SHAKE'S Blog ※ギター改造と自作エフェクター※

当方のBlogではエフェクターの製作受託及び販売はしておりません<(_ _)>

Reverb

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

大丈夫でしょう…。

みなさんこんばんは。

昨日からの連続投稿です。

UPするときは集中してしまってますね…。


SOLID STATE REVERBのレイアウトを公開します。

一応チェックしたので大丈夫だと思いますが、なんか間違いがあればご指摘ください。

電圧は±15Vですので、パーツの耐圧には注意してください。

【パーツリスト】
Project: SOLID STATE REVERB
Credits: A revision by SHAKE of the Mr. Charles Blakey design(DC - DC converter specifications)

C1: 22uF/50V
C2: 22uF/50V
C3: 0.1uF
C4: 0.1uF
C5: 22uF/50V
C6: 0.22uF
C7: 220pF
C8: 3.3uF/50V
C9: 0.0027uF
C10: 220pF
C11: 0.0027uF
C12: 0.0027uF
C13: 220pF
C14: 3.3uF/50V
C15: 3.3uF/50V
C16: 0.0022uF
C17: 270pF
C18: 0.0027uF
C19: 0.0027uF
C20: 220pF
C21: 3.3uF/50V
C22: 220pF
C23: 33pF
C24: 3.3uF/50V
C25: 22uF

D1: 1N4148
D2: 1N4001
D3: LED RED (Peak Indicator)

DELAY: 470K-B
LEVEL: 100K-A
MIX: 10K-A
VR1: 47K-Trim(50K-Trim)

IC1: TL074
IC2: LM358
IC3: MN3011
IC4: LM358
IC5: MN3101

R1: 10R(1/2W)
R2: 100K
R3: 51K
R4: 330R
R5: 100K
R6: 1.3K
R7: 100K
R8: 33K
R9: 100K
R10: 47K
R11: 56K
R12: 33K
R13: 100K
R14: 56K/1%
R15: 100K/1%
R16: 56K/1%
R17: 110K/1%
R18: 56K/1%
R19: 120K/1%
R20: 56K/1%
R21: 130K/1%
R22: 56K/1%
R23: 150K/1%
R24: 56K/1%
R25: 160K/1%
R26: 200K
R27: 33K
R28: 82K
R29: 47K
R30: 56K
R31: 33K
R32: 100K
R33: 100K
R34: 51K
R35: 18K
R36: 1K
R37: 47K
R38: 36K
R39: 100K
R40: 68K

COSEL DC-DC CONVERTER: SUCW1R50515

Created with freeware DIY Layout Creator by Storm Software
http://www.storm-software.co.yu/diy/

この記事に

開く コメント(10)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

やっとできましたです。

みなさんこんばんは。

ぜんぜん更新できてませんでした…。

北京オリンピックが始まりましたね。

開会式はなかなかのもんでした。


さてさて、音が出なかったSOLID STATE REVERBですが、

MN3011の3pinの配線をミスってただけで、ICは壊れておりませんでした(^^ゞ

失礼!!!

久しぶりにちゃんとケースを作ってエフェクトボードに収めちゃいました。

ケースはプチ鏡面加工の失敗作です(笑)

失敗が功を奏して、なんかいい感じになったのでこのままでいっちゃいました。

このリバーブはなかなかおススメですね。

各ノブのバランスが絶妙で、だいたいリバーブと言えば最終段に置きますんで、

ドライブさせた信号なんかを入力させるとリバーブ音が割れたりしますが、

丁寧にPEAKチェック用のLEDがついてるので扱いやすい!!!

