スワローズ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

高津戦力外に思う

ヤクルトスワローズ

 高津さんが10月10日に戦力外通告を受けた。今シーズンは25試合登板0勝5敗13S 防御率6.17 という期待を裏切った成績だ。今シーズンは打ちこまれる場面を何度も見た。アップアップの投球内容だった。やはり長く高津さんを見てきた身としては「衰え」をどうしても感じる。高津さんは38歳。シーズン中に幾度か感じた「限界説」。確かにもう往年の力は残っていないように見える。急な戦力外通告と新聞紙上では書いているが、ファンが見ても明らかに実力が落ちてきているのが見えているので、本人も頭の片隅には考えていたことだと思う。

 15年間スワローズの守護神としてリーグ優勝5度、日本一4度と導いてくれた功労者には間違いない。最終マウンドにはいつも高津さんの姿があった。優勝の瞬間はいつも古田さんと抱き合っている姿があった。本当に頼もしい抑えのエースだった。途中不振のシーズンもあったが復活した。2年間大リーグにも在籍した。日本記録286セーブを持つ男。

 この件に関して球団フロントへの批判が相次いでいる。高津さんに対しての配慮が足らないとのことだ。私は戦力外通告は仕方がないと思っている。確かにチームの若返りを図る時期にも来ている。ただし、球団フロントに対してはもっと配慮するやり方があっただろうにと感じている。せめてシーズン終盤に戦力外通告は出来なかったものか。今シーズンの契約も球団と高津さんは揉めていた。キャンプ寸前まで契約していなかった。金銭的に球団が譲歩しなかったのだ。契約しないとキャンプに参加できないので高津さんもしぶしぶ契約した。そのシコリが残っていたのか。高津さんは成績も人気もあり、ファンに対する貢献度は古田さん並に高いはずだ。高津さんはスワローズファンに対して退団の挨拶も出来ないで退団となってしまった。これからでも良いので、せめてファンに対して挨拶する機会を設けてあげるべきだ。球団フロントに一考していただきたい。

 高津さんは現役を続行することを希望しているようだ。それならば必ず興味を持ってくれる球団があるはずである。もし、相手チームとして高津さんが登板することがあるならば、スワローズファンは惜しみない拍手と声援を高津さんへ送るだろう。

 

 

開く コメント(0)

21年ぶりの最下位。

ヤクルトスワローズ

 21年ぶりの最下位。前回の最下位からそんなになるのか。この21年間はスワローズファンとして、良い気分で過ごせたことが多かった21年間だったと思う。

 今期の成績 試合数 144
       勝数   60
       負数   84
       勝率 .417  6位
       打率 .269  2位
       本塁打 139  2位
       得点  596  3位
       失点  623  4位
       防御率4.07  5位

 以上の結果に終わりました。

 上記の数字を見るまでもなく、投手力が弱く打線は良かったが投手力の弱さをカバー出来なかった。結果最下位である。しかし、失点、防御率とも数字は悪いが最下位ではない。なのに順位は最下位である。数字から見るとこれはおかしい。では、なぜ最下位になってしまったのか?以下私見を述べたい。

 今期の試合では悔しい思いを何度もした。投手は抑えているのに打線が打てない、打線が得点しているのに投手が打たれる。試合のなかで、投手と打者のバランスがまったく取れていなかったのだ。投手力、打撃力が良い悪いではない。チームとして勝つための戦術が出来ていなかった。勝つためには『ここを抑えろ』『ここで打て』という、場面でことごとく失敗した。『中継ぎが打たれた』『ここ1本が出なかった』、よく試合後に聞く言葉である。上位のチームは『ここを抑えろ』という場面では中継ぎ、抑えのエースが抑えていた。『ここで打て』の場面では、タイムリーが出ていたのである。その成功の差が順位に現れている。

