過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

むかしのフォステクスのフルレンジは、メーカー製スピーカーと比べてキレが良く
音離れが良く、情報量も多かったが、キツイ音もけっこう出した。このキツイ音を
嫌って「フルレンジはダメ」 とか「自作ではダメ」 と思っていた人は多かったん
じゃないか?。たしかに長岡式のスピーカーなどもそうだったが、中高音がきつく
なることが多く、普通のジャズやクラシックのソフトは聴けないものが多かった。
クラシックだとバイオリンなどの弦楽器の音がキツくなり大変だった。「外盤A級セレ
クション」 という高音質盤を紹介する本があり、そうしたソフトを聴くと、抜群の
高音質の音が鳴った。自作スピーカーと相性の良いソフトを探していたのかも
しれない。後になって、A級セレクションのソフトを他のスピーカーでも聴いてみ
たが、良い音が鳴るものが多かったように思う。お宝ソフトだ。
わが家も、けっこうキツい音を平気で出していた(笑)。そうしてウマく鳴っていない
ようなときに限って家に人が来る!!(苦笑)。寿命が縮まる思いを何度もした。
8年ぐらいは縮まったと思う。フォステクスのせいだ. (笑)((+_+))
だが、10数年前にESシリーズが出たころからフォステクスのフルレンジも変
わってきたと思う。切れや分離もよく、それでいて中高音がキツくならない。
長岡さんは「コーンを軽くしすぎたせいで物足りない音になった」 みたいなこと
を書いていたが、私は良くなったと思う。 いろいろなソフトが聴けるようになった。
一時期は少なくなった自作用スピーカーユニットも、ずいぶんと種類が豊富に
なった。アジアメーカーのユニットもあるので、信じられないぐらいに激安のもの
も含まれている。これからも楽しみだ。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事