『構造工学の薦め』 〜「秋迎え 向日葵色を 還しけり」

識らないこと以外は何でも識っている 『薄学』 阿奉さんが語る自然界構造形態と人工の構造形態の類似性。還暦2歳!ブログ再開!

私の城下町・村上

[ リスト | 詳細 ]

私、阿奉さんは1952年(昭和27年)新潟県の県北の城下町『村上』(むらかみ)で産まれ、1971年(昭和46年)高校卒業とともに故郷を離れ、以来、東京・浦和に住んでおります。

馬齢を重ねて今年は55歳になりますが、住んでいた家も7年ほど前売り払い、「故郷」と言っても帰る場所は無く、父の墓が在るだけになってしまった今、少年時代を過ごした、私の城下町「村上」に、そこはかとない郷愁を覚えるのであります。

          http://www.murakou.com/photo/murakou/murakou9.jpg
        村上のシンボル「お城山(臥牛山)」から、私の卒業した頃の「村上高校」を望む

この書庫には、「私の城下町『村上」にまつわる記事をご紹介しようと思っています。

現在、村上では若手の商店主が中心になって「むらかみ町屋再生プロジェクト」が進行中です。

          http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/a7/6e/srfch485/folder/1438759/img_1438759_45618323_16?20070401224010
          『むらかみ町屋再生プロジェクト』   『同 相互リンクHP紹介』
記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

もうじき私の故郷、越後村上のお祭り[村上大祭]です。
村上大祭は、寛永10年(1633年)6月7日、時の村上藩主が神社(西奈彌羽黒神社)を上(城)から見下ろすのは畏れ多いとして、臥牛山の中腹から現在の場所へ遷座されたことを記念して行われています。
 羽黒神社の遷宮をお祝いして、大町の人たちが大八車に太鼓を積んで町じゅうを練り回したのが、村上大祭の始まりと伝えられています。江戸時代には旧暦の6月6日・7日に行われていましたが、明治以降は新暦の7月6日・7日となり現在に続いています。
祭の行列は、先太鼓・庄内町笠鉾・荒馬14騎・社名旗・四神旗・五色旗・神職・神輿三基・神馬・各町しゃぎり19台と続く行列を構成していました。荒馬 14騎は、戦国時代の村上城主本庄繁長が、庄内での戦いで勝利をおさめ凱旋したときの様子を模したもので、このとき羽黒三社権現の分霊を勧請し、はじめ庄内町に神社を建立したことに由来しています。
                      以上 村上市「村上大祭の由来」から引用
       https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a7/6e/srfch485/folder/1484286/img_1484286_54069688_0?1214839623
祭り当日は、出発点の「庄内町」から、羽黒神社のある「羽黒町」までの目抜き通りを、上の記事にある行列が練り歩きます。
 村上大祭に曳きだされる山車のことを村上では「おしゃぎり」といいます。呼び名の由来は、歌舞伎や狂言で、鉦や太鼓で演奏される音曲やお囃子のことを「しゃぎり」というところから来ているものとも言われています。寛永十年の羽黒神社の遷座祭に大八車に太鼓を積んで…ということがはじまりでしたが、その後、この羽黒神社の遷座祭(神幸祭)には、各町内で花車や仕組屋台、大名行列など様々な趣向をこらしたことが記録に残っています。その後、次第に彫刻や塗りを施した屋台が現れ、享保年間には、ほぼ現在のような堆朱堆黒などの塗りを施した豪華な屋台となっていきました。
                      以上 村上市「村上大祭の屋台の紹介と法被」から引用

[絵葉書に見る 「 村 上 町 」 の歴史 村上は譜代大名内藤藩の城下町]で、町人が住んでいた「町衆」と武士が住んでいた「本町」でお祭りも違い、村上大祭は本来武家の祭りを町人に演じさせた事から、大祭の主人公は町衆です。

私の先祖は別に武士ではありませんが、父が山北村の豪農出身の教師であったため、私の住まいは本町である「羽黒口」と言う所にありました。従って、お祭りには参加する側ではなくて、もっぱら見物する側であったのが子供心に悔しかった思い出があります。

お祭りになると、祭り行列が通る沿道には縁日の屋台が連なり、父に金魚すくいや鉄人28号・赤道鈴の助のセルロイドのお面を買ってもらった思い出があります。

中学生になり英語を習いたての頃、その縁日で初めて金髪の外人の女性に出くわし、片言で挨拶を試みたところ、<今夜市内の映画館でダンスを踊るから坊やも観にいらっしゃい>と言うような答えが返って来たのを思い出します。私が初めて言葉を交わした外人の女性はお祭りの興業で来たストリッパーだったのです。トホホ・・・・

