「別誂石徹白セット」イトシロロッド公式サイト

このロッドに関するお問い合わせはssmkj@apost.plala.or,jpに直接メール下さい

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

http://itoshirosp.exblog.jp/i0/

別誂石徹白公式サイトはこちらのアドレスに引越しいたしました。
今後の更新は新しいサイトの方のみとなりますので宜しくお願いいたします。

開く コメント(27)

開く トラックバック(16)

真竹フレームネット

イメージ 1

イメージ 2

セットの20/1号です。
作者は、岐阜県在住の土屋真一氏です。T、Craftのハンドメイドネットといえばけっこう有名ですよね。
http://www.t-craft.info/
彼もまた、吉田とは旧知の仲で吉田が毎年出展している米国のフライフィッシングタックルショーにも共同出展しています。
今回別誂石徹白セットのオーダーにあたり、真竹をフレームに使用して貰うことだけを条件として後はすべて彼の感性におまかせした結果さすがというような素晴しい逸品ができました。

PS,
以下が作者土屋氏のコメントです。

「ブランクと同じ真竹を使用するフレーム材の整形は、曲げ矯め矯正した竹材を、鉋で添付写真のような状態に整形し直し、表皮側を極力残すようにして行います。表側がそれぞれ外側を向くよう接着するため、表面強度は最大限に丈夫になります。オイル仕上げされた丈夫で美しいネットは、合理的に耐水強度を満たす、独自の塗装手法の賜物と自負しています。ウレタン塗装では表現できない自然で潔い木肌は、木が好きな人には溜まらなく魅力的なハズです。」

フレーム材料は真竹と栃材、グリップ材には栃のバール、もちろん限定セットの証となる佐藤成史氏デザインのメダルがあしらわれ、また20本限定のシニアルナンバーもはいります。

開く コメント(1)

イメージ 1

イメージ 2

上の画像は私の持っているアメリカ製某バンブーロッドの接着面の荒っぽい部分のアップです。もう一枚の画像はトンキンのウレタン仕上げと真竹のオイル仕上げの比較です。こうして比べるとオイル仕上げの方が6画の角がすっきりと立っていることがよくわかります。 特に吉田ロッドはこの角がティップの先まで正確に通っています。こういった精度は吉田にとってはあたりまえのレベルなんですが、このあたりがクリアできてないビルダーもいるようでオイル仕上げは、引き受けないビルダーも多いようです。 それに真竹の繊維はトンキンよりかなりきめが細かいことも画像からわかるはずです。


現在、吉田のロッドはオイルフィニッシュが標準仕上げとなってます。
以前は吉田もウレタン系コーティングフィニッシュを採用しておりましたが、オイル仕上げの方がいろいろ利点が多いと感じるようになり切り替えたそうです。

吉田はそもそも表面コーティングの役割は水分を竹の中に浸透させないことと考えています。
竹の表面にはもともとエナメル層というきわめて薄いくても水分を通さない完璧な層があるのですが残念なことに製作工程においてこれを削ってしまうため表面コーティングが必要になるのです。吉田のロッドはここの削りをほんの少しにどどめているのでそのままでもブランクの表面からは水分の浸透はほとんどないと言っても大丈夫なのですしもう一つブランクの接着面つまり6画の角についてもティップの先まで完璧な精度で貼り合わされているので過剰なコーティングはまったく必要ありません。

ちなみに高いお値段で売られているロッドにも、この6角形の精度がかなりいい加減なものさえあるんです。

過剰なコーティングはロッドの性能的な面には悪い影響しか及ぼしません。つまり若干とはいえ重くなるわけでその分ロッドの軽快さは失われるはずです。また塗ったものはどうしてもはがれます。釣竿として使えばどうしてもアチコチにぶつけることもあり、これは避けられません。その点オイル仕上げはオイルを浸透させる発想なのでロッドの設計上の性能に変化は与えないし塗料のはがれなどもおきません。
実際には吉田の使用している特殊なオイルは充分に浸透したあとその表面にきわめて薄くオイルの酸化膜を作るため、より高い防水性が発揮されてます。

ただし、オイル仕上げでフィニッシュするためにはごまかしがいっさい利かないので完璧な接着面が要求されます。つまり塗料を厚く塗れば完全ではない接着面でも包み込んでしまうのでよく見ないとわからなくなります。
画像は私が持っているアメリカ製のけっこう有名なメーカーのロッドのごまかしてある部分をアップで撮ったものとピカピカしたアメリカ製のウレタンフィニッシュロッドと石徹白ロッドを並べたものです。色の薄い方が石徹白ロッドです。

追伸、
撮影のついでにバット基部のブランク径を計ってみたらアメリカ製7,6フィート3番(トンキン製)が7,9ミリで石徹白ロッド8フィート3インチ3番が7,4ミリでした。振って見ると石徹白ロッドのほうがかなり長いのに軽くてシャープな感じがするから不思議です。

開く コメント(3)

イメージ 1

イメージ 2

別誂石徹白セットのリールは吉田の古くからの友人の石井満氏の作品です。
石井氏は「やまめ工房」http://www.buddyz.com/yamame/というハンドメイドリール作家です。今回のデザインも機能美にあふれたいい作品に仕上がりました。
また、このリールにはティペットハンガーという便利な機能が作りつけられそれがまたでデザイン上も良い効果を出しました。
画像のようにアルミ削りだしのサイドプレートにティペットを巻きつけられる糸巻きスプールを一体成型しました。これの使い方は渓流で長めのティペットを使用し移動などの際いちいちラインを巻き込んでしまうとけっこう厄介なものなのでラインは巻き取らずフライを一番ガイドに掛けあまったティペットをこのティペットハンガーに巻きつけるという機能です。けっこう便利ですよ特に全長20フィートになるようなロングリーダー使用者には特におすすめです。

下の画像は少しわかりにくいんですが私が普段使用しているシステムです。既存のリールに糸巻きスプールを後付けしたタイプです。
このシステムは私がかなり以前から手持ちのリールを改造して使ってきたアイデアグッズでしたが
今回石井氏からこれは便利な機構だから今回の限定モデル採用しデビューさせようとなった次第です。
今後は「やまめ工房」の通常モデルにも採用されるようです。

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

今回のセットでは、グリップの形状にはかなり迷いましたが、けっきょくこの形に落ち着きました。
結果は一般向けのシガータイプですがロッドの長さのわりにはかなり短めの12・5cm
リールシートはトチの縞目9cmです。

レタリングは吉田の幸弘という焼印ときわめて小さな文字で833、そしてシニアルナンバー20/1〜20が
はいっております。
ブランクのフィニッシュがオイル仕上げなのでレタリングはハニーラップで保護してあります。
全体的なイメージはラッピングもハニー(透明)なのでまったくシンプルな感じです。

またフェルールはニッケルシルバー製です。当然金属加工からすべての工程を吉田が自作しフェルールどうしの完璧な勘合は当然ですが竹のティップ、バットそれぞれのブランク側もフェルールの内径側を合わせてワンオフ製作しているので、必要以上にブランクを削ったりしてここで強度が落ちることはありませんし、それをすることがフェルール部分のツッパリ感を少しでも逃がすことができスムーズな弧が描けます。
フェルールは旋盤さえあれば技術的には大した工作ではないのですがロッドの性能に大きく関わるバンブービルダーにとっては悩み多きパーツなので吉田があくまでも自作にこだわっている重要な部分です。

開く コメント(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事