『構造工学の薦め』 〜「秋迎え 向日葵色を 還しけり」

識らないこと以外は何でも識っている 『薄学』 阿奉さんが語る自然界構造形態と人工の構造形態の類似性。還暦2歳!ブログ再開!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

Na◎さんへのメッセージに
次のような短歌(もどき)を添えましたところ・・・・

「 秋の夜の 長き暗さを分け出でて 鈴虫コオロギ 今日も鳴くらむ 」 阿奉

            ?H5>虫は無視にあらずして、無私の志 。阿奉 『鈴虫の音色は、教えの音です。』

Na◎さんから、下記のようなすばらしい返歌を頂戴しました。

   頂戴した歌に対しまして、お粗末ながら即お応え申し上げたNa◎めの

「 今日生きて 明日はあるや 秋の夜の 露を命の 鈴虫ぞ鳴く 」                                        多分Na◎の耳なり

との返歌お読み賜りましたでしょうか。僭越ながら再度申し上げます

閉じる コメント(1)

顔アイコン

僭越ってゆ〜てるのに、なんで記事にするかな〜ァ。Na◎の耳なりを詠んだだけのフトドキセンバンな歌なのですよ。

2006/9/26(火) 午後 9:01 Na◎than1 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事