SHAKE'S Blog ※ギター改造と自作エフェクター※

当方のBlogではエフェクターの製作受託及び販売はしておりません<(_ _)>

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
みなさんこんばんは。
3連休も終わりです…。
この休みは久しぶりにずっとギターを弾いておりました。
作るFXが今はないんで(笑)
 
xotic BB-preamp完成です。
中はこんな感じ。
イメージ 1
 
外観はこんな感じです。
イメージ 2
 
イメージ 3
 
今回製作した3つ(PetCORNISH G-2とANALOGMAN KING of TONEとこのxotic BB-preamp)の中で、もしかするとこのペダルが一番使えるペダルかもしれません。
もっと早く作ればよかったです…。
RC-Boosterもそうですが、TrebleとBassつまみがあることが使い勝手をよくしていますね。
このペダルは芯があって分厚い感じです。PeteCORNISH G-2も似た感じがあるのですが、Tone調整がこちらの方がしやすいですね。
歪み方はこちらの方が強いです。
 
次の日曜がスタジオなので、楽しみです!!!
みなさんこんにちは。
めずらしく昼間の投稿です。
 
今日は、京都では祇園祭の山鉾巡行の日です。
京都に30年くらい住んでますが、見に行ったことはありません…。
テレビで見たことあります。
 
さて、昨日KING of TONEの調整をいろいろしてみました。
オペアンプをいろいろ試したり、内部のトリマーでプレゼンスを調整したり。
 
結局、オペアンプは元のNJM4580でいくことにしたのですが、
ボードシステムに入れて試してみると、ちょっとコシが足りない感じがあるので、
もしかするとMC4558CG(缶タイプ)のものに替えるかもしれません。
 
内部はこんな感じです。
 
イメージ 1
 
外観はこんな感じです。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
来週はスタジオなので、バンドの中でチェックしてみます。
みなさんこんばんは。
 
またまた連続投稿です!!!
xotic BB-preampです!!!
基板まで赤で火事のようですね…。
 
イメージ 1
 
0.1uFを注文し忘れていて、手持ちの積セラを使いました。
小さな青いコンデンサーです。
 
こちらもなかなか使いやすそうな良い音ですね。
PeteCORNISH G-2とANALOGMAN KING of TONEと、
このBB-preampの3つも一気に作ってしまって、比べるのが大変です…。
みなさんこんばんは。
 
連続投稿です!!!
 
土日でKing Of ToneとBB Preampの製作をしておりました。
ぼちぼちアップしていきます。
とりあえず、ANALOGMAN King Of Toneの基板です。
 
イメージ 1
 
PeteCORNISHと同じく真っ赤です。
クリッピングダイオードは、本物は1S1588とma856のようですが、
ma856の入手が難しいので、BAT41を使いました。
 
回路はTS系とは違うのですが、音は非常にTS系に近いと思います。
まだあまりいじっていませんので、今度の土日で時間をかけて内部の調整をしようと思います。
みなさんこんばんは。
 
いきなり完成記事で…。
PeteCORNISH G-2です!!!
基板はこんな感じです。220uFが大きくて無理やり取り付けてます。
真っ赤ですね…。
抵抗は最近お気に入りのPRPです。
何がお気に入りって、値が書いてあるので間違わない!!!
音は?あんまり分かりません(笑)
 
イメージ 1
 
内部はこんな感じで。
 
イメージ 2
 
トゥルーバイパス仕様ではなく、Klon Centaurと同じように、
バッファー経由した上で、エフェクトON-OFFされます。
なので、フットスイッチは9Pではなく6Pで本当はOKですね。
手持ちがこれしかなかったので9Pで製作してます。
 
外観はこんな感じで。
 
イメージ 3
 
先週に完成しましたがまだ大音量では試していません。
中域が随分出てる感じがします。
クリッピングは1N34Aを使っているのですが、1N914なんかも良い感じのようです。
 
次のスタジオでお試ししてみます!!!

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事