熟年男の自己満足 ライダーブログ Spirit of Munro

昨年まで「S500のカスタムブログ」をしておりましたmunroです。

全体表示

[ リスト ]

フロントフォークにスラストベアリングを入れて約1か月半が経ちました。
イメージ 1

そろそろ自分なりに、フォークスプリング リテーナーの効果について考えがまとまってきましたので記事にさせていただきたいと思います。



まず、このスラストベアリングは、ポン付けパーツではなくチューニングパーツである・・・私的素人見解です。

スラストベアリングは(フォークスプリング リテーナー)レーシングキャブレタのようにセッティングしながら完成度を高めていく必要があると思います。




今回、フォークスプリング リテーナー化することで以下のような経験をしました・・・

さいかちさんのブログを読んで、これだ!と思い、スラストベアリングをポン付けしたら、これまで感じたことのないフォークの伸縮のスムーズさに驚き、可能性を感じました。

ただ、ベアリングの厚み分、プリロードがかかるのでフロントフォークに張りを感じました。

ポン付ではプリロードがかかりすぎてる・・・(まんろー号のフォークスプリングはハイパープロです)


適正なサグ出し(1Gでの沈み込み)をするため、思いきってスプリングをカットしました。
イメージ 2


これが当たりました!

くう〜〜

乗り心地が向上しました!

そして曲がるのメッチャ楽しい〜〜(^_^)

ボアエースのフォークアシストを装着した時と、同等かそれ以上の効果を感じました。


劇的です。


スラストベアリングを組み込むことでスプリングの動きが良くなったとはいえ、基本のプリロードの適正化は必要だと思います。

その後もフォークオイルのオイル量の適正化を探りました。

当初は、#5の粘度で190cc・・・少し減らして170cc・・・減らしすぎたかな?・・・今は180ccで落ち着いてます。

今後は、更に低い粘度のオイルを試してみようと思っています。



スラストベアリングは、ポン付けではないけれど、ノーマルキャブレタからレーシングキャブレタに変えたときのような走りの変化と感動を与えてくれました。


スプリングは本来、回転しながら伸び縮みします。

それが、スプリングの上下を固定されるので、回転できずに伸び縮みする際の抵抗となります。

その抵抗はスプリングのたわみとなって現れます。


リヤショックを観察するとわかりやすいです。
イメージ 3

スプリング長は、フロントフォークよりもかなり短いですが、スプリングが縮む際にたわんでシリンダーボディーに接触して擦り傷を付けています。




ちなみに私のWPは、接触の傷が付かないようにカバーを付けています。
イメージ 4





フロントフォークのスプリングよりも、短いリヤショックのスプリングが、縮む際にたわんでシリンダーボディーに接触するなら、更に長く巻きの多いフォークスプリングでは、縮む際に、より大きくたわみが発生してインナーフォークと干渉することが推測されます。
イメージ 5