エフェクトボードでは直列配置してますが、アンプのSend-Returnを使う方が音は良いです。

僕はスタジオでのセッティングがじゃまくさいので、とりあえず直列で使いますがね。

アンプの上にSend-Returnを使って置くかもしれませんので、

念のため電池スナップも取り付けてます。

レイアウトを最終チェックして、近いうちにUPしますのでしばしお待ちを。

このリバーブはあくまでアナログっぽく、飛び道具的には一切使えません。

僕はかけっぱなしにすることになるので、フットスイッチでなくトグルスイッチにしときました。

なんだか文章がぐちゃぐちゃですな…。

夏バテ気味なのでお許しを…。

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1

あきませんね…。

みなさんこんばんは。

暑くて体調が悪いです…。


今日は昼から不足していたパーツの取付とポットの配線をしてましたが、

鳴りませんね…

ドライ音は鳴るので、エフェクト部分がおかしいです。

MIXをフルにすると全く音が鳴りません。

インプットから順に音が出る部分をチェックしていきましたが、MN3011が働いてません。

データシートでMN3011を確認しましたが、3pinがVDD、1pinがGND。

ネタ元のPCB通りに基板を作ってるのですが、3pinはどこにもつながってません…。

これじゃ電圧おかしくなるはずでは?

これには気づかず通電しているので、もしかしたらMN3011を壊してるかもしれません…。

このICは-15Vで駆動するよう…。

回路ではGNDの1pinに+15V、VDDの3pinにGNDを配線してます。

電圧の差で同じく-15V。ここはこれで合ってると思う…。

15V超えの電圧を供給できていないからか?

う〜ん分かりません…。

新しいMN3011をゲットしようかとも思いましたが、

売ってるのはタッキーさんだけで今は売り切れ中。

しばらく放置か…。

この記事に

開く コメント(8)

イメージ 1

イメージ 2

買い忘れ…。

みなさんこんばんは。

それにしても暑いです…。夏はあまり好きではありません…。

冬と春も仕事が忙しいので好きではありません…。

一年中、秋がいいです…。


さてと、昨日に感光基板を作れたので、早速パーツを実装しました。

が!!!!!

またまたパーツの買い忘れをやってしまいました(^^ゞ

これから発注します。ケースと一緒に。


とりあえず、電圧部分についてはパーツは不足してないので、

COSELのDC-DCコンバータで生成した±15Vをチェック!!!

ちゃんと出てますね。

−15Vがどうしてもジャンパーで0Vと+15V上を交差しないといけなかったので、

ノイズが出ないかどうかが心配です。

出たらレイアウトやり直す覚悟です…。

まぁ早くて来週ですがね。

この記事に

開く コメント(6)

イメージ 1

なぜ欠ける…。

みなさんこんちは。

またまた久しぶりの更新です…。

現在試作中の、md2f掘FD2の改良版)はミキサーの調整中でとん挫中…。

でも歪みの音はかなり良いです。

昇圧化のおかげか低音部分のコンデンサ値のおかげか、ノイズがかなり少ないのに心地良い音です。

もうしばらくお待ちを。


さてさて、ずっと前から自作できるReverbはないかと探してはいたんですが、

見つかるものはほとんどスプリングリバーブで、

エフェクターサイズで作れるものがなかなか見つからなかったんです。

先日、松美庵さんのBBSからこのサイトのリバーブで、

スプリングを使わない、いわゆるSOLIDなReverbがあるという情報を見て、

早速作ろうと、回路図と掲載されているレイアウトから、自分でレイアウトを作りました。

このReverbは±15V仕様で、元の回路ではトランスを使ってるんですが、

大きくなるのがいやなので、これもmd2f掘FD2の改良版)と同じく、

COSELのDC-DCコンバータで±15Vを生成することにします。

結局基板はかなり大きくなってしまったんですけどね…。

今回も感光基板を作りましたが、なんかところどころ欠けてしまいました…。

なかなか感光基板作りがうまくできません…。

かけてる部分が致命的ではなさそうなので、とりあえずこれで作っていくことにします。

この手のエフェクターのICはとにかく高価です…。

安い市販エフェクターが買えてしまいます(笑)

この記事に

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事