズの選手の特性にあったチーム作りをして欲しい。元野村監督が「1年目に種を蒔き、2年目に水をやり、3年目に花を咲かせる」と言った名言があるが、今シーズン屈辱の最下位となったチームなので、たとえ来期5位でも昨年よりよかったと言われる状況にある、久しぶりの監督業ではあるが、その分やりやすい環境にあると思う。高田新監督もプロ野球で監督が出来るのは最後のチャンスと言っている。本人の胸に期するものは相当熱いものがあるだろう。そう言った意味でも、高田新監督には大いに期待している。スワローズをよろしくお願いいたします。

 以下新聞記事より、ーー高田監督に対する質問、「」高田新監督の返答の内容、・・・についての私の意見。

ーーヤクルトについて

「このままBクラスでいいのか、優勝を争えるチームにするか。来年が大切。責任は重いと思っている」

・・・その通りである。現有戦力でも最下位になるチームではない。今期は歯車が合わなかったが、その調整をするだけでも、Aクラスは最低狙えると思っている。監督の手腕に期待している。

ーー現場復帰に不安は

「新しいことをするのに不安のない人はいない。でも監督は経験している。体力、年齢的にも最後のチャンス。現場に出るのが待ち遠しい。」

・・・私も待ち遠しい。

ーー目指す野球は

「投手力を中心とした守り、足をからめた機動力の野球を考えているが、やるのは選手。開幕まで時間はある。選手をじっくり見たい。秋季キャンプでは選手の力量をつかみたい」

・・・打力中心の古田野球とは正反対の野球。機動力はあるチームだが、投手力と守りは課題が多い。高田新監督の力量に期待したい。

ーー高田ヤクルトのテーマは

「ハッスルプレー。高校野球が感動を与えるのは必死だから。プレーボールからゲームセットまで全力でやる」

・・・「ハッスルプレー」は、ちと昭和の香りがする言葉かなと。

ーー戦力の補強は

「FA選手などの獲得は難しい。時間はかかるがドラフトなどで獲った良い素材を自前で育てていけば基礎は出来る」

・・・その通りである。ファンは選手が成長していく姿を見るのが嬉しくて仕方がない。そういう選手が活躍することがチームの魅力になる。今在籍している若手を育てて欲しい。

ーー期待する選手は

「全部に期待するが、しいてあげれば日ハムのGM時代にほれた増渕。一緒に仕事をするのが楽しみだ」

・・・増渕以外にも素材の良い選手はたくさんいる。各選手の特性を生かして欲しい。

ーー佐藤由も入団する

「あれだけの球を投げる選手。故障さえなければ1年目から十分に戦力になる」

・・・慌てずにじっくり育てて欲しい。来期は2軍でも良い。まずはプロで活躍出来る体づくりから。

ーー目標は

「3位でいいという監督はいない。優勝を目指して頑張る」

・・・当然である。任期中に優勝して欲しい。

以上。がんばれ高田ヤクルト。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事