スプリングが縮む際に、回転しようとするのを抑える抵抗と、たわみによるインナーフォークとの干渉・・・

二つの抵抗が、スラストベアリングを組み込むことで解消されて、スムーズかつたわむことなくスプリングが伸縮します。



スラストベアリングを組み込むと、フォークの動きがとてもよくなったと感じます。



ただ、前記の通り、本当の実力を引き出すためには、ある程度セッティングしてやる必要があると思います。



その意味では、スラストベアリングとボアエースのフォークアシストのマッチングは素晴らしいと思います。
イメージ 6

フォークの動きが良くなった分、スプリングの伸縮反動を抑制する減衰力を高めたい・・・

スラストベアリングの効果で、フロントフォークが上下によく動きます。

それをフォークアシストの効果でボヨンボヨンすることなくスッとおさまります。

良く動いてスッとおさまる・・・理想的な動きをしてくれます。

スラストベアリングを装着されるなら、ぜひフォークアシストとの併用をオススメします。




なんども試走しました。
イメージ 7





全てのシーンでフォークがスムーズに動いてることを実感できました。

なかでも特に感じたのが、コーナーでの侵入時です。
イメージ 8

フォークがスムーズに沈んでスイ〜っと倒し込めます。

私だけでなく、複数の装着者が同様感想をされてます。







コーナーリング中で、ブレーキングしながらライン修正も容易です。
イメージ 9

おそらくフォークが沈んだ状態でもツッパリ感がなくて動きがスムーズだからだと思います。

乗りやすくて安全性も向上しました。



設計が古くて、スペック的には現代のバイクに足元にも及ばないSRですが、楽しさでは負けてません。
イメージ 10

今回のカスタムで、それを今回改めて実感しました。

少しのカスタムでも、大きな変化、感動が得られる!貴重な人間的バイク・・・

それが長く愛され続けるSRのひとつの本質かもしれません。



ボアエースには、私が装着しているボールベアリングではなく、薄くて(厚み4ミリ!)強度の高いころ軸受けのスラストベアリングがありました。
イメージ 11

気になる方は問い合わせしてみてください。(^_^)

閉じる コメント(10)

顔アイコン

その後、私も実践させてもらいましてフォークのストローク量の増加には驚きました!
またまた理解しやすいインプレで本当に参考になります!

ところで、WPのカバーって部品で出るものなんですか???

2012/6/7(木) 午前 0:03 [ ニシ ]

顔アイコン

ほ〜フロントスプリングの上にベアリングをかましてスプリングの捻じれ防止って事ですか!!なかなか面白いアイデアですね〜その場合スプリングは外に膨れて伸縮から逃げる形になるのでは無いかと考えてしまうのは考えすぎでしょうか〜でも面白そうだな〜〜!!

2012/6/7(木) 午後 6:04 [ きりり ]

やっぱり良いんですね〜^^

munroさんと同じボールタイプのがたまたま職場の倉庫に眠ってたので試してみようと思いつつ、ちゃんとやるならスプリングカットもしないと…と思うと勇気が無くて手を付けれてません(汗)ww
薄いころタイプならそのままでもいけるのですかねぇ…
まぁどちらにしろ必ずやると思いますが♪ww
楽しみです^^

2012/6/7(木) 午後 6:33 [ マッチャン ]

顔アイコン

厚さ4mmの入れてます。
まったく同感です。なんか自分が上手くなったのかと錯覚してしまいます。これはガゼン、アシスト入れたくなりました。

2012/6/7(木) 午後 9:18 [ takenoko ]

顔アイコン

解りやすい解説に引き込まれてしましました。
効能については、共通ですね。
スプリングは違ってもスムーズな動きは同様に得られるようですし・・・
おかげでもっとレートの高いスプリングが欲しくなって来ましたよ。

2012/6/7(木) 午後 11:27 ライブドアに引越し、自己紹介見て

顔アイコン

ニシさん
ニシさんもされたんですね。
これビックリパーツですよね。(^_^
WPのカバーは、ナイトロンのです。
単体で取り寄せられるようです。

2012/6/8(金) 午後 7:59 [ munro ]

顔アイコン

きりりさん
スプリングは外に膨れて伸縮から逃げる形・・・程度はわかりませんがそうかもしれません。
ただ、それは抵抗ではなくて自然の動きですよね。
このスラストベアリング装着したら、初めはそのスムーズさに違和感さえ覚えました。

2012/6/8(金) 午後 8:04 [ munro ]

顔アイコン

マッチャンさん
ボールベアリング倉庫にあるんですか!
羨ましい!(^_^;)
恐らくそのままではプリロードが気になるかもです。
ボアエースの薄型ベアリングも安価なので試してみるのもいいかも・・・と思います。

2012/6/8(金) 午後 8:10 [ munro ]

顔アイコン

takenokoさん
そうなんですか〜
アシストとのコラボオススメします〜(^_^)

2012/6/8(金) 午後 8:12 [ munro ]

顔アイコン

さいかちさん
今回は本当に良い情報をありがとうございました!
リヤショックとの兼ね合いもあるのですが、スプリングはノーマルでフォークアシストを装着するのもいいかも・・・と思います。

2012/6/8(金) 午後 8:14 [ munro ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事