 こうなるとチームとしてのあり方、戦い方の問題になる。これは明らかに監督の責任である。監督がどういうチームつくりを目指していたか?が多いに疑問に思える。

 私は古田PMは選手の時代から応援している。スワローズに多大なる貢献をしてくれて選手であると思っている。それは、このブログの中でも何度も書いてきた。私の応援スタイルについてもこのブログで書いている。簡単に言えば、応援するに当たって監督の戦術や選手の使い方に対しては監督を信頼し批判はしない、というスタンスである。詳細は7月2日のブログを参照していただきたい。ただし今シーズンの成績や数字を分析していくと、どうしても監督の戦術にたどりついてしまう。私自身は批判ではなく事実を分析しているだけだと考えているが、見る人によれば批判だと受け取られるかもしれない。だがそう思われるのは本意ではないので、断っておきたい。ではつづきを以下に書く。

 古田監督の目指したチームは、私が思うに大リーグでのチームづくりである。(確かに大リーグ帰りの選手も数人いた)でから、チームワークで勝つ野球ではなく、個人の力で勝つ野球になってしまった。決っしてチームワークを無視していたわけではないだろうが、実力がない選手にまで、実力のある選手と同じようなピッチング、打撃をさせてしまったのだ。投手力が弱いのはシーズン当初から分っていたことだ。その対策として打ち勝つ野球を目指していたのだろうが、打ち勝てなかった。結果として打撃面ではチームの成績として悪くない。でも、チームとして勝てないチームになってしまった。当番する投手が皆実力があれば良い、打線も皆3割打てるなら良い、しかしそうではない。未知数な若手が多く、その若手を当てにしなければチームが組めない非力なチームなのだ。なのに細かい指示が出ていただろうか。ケースバイケースでのランナーを進ませるバッテング、打者への攻め方など。ベテランや先発経験の多い選手なら分ることも、若手選手にはコーチや監督が教えてやらなけらば失敗するだけである。まずは経験させるという面ではいいかも知れないが、勝ち負けを争っている試合の中で、勝つためにはスキは見せてはならないのだ。元野村監督はミーティングの中で、その指導を徹底して行っていた。だから当時のスワローズは強かったのだ。選手個人の力で優勝してきたわけではない。野村監督がスワローズ監督を辞してから、チームは反野村体制になり、2001年は野村野球プラスαで優勝した。その後、ますます野村色は消えαだけになってしまい優勝できなくなった。その挙句の果てが今期の最下位にも繋がっていると考えている。

 古田監督辞任はスワローズファンにとって心情的に辛いことである。だが、今のチームに必要なチームとしての野球が目指せなかった事実は監督の責任問題に当たる。おそらく、来年も古田監督であったなら優勝は出来ないであろう。敢えて言うが、古田監督辞任は当然である。だが、古田監督の放任主義が悪い面ばかりではない。若手の新しい力が自由に力を発揮しプロ世界に慣れたことは今後において財産になる。青木、浩康、誉志、武内、畠山、ユウイチ、川本、高井、増渕・・・彼らが本当の実力を出せるのは、もう言う監督の下で苦労したときだろう。そのときは苦しいだろうが、勝利の美酒に酔えるだろう。

 古田PM辞任・退団で新しいスワローズの時代の始まりである。これからは若手の皆がチームを引っ張る時代になる。新生スワローズに栄光あれ。

開く コメント(0)

古田PM引退試合

東京ヤクルト3−6広島(神宮)。負け。
最下位転落。残り2試合勝つしかない。

 先発の石川君が初回に連打で3失点。これが最後まで尾を引いてしまった。広島の長谷川投手の速球が打てず完敗。これでまた最下位に転落してしまった。残り2試合ともに勝って5位である。厳しい状況だ。しかし、勝つしかない。

【古田PM引退試合】
 CS放送で見ていた。こんなにスワローズファンが多くつめかけた神宮球場を見るのは久しぶりだ。おそらく2001年の優勝時以来であろう。解説は前監督の若松さんと現スカウトの岡林さん。岡林さんと言えば1992年のリーグ優勝の立役者だ。特に負けはしたが西武との日本シリーズで古田PMとバッテリーを組んでの熱投は今でも忘れられない。球史に残る名勝負の日本シリーズだった。

