ここから本文です
レスリーとアジアと絵付け
レスリー・チャン張國榮Leslie大好き!12/8(土)〜14(金)12:40/15:00元町映画館で池谷薫監督の特集上映!

書庫全体表示

3/12に書き足しました。

中国映画祭「電影2018」大阪
2018/3/10(土)〜12(月)
http://www.jpfbj.cn/FilmFestival/denei2018/

第13回大阪アジアン映画祭OAFF2018
2018/3/9(金)〜18(日)
http://www.oaff.jp/2018/ja/index.html

開催中です!ぜひご参加ください!

大阪アジアン映画祭OAFF2018/3/10
シネ・リーブル梅田
イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

2018/3/10(土)18:25 シネ・リーブル梅田3
世界初上映
TOURISM
2018年|シンガポール・日本|77分
監督:宮崎大祐
出演:遠藤新菜、SUMIRE、柳喬之

大和(カリフォルニア)の劇場公開が4月に
控えている宮崎大祐監督の最新作は、
ロードムービー。
神奈川県大和市でシェアハウスをしている
ニーナとスーはクジ引きで当たった旅行券を
使い、初の海外旅行でシンガポールへ向かう。

はじめは日本の若者へのインタビュー。
ドキュメンタリータッチで、舞台は
シンガポールへ。観光地を押さえて、
その豊かな色をもつシンガポールの多様性を
捉える。面白い切り口だった。個人的に
チョップスティックタワーの場面が印象的。
戦没者慰霊塔を、今のシンガポール人は
ほとんど知らず、気にもとめないという
監督の言葉にビックリ。


イメージ 5

2018/3/10(土)21:00 シネ・リーブル梅田4
日本初上映(完売)3/15はまだ有り
男たちの挽歌2018
2017年|中国|114分
監督:ディン・シェン(丁晟)
出演:ワン・カイ(王凱)、
マー・ティエンユー(馬天宇)、
ダレン・ワン(王大陸)

ドラッグ密輸をもちかける舞台が東京
(中野裕太がキーマン役)など、
新しい設定を加えながらも、かなり
オリジナルに近いストーリー展開。

ジョン・ウー監督の香港ノワールの傑作
『男たちの挽歌』(1986)の中国版リメイク。

レスリー・チャンのオリジナル主題歌
『當年情』のピアノ演奏で始まり、色んな
アレンジで何度もかかるので、前半は
音楽に気をとられ、集中できなかった(笑)。
レスリーのLPレコードが映り、レスリー本人の
歌が流れたあと、やっと落ち着いて見れた。

香港のラム・シューは悪いボス。
エリック・ツァンは、レスリーとサム・
ホイの共作で1988年にヒットした
『沈黙是金』を、広東語で口ずさみ、
主役が刑務所で仲間をかばって口を閉ざして
いることを揶揄する。
この曲は台湾で後年『海海人生』という
タイトルで大ヒットしたと聞く。
そのバージョンをマークが歌っていたよう。

台湾のワン・リーホンも友情出演し、
新しい主題歌を歌う。リーホンは、
レスリーと馴染みがあった。
レスリーが監督として撮りたいと願っていた
映画のロケ地の青島が、舞台となっていた。
異国情緒溢れる建物や通り、海辺など、
大変きれいで魅力的だった。

美形の兄弟と、マーク(兄の弟分)で、
なかなか面白かった。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事