全体表示

[ リスト ]

『花影』 *日本映画

 ■『花影』 
イメージ 1
 ■2007年 ■愛情/ロマンス/ドラマ ■監督-河合勇人 ■テヨンのお勧め度★★★★★★★★☆☆(星8.5) ■出演-山本未來、キム・レウォン、戸田恵子、パク・ジョンス、笹野高史、柄本明、佐藤浩市、石黒賢他 ■あらすじ 
イメージ 2
 売れっ子ジュエリーデザイナーの五木尚美は出店計画のため釜山に訪れるが、高飛車な態度で破談になる。在日三世の尚美は先祖の墓参りに出かけて桜が満開の墓山で道に迷い、小学校教師のソン・スンウに助けられる。スンウは桜の妖精のようだと尚美に一目ぼれ。 
イメージ 4
 1年後に逢う約束をして別れますが、日本語の得意な生徒のいたずらな通訳で正確には伝わっていなかった。 日本に帰った尚美は、忙しい日々に身を置き、自分の夢と成功だけに力をそぞぎますが、不倫の相手から突然の別れ話。世間にも知れて窮地に立ちます。そんな彼女に1通の手紙。差出人は韓国のソン・スンウ。名前を聞いても思い出せないが、尚美への想いを切々と綴ったラブレターだった。 ■テヨンの感想 
イメージ 3
 キム・レウォンが日本の映画に主演すると話題になった映画です。前半の登場は少ないですが、後半はキム・レウォン演じるスンウと尚美の甘くて切ない夢の出来事を綴ったようなストーリーです。 社会への女性の活躍は珍しくなく忙しく生きる現代。一見カッコよく生きているようでも、鎧を着て肩を張り心はくたくた。尚美の恋はたまたま答えの出無い不倫だったかもしれない。 
イメージ 5
 スンウのラブレターは、辛い現実を逃避して、穏やかな生活を尚美に与えてくれる。 
イメージ 6
 遅すぎた出会いでも、スンウは尚美に大切なことを気付かせてくれたと思います。風の丘で踊るアリランのシーンが妙に心に残る映画でした。 山本未來さんハングル頑張りましたね。お勧めです。 ■ギャラリー 
イメージ 7
 
イメージ 8
 



閉じる コメント(2)

これずいぶん前に見ました
キム・レオンの爽やかさがとても記憶に残っています

2009/10/18(日) 午前 8:04 chinami 返信する

いま衛星劇場で放送されてて観てしまいました^^

2009/10/18(日) 午前 8:49 teyon911 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事