 スタンドには池山さんと岩村君がいた。放送席に来て若松さんへ挨拶をしていた。その場面を放映していたが、スワローズファンにはたまらない。歴代の背番号【1】が勢ぞろいしたのだ。こんな場面を一瞬でも放映してくれるなんてCS放送もなかなかやるもんだ。

 8回裏の古田PM現役最後の打席で、広島の投手は今期で同じく引退する佐々岡さんに変わった。盛り上げてくれるねブラウン監督。神宮球場の盛り上がり大変なものだった。スワローズファンからも佐々岡コールが起こる。先回の広島球場で古田PMがあたたかい広島ファンの声援を受けたことに対する恩返しだ。胸にジーンと来るものがある。

 8回表は一久が登板。師弟関係の一久の球を古田PMが受ける。9回表には高津さんが登板。高津さんと古田PMとの黄金バッテリー最後の雄姿である。このバッテリーでいくつのピンチをしのぎ、いくつの勝ちをもぎ取ったか。もう見られないと思うと涙が出てきた。解説の若松さんも2001年の優勝時の黄金バッテリーだけに胸に迫るものがあったのだろう。解説の言葉が涙で出てこない。若松さんて本当に良い人だな。

 結局古田PMは4打数0安打に終わった。残念だが勝負なので仕方ない。それよりもキャッチャー古田を見れたことが嬉しい。古田PMはキャッチャーが似合う。レガースをつけマスクをかぶった姿がよく似合う。キャッチングもやわらかい。投手のを受けている姿は少しも変わらない。

 やっぱりキャッチャー古田はかっこいいぜ。

祝訪問者1000名突破!ご訪問ありがとうございます。つたない文章ですが今後も訪問してください。・・・作者


PS:作者所用のため10月8日、9日、10日、11日はブログの新規投稿は休みます。スワローズ最終戦もありますがご容赦下さい。次回は10月12日に更新します。

開く コメント(2)

ポスト宮本。

東京ヤクルト1−8中日。負け。
負け 松井 1勝3敗
いいところなし。完敗。

 先発は松井君。初回3失点。これではダメだ。松井君は今期良いイメージがないまま終わってしまった。松井君は今正念場である。新しい球種なり、ピッチングフォームを変えるなりの手を打たないと、ッ来期は戦力外通告を受ける可能性もある。松井君は先発がいいのか、中継ぎがいいのか、抑えががいいのかわからない。球のキレは悪くないので惜しい。がんば松井君。

 打線も元気がなくあわや2試合連続完封負け寸前の完敗。安打は9本売っているがつながらず。目標のあるチームとないチームの差だろう。中日に対して7勝17敗。負けに負けた。来期は借りを返そうぜ。

【ポスト宮本】
 今期の成績を見るとまだまだレギュラーの座は落ちないだろう。スワローズに必要な選手である。しかし、目に見えて体のバネはなくなってきているのは事実である。やはり、シュートの次の世代が出てきて欲しい。スワローズのショートは歴代名手が揃っている。6水谷さんをはじめとして、39渋井さん、1池山さん、そして6宮本会長・・・。来期は若手の頭角を期待している。

 城石君は、来期も同じような使われ方えをするだろう。守備は内野ならどこでも出来て重宝する選手である。しかし、バッティングが信頼性がない。若いころよりだいぶよくなっているが、まだ控え選手の域を出ない。年齢も34歳。もうベテランだ。

 若手の期待株の筆頭は川端君。ただし、まだまだファームでの実績が必要である。来期もファームでの出場になるだろう。慌てることはない。近い将来彼がショートを守ることになるだろう。しかし、彼の前にもう1人必要。素質は、守備、バッティングともAクラスだ。

