過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

コイズミ無線オリジナルの7センチユニットを取り付けるため、ダイトーボイスの
箱にバッフル板だけ後付けした。バッフル開口径を6ミリぐらい小さくしたのだ。
イメージ 1
 
ホームセンターで見たらプラスチック系にも塗れる水性塗料があったので
塗装仕上げにすることにした。塩ビの上から塗ってしまおうと。
バッフル板と塩ビ仕上げの境界の部分は水性パテを塗って削り滑らかに
してから塗装する。パテは「塗って・乾かし・ヤスリがけ」を3回くりかえした。
 
イメージ 2
パテの具合は完璧ではなく、まだ凹凸があるのだが、もう飽きたのでこのく
らいにする。釘の頭も隠したが釘を板の表面に揃うまで打っていないので、
あとで後悔することになる。
水性パテも水性ペンキもぜんぜ臭くない。環境問題に配慮して10年前とは
何もかもが変わっている。臭くないので作業はとてもやりやすい。
私は昔はプラモデルを作っていたので、塗装は楽しんでやってしまう。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事