SHAKE'S Blog ※ギター改造と自作エフェクター※

当方のBlogではエフェクターの製作受託及び販売はしておりません<(_ _)>

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

■□ARION STEREO CHORUS□■

みなさんこんばんは。

ここ何年か、毎年ゴールデンウィークにはBillboad Live OsakaでDIMENSIONさんのライブを見にいくのが恒例になっております。ギターの増崎孝司さんが好きで、ソロアルバムや浜田麻里さんもよく聴きます。

以前はマルチのFractal Audio Axe-Fx IIを使われていたのですが、ここ数年はCAJのスイッチャーとペダルエフェクターに変更されています。
その中にE.W.S改造のARION SCH-Zがあって、浜田麻里さんつながりでARION SCH-1使用で有名なMichael Landauさんもいるので、自作エフェクターサイトでは昔から取り上げられていたのに、触ったことがなかったARIONのコーラスを2種類ゲットしました。ほんとに今更なのですが。
そうそう、4月の浜田麻里さんライブ、チケット当たったので行きます。もちろんゴールデンウィークのDIMENSIONさんは今年も行きます。

イメージ 1

イメージ 2

どちらも評判通りの良い音です。
SCH-ZDの方がおとなしいですね。SCH-1はエフェクトON時の音量アップは僕にはあまりわからなかったですが、大音量だと違うのでしょう。
SCH-1は日本製かと思ってゲットしたのですが、届いてみるとスリランカ製・・・。でもプリンス通信工業製・・・。過渡期のものなのかもしれないですが詳しいことは知識がないのでわかりません。

中身はこんな感じです。回路が違うので基盤のパーツ配置も違いますね。
左がSCH-1、右がSCH-ZDです。

イメージ 3

これからいじろうかと思ってますが、とりあえずはしっかり使ってからということで、ボードに組み込んでみました。E.W.SさんMod.のコーラス⇄ビブラート切り替えは入れたいなぁってトコです。

イメージ 4



みなさんこんばんは。再開宣言からもう随分経ちました・・・。

繁忙期に入ったので、こんなもんです。

エフェクター自作を始めたころ、HotBoxの製作をしていたら、今はもうかなりの有名人となられた、SoulPower のさいとうさんから連絡をいただいて、本物の内部画像をいただき、大変参考にさせていただいたことがありました。

THE EFFECTOR BOOKのコラムが大好きです。

そのさいとうさんが執筆された本が発売になり、予約注文していたものが今日届きました。

まだペラペラとしか見ていないのですが、これはかなり分かりやすそう。

初心者の方が理解できるように書かれていますし、参考になる構成となっています。

みなさんぜひご一読を!!!


イメージ 1

記事を書かなくなって早3年・・・。

それでも毎日数十人の方に訪問をしていただいていました。

本当にありがとうございます。

この数年いろいろあって、心も身体も時間も余裕がなく、放置状態にしておりました。

エフェクターやアンプの製作は全然していないのですが、音楽活動はずっと続けております。

もう20年近く続いている自身のバンドと、友人の死とともに後任のギター弾きとして参加してるハードロック、ヘヴィーメタル中心のロックバンドで2足のワラジです。

足元も随分と変わって、今のボードはこんな感じです。

イメージ 1

自作ものはCentourとLandgraffのみですね。

やはりこの2台は使い勝手が良いです。

これから少しずつ記事を書いていこうと思います。

以前のように自作ネタはまず無いと思いますが、また宜しくお願いします。

みなさんこんばんは。
大変ご無沙汰しておりました。

最近は全く自作のエフェクターを作っておりません。
やめた訳ではなくそそられるものがない・・・。
今は、BLACKSTARのHT-DUALとMaxonのHizMaxを歪みの中心としています。
自作ものではやはり、CRUNCH BOX DIST Ver.2がダントツで良いです。

近況を・・・。
いまオーダーメイドギターの製作を目論んでいます。
もちろんむちゃくちゃ高いので、できるだけ安いところで自分の要望が取り入れられるものを探しているのですが、Carvinのオーダー見積りをサウンドハウスさんにお願いしました。
安いといっても決して安くなくて、20万円は超えます・・・。
金策も考えないといけないので、1本ギターをオークションで手放しました。
DragonflyのHI-STAなんです。
泣けてきます・・・。
みなさんオーダーメイドギターの良い情報があればお教えくださいませ!!!

本題に入りましょう。
今日は久しぶりにLiveを観に行ってきました。
CharさんのLiveです。大阪西梅田のサンケイホールブリーゼでした。
イメージ 1

見事にピンぼけです(笑)
iPhone5に変えたのですが、写真撮影の腕はないので・・・。
前から6列目の真ん中です。なぜだかCharさんのLiveはいつも良い席があたります。

今日はFenderのオリジナルギター3本(Charizuma・Pinkloud・FreeSpirits)に初お目見えのモズライト、いつものバーガンディにアコギは最近いつも使われているYamahaの変わったヘッド形状のもの(型番忘れました・・・、100万越えの代物です)。
もちろんどれもいい音だったのですが、やはりバーガンディが圧倒的にバランスの取れた良い音でしたね。
良い音楽を聴くと精神が清められます。

ちょっと今日はCahrさんが体調悪いようでした。
多分風邪でしょうね。最初っから鼻すすっておられましたし(笑)
最後の方は顔色も悪くなってきてつらそうでした。
まだツアーの残りが結構ありますので早く体調を戻してがんばってほしいです。

今回のツアーはすべてツアーごとに録音したものをLiveCDとして販売されています。
各Live終了後2週間くらいで予約者に発送されるそうです。すごいですね。
今回の大阪とラストの恵比寿を予約してきました!!!
楽しみです!!!
Zicca.netでも購入できますので興味のある方は是非どうぞ。
自社レーベルで安く販売されているのも良い感じです。
みなさんこんばんは!!!
大変ご無沙汰しておりました。
特になぜと言う事は無く、記事を書く事が無かったのでございます。
 
実は、4月の初めに京都三条のBIG BOSSさんに、JK2000をリペアに出しておりまして、1週間ほど前に戻って参りました。
リペアと言ってもネックが折れたとか壊れたとかではなく、フレット交換です。
これだけは自分でなかなかする勇気が無く、プロにお任せ。
もちろんステンレスフット!!!
あまり詳しくないのですが、Jescar(ジェスカー)というメーカーだそうです。
 
イメージ 1
 
ミディアムジャンボサイズでお願いしたところ、JimDunlopの#6105と同等のようです。
仕上がりはこんなに綺麗です!!!
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
メイプルネックなので、塗装代が余計にかかりますが、全部で6万円弱でした(^^ゞ
値段的にはこんなもんでしょう。このギターの落札額の何倍もします(笑)
 
そんでもってついでにノイズ対策とCTSポットへの交換、ボリュームのスムーステーパーなどちょこちょこといじりまして、こんな感じに仕上がっております。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
先日、友人のバンドから、9月にあるライブに代役でサイドギターに入ってくれと依頼がありまして、安請け合いしました…。
ヘビメタバンドなのですが、サイドギターと聞いて余裕をかましていたところ、かなり練習しないといけない内容でございます。久しぶりにDeepPurpleなんぞをやります。ちょうどJK2000が仕上がったので、これで勝負します。半音下げで!!!
いろいろYouTubeで探していたら、こんなのありました。
WhitesnakeのBurnむちゃくちゃかっこいいです!!!
とても弾けるものじゃないですが…。
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事