 梶本君。大原君。野口君。来期はこの3人に期待しるしかない。皆どんぐりの背比べでもう一息だ。梶本君はスイッチヒッターとして器用な面を見せている。ただし、まだ1軍の投手についてこれていない。足が速いスイッチヒッターの利点を生かすことが必要。1番、2番バッターとして成長して欲しい。大原君は大型内野手だ。力のある長打力に期待している。まだ1軍投手についてこれていなし。しかし、慣れれば化ける可能性あり。以外にリードしている選手である。野口君は私と同郷なのでひそかに応援しているのだが。そろそろ頭角を現さないと来期は戦力外になる可能性もある。怪我に泣かされているが、今期は2軍でがんばった。手術した右肩が心配だ。打撃でがんばれ。

 新戦力でシュートを守れる内野手を獲る可能性もある。ポスト宮本はまだまだ混戦模様だ。

 

開く コメント(0)

ポスト古田。

東京ヤクルト0−5横浜(神宮)。負け。
負け 川島 4勝3敗
寺原に完封許す。川島制球甘く3敗目。

 今年は寺原君にいい様にやられた。今日も完封された。2安打しか打てず。スワローズの強力打線を抑えたのだから寺原君もたいしたものだ。基本的に外に逃げる落ちるスライダーに弱い打線である。今日も152キロのストレートとスライダーにやられた。今日のピッチングには余裕さえあった。ここまでバカにされると逆に闘志が沸いてくる。来年はこんな風にはいかない。見返しやるぞ。まってろ寺原君。

 先発の川島君は相変わらず制球が甘く、高めに浮いた球を打たれていた。なんとか抑えていたが6回に吉村君に打たれた3ランHRが効いた。もう一度ストレートのスピードと威力を取り戻し来期は右のエースとして活躍しることを期待している。がんばれ川島君。

【ポスト古田】 
 ポスト古田といえば現状は川本君が1歩リードしている。キャッチング、内角や高めを上手く使うリード、肩の強さなど比較したら今は川本君だろう。1塁への牽制などは往年の古田さんを思い出させる。しかし、監督が変われば選手の起用法も変わる。まだまだ控えに回っている捕手にもチャンスはあるのだ。川本君も安穏としてられない。

 福川君は慎重なリードが売りだ。しかし、思い切りの良いバッティングも確実性がなければもうセールスポイントではない。今年前半は正捕手だっただけに、川本君にレギュラーを奪われた観があるが、まだまだ31歳老け込む歳ではない。私個人的には福川捕手はずっと期待していた選手なので、今年ブレイクしたことは嬉しいが、成績的には不満足である。バッティングに確実性が加われば来年もっと活躍出来ると思う。また、キャッチャーとして盗塁阻止率が悪いのが気になる。決して肩が弱いわけではないのでスローイングの改善が望まれる。

 米野君。開幕こそ1軍だったが中盤以降は2軍での生活になってしまった。昨年の活躍が偲ばれる。何が足りないのか。まずは気持である。1軍に残りたい、ヒットを打ちたいという気持がもっと前面に出て良いと思う。いや出さなければダメダ。米野ファンはスワローズには多い。決して川本君や福川君に実力的に負けているわけではない。米野君は1軍が似合うと思う。なんとかしがみついても1軍に残って欲しい。がんばれ米野君。

 今年入団の衣川君は、キャンプでは1軍の浦添の参加出来たが、2軍でプロ経験を積んだ1年になった。きっと来年は頭角を現すだろう。川本君が25歳、米野君も25歳。衣川君は26歳。同年代の良いライバルである。以外にダークホース的な存在である。

 水野君はまず2軍の正捕手になること。今年もだいぶ捕手として2軍の試合に出ている。3年後、5年後が楽しみな選手である。小野君は生き残る道は来期も代打しかないだろう。

 ある意味楽しみなポスト古田争いである。まだまだ川本君に決まったわけではない。皆で競争して欲しい。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事