大学進学のため18歳で故郷を離れて早38年・・・村上のお祭りも、もう40年近く観ていません。

ところで・・・この7/3(木)、村上の近く新発田で所用があり村上に墓参りをかねて寄ってみることにしています。40年ふりくらいの、この時期の帰省です。

父が亡くなって足かけ30年、母も年老い現在78歳・・・母も今は姉の住む山口に居りますので墓参りには行けなくなりました。その母の分もしっかり拝んでこようと思います。

父の菩提寺「善澤寺」は、羽黒神社のふもとの羽黒町にあります。墓に手と合わせている頃、きっと各町内の「おしゃぎり」の組み立てや祭り囃子の練習の笛の音が聞こえてくるような気がします。
行ってきま〜す。
       http://img.4travel.jp/img/tcs/t/album/lrg/10/07/84/lrg_10078487.jpg
       「荒馬」(あらうま)に選ばれた少年

「久々の 祭り囃子や 墓参り」   阿奉

ひさびさの まつりばやしの はかまいり

いつものように辺句をたくさん頂戴しました。

           http://img.4travel.jp/img/tcs/t/pict/lrg/11/08/83/lrg_11088396.jpg

「荒馬にまたがる 孫の居る祭り」


「亡き父の香り かぐ四季夏祭り」

           https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a7/6e/srfch485/folder/1484286/img_1484286_54069688_1?1214997383

「善澤のおもい 巡らす羽黒口」

           http://www.icydog.com/micmt/htdocs/mt/archives/aogaki_050702.jpg

「青柿の 落ちてふるさと 遥かなり」

この記事に

開く コメント(3)

イメージ 1

私の故郷、村上・笹川流れトライアスロン大会 開催されました。
   村上は、譜代大名内藤藩の城下町ですが、町屋保存のプロジェクトや、ほとんど年中
   品の良い街興しプロジェクトを開催して、観光客を集めています。

   今月10月は、『宵の竹灯篭まつり』だそうです。
   先月9月は、 『町屋の屏風まつり』でした。


    http://www.mypage.home.ne.jp/contents/user/67/911539303906480067/052911911972910350334.JPG
          写真は全て、「村上・笹川流れ国際トライアスロン大会」公式HPからお借りしました
              ↑ 今ならここをクリックすると、美しいスライドショーが観られます

関連ブログをご紹介します
「新潟 村上・笹川流れ国際トライアスロン大会〜本編〜」
「村上・笹川流れ国際トライアスロン大会」

この記事に

開く コメント(3)

郷里の越後村上でお盆明けの祭礼「七夕」が始まったようです。
村上では「お盆」の後、8/16(木)〜17(金)に「七夕祭り」が開催されています。この祭りは、村上市・小町坂の下に位置する「伊勢神明社」のお祭りだったそうです。
五穀豊穣・家内安全・商売繁盛などを祈願し、獅子舞を奉納したのが始まりで、200年以上の歴史があると言われています。
昔は、祭りの朝、「伊勢神明社」の前には全ての山車が並んだそうです。今でも、各山車が巡航の途中で「伊勢神明社」に立ち寄り、お払いをする姿を見ることが出来ます。
         https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/98/b5/bellchan1960/folder/1205251/img_1205251_17189552_0?1187239356
           伊勢神明社で神事ををしている所?
          (写真は「ベルちゃんのあちこちある記」からお借りしています(これ以降全て)
村上では、お盆で降りてきた祖先が、この獅子舞を観てまた極楽浄土に帰っていくんでしょうね・・・

「獅子舞が 道案内の 盆送り」   阿奉

 ししまいが みちあんないの ぼんおくり

最新の、「村上 七夕祭り」の記事が下記にあります。

          「越後 村上 七夕まつり」
          「越後村上 七夕まつり No2 」
          「越後村上 七夕まつり N03 」

以降、「ベルちゃんのあちこちある記」からお借りした、ダイジェスト写真をご紹介します。

        https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/98/b5/bellchan1960/folder/1205251/img_1205251_17287091_0?1187255413

        https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/98/b5/bellchan1960/folder/1205251/img_1205251_17287091_2?1187255413

            https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/98/b5/bellchan1960/folder/1205251/img_1205251_17287091_6?1187255413

          https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/98/b5/bellchan1960/folder/1205251/img_1205251_17192896_2?1187248148

「獅子舞や したたり落ちる 汗すがし」    阿奉

 ししまいや したたりおちる あせすがし
まりのさんの記事によると、「村上七夕」余韻を残して終わりました。

この記事に

開く コメント(8)

