全体表示

[ リスト ]


西日暮里駅から無人運転の日暮里舎人ライナーに乗り換えて約25分
舎人(とねり)駅で降りる。
イメージ 4

駅前は東京23区内とは思えない、のんびりとした雰囲気。
23区内にこんな場所あるのか。
イメージ 5


舎人駅から歩いて5分。色彩のギャラリーに着く。
イメージ 8


岩崎和音によるサントゥールの演奏。イラン伝統音楽会。
サントゥールはヨーロッパのダルシマーや中国の楊琴の元になったと
いう中東の楽器。日本にも伝来していたが普及しなかったようだ。
名古屋?の博物館に展示してあるらしい。
イメージ 1

水平に張った弦を小さなバチで叩いて音を出す。
これは休憩時間の調律中の写真。鉄の弦と真鍮の弦が交互に張られて
いるので色が違う。
イメージ 3

イメージ 9


音階も西洋の音階とは違っていて、ドレミファソラシドと叩いてい
くと、ひとつだけズレたような音が入っている。それが面白く聞こ
える。3曲演奏されたが、どれも即興演奏で、それぞれ旋法が違う。

1.シュール旋法(Shour Mode)による即興演奏
2.バヤーテ・トルク旋法(Bayat-e Tork Mode)による即興演奏
3.マーフール旋法(Mahoor Mode)による即興演奏

2曲目はビーーンと低音を伸ばしておいて、そのあいだに高音の
メロディーを素早く弾く感じ。
3曲目は夢の楽園のような曲。

中東というと、酷暑、砂漠、乾燥、というイメージが強かったのだが
どうやらそうでもないらしい。場所や季節によっては東京と同じくら
いの温度。イランの北部はカスピ海に面している。

1階ではお茶が飲める。演奏会は2階で。
イメージ 2


イメージ 10


色彩のギャラリーでは普段はペルシャ絨毯(ギャッベ)を売っているよ
だ。一般的なペルシャ絨毯のイメージとはちょっと違うようだが。
ギャッベは商用ではなく自家用の粗いジュータンのことらしい。
演奏会はこのジュータンの上に座って聴いた。フワフワだがサラッと
していて湿気の多い日本の気候にも合うのかもしれない。
イメージ 6



イメージ 7


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事