イメージ 1

もうすぐ旧盆、そろそろ民族大移動のシーズンです。

子供たちが小さな頃は、お盆休みに掛けて一週間ほど故郷村上に帰ったものです・・・

          https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a7/6e/srfch485/folder/527649/img_527649_5477804_0?1119742321
      「海風に 幼き頃を 想いけり」 ここは、太平洋岸「松島」とも並び称される、日本海「笹川流れ」柏尾海岸
              http://members.at.infoseek.co.jp/shinkdx/kaido/dewahama/hitohane/hitohanezu.jpg
               三面川から上が「笹川流れ」
      http://www.restaurant-wagaya.jp/hyoshi/dscn-kirakira2.jpg
           笹川流れに沿って走る羽越本線(「きらきら羽越」が走っている)
笹川流れには、岩ヶ崎、間島、柏尾、桑川、馬下(まおろし)といった海水浴場が散在していて、新潟市や山形県からマイカーで駆けつける家族づれで賑わいます。
      https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a7/6e/srfch485/folder/1484286/img_1484286_48852606_0?1186626112
               笹川流れの夕日

      http://www.pref.niigata.jp/furusato/ouen/images/200607_a_vol1_m.jpg
               笹川流れ粟島を望む眼鏡岩
      http://www.yharness.com/ygazou/PH_yuhi01.jpg
              日本海に沈む夕日は特にこの時期美しい

そして、村上といえば鮭の遡上する川と知られる「三面川」(みおもてがわ)

    https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/98/b5/bellchan1960/folder/1205433/img_1205433_16089325_2?1186547956
           これが「三面川」からの中に入って鮎漁をしている人が見える
    https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/98/b5/bellchan1960/folder/1205433/img_1205433_16089325_0?1186547956
       「ベルちゃんのあちこちある記」からお借りした三面川の鮎釣りの模様

「川風や 鮎採る衆の 黒き顔」     阿奉

            https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/98/b5/bellchan1960/folder/1246033/img_1246033_15773026_1?1186273018
            https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/98/b5/bellchan1960/folder/1205251/img_1205251_16255762_0?1186597890
            これも「ベルちゃん」からお借りしてます。鮎釣り名人なんですね!

「釣りたてを 炉端で焼いて 鮎自慢」      阿奉

 つりたてを ろばたでやいて あゆじまん

子供たちも、23歳、20歳の大学生に成長し、バイトにサークル活動に動き回っています。村上にも家族そろって帰省することは、ここ10年ほどありません。本当は、お盆に亡父の墓参りに行かなければならないところですが、今年も秋口に時間を作れればと思っています。

村上の皆さ〜ん、もうすぐ獅子舞ですね・・・皆さんの記事楽しみにしてますよ〜〜!

この記事に

開く コメント(14)

越後村上 村上大祭

イメージ 1

わたしの故郷、越後村上の 「村上大祭」が明日(7/6)、明後日(7/7)行われます。

新潟県下三大祭の一つにも数えられる村上大祭は、城下町村上ならではの勇壮にして華麗な祭りで、三基の神輿に御神霊を奉還して、荒馬14騎、稚児行列を先導に町内を巡行する「お旅神事」で圧巻は19台のオシャギリ(屋台山車)です。
                        以上 村上大祭HPから引用

            http://www.iwafune.ne.jp/~shimeroku/P323.JPG
              これが、神輿の御神霊と荒馬
            http://www.uoya.co.jp/taisai/taisai_005.jpg
              荒馬です
 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/0b/61/torukimuya/folder/540531/img_540531_13896579_1?1183824677
           絢爛豪華なtorukimuyaさんからお借りした写真
        http://image.rakuten.co.jp/uchiyama-sports/cabinet/sonota/maturi_1.jpg
              これが「オシャギリ(屋台山車)」
            http://www.uoya.co.jp/taisai/taisai_045.jpg
              各町内、オシャギリに自慢の細工物を乗せています
彫刻を施し、村上伝統の堆朱・堆黒の粋をこらしたオシャギリの中には、200年以上前の作のものもあり、まさに絢爛たる美しさです。
            http://www.uoya.co.jp/taisai/taisai_096.jpg
              夜になって提灯がまた綺麗です
  詳しくは、ブログ仲間のまりのさんの記事をご覧下さい。
            http://www.uoya.co.jp/taisai/taisai_089.jpg
              道が狭いのでオシャギリのすれ違いは大変!

「祭り笛 遠く聞こえて 郷想う」   阿奉

  まつりぶえ とおくきこえて さとおもう

この記事に

開く コメント(17)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事