ここから本文です
関東平野の真ん中から
関東平野の真ん中チバラギからですhttp://centerkanto.web.fc2.com/

書庫全体表示

記事検索
検索

全127ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

木星 2017/4/24

久しぶりの 天体写真ネタ です。

上空3000mの風が弱かったようで,木星の模様が,いつもよりよく見えました。
今シーズンで一番のシーイングがよい晩でした。

2000フレームを4セット撮影し,WinJUPOSで,de-rotationで処理してみました。

イメージ 1
北を上にしてます。

もう少し,細部の再現性に注意して処理しなおしてみたいところですが,なんだかんだと,時間があっというまに過ぎます。

撮影した晩にあわてて 2000フレーム 1セットで処理した画像がこちら。
イメージ 2
処理のちがいでずいぶん変わってしまいますね。

ちなみにこちらが1フレームのみの画像。
イメージ 3
よくぞまあ,細部のパターンまで引っ張り出せるものだと感心してしまいました。

MT250,4xバーロー,ASI224MC
2017/4/24,22:49~22:52 JST

この記事に

サイクリング動画2回目

週末,約100km走ってますが,今週は天気がダメダメで,うだってました。
日曜日の夕方ようやく雨があがると,やはりうずいてきたので,あわてて利根川サイクリングロード走ってきました。
夕日が沈む時間だったので,距離は15kmぐらいしか走れませんでした。
そのぶん,ペースを早くして走ってきたので,汗だくとなりました。

今度は,ハンドルバーにカムは固定してます。
路面ばかりだった前回とはちがって,見やすいと思います。

ブレ補正も真面目にカム側でやってくれているので,まあまあでしょうか。

でも,このカムのUI,スイッチ類の配置は,ちょっとなー。
カム持って遊びに出ていない設計者が作ったんでは?

得てしてこういうのは多いんですよね。
むかし,星が点に写らない 星空モード をつけたカメラもあったし。
#今のモデルは,微調整設定できるみたい。

アタッチメントに自由雲台も載せたので,路面のショックで,慣性でカムがずれてしまい,直しながら走りました。
帰ってきてから,ガッチリ締めたので,次回は大丈夫かな。


動画のキャプチャーに入れた通り,1.5倍速にしてます。
スピードメーターとケイデンスメーターも左下に配置し,右上に簡易地図も載せておきました。
こんな動画が簡単に作れるようになってビックリです。
でも,作るのに えらく時間がかかってしまい大変です。

この記事に

開くトラックバック(0)

なんとも見苦しい動画ですが,初めてなんで大目に見てください。
動画カメラは,WG-M1です。

アクションカムは,GO PROやSONYは,性能で勝負してますが,中華製が似たようなのを お安く出しているので,つられて価格競争が激しくなっており,定価はあってないようなものです。
Nikonもシリーズで製品出してますが,こんな安売りしていたら,儲けなどないですね。

WG-M1をヘルメットの上につけて,撮影したものの,下向いていて見苦しくてがっくりです。

いろいろできるのはわかりましたが,時間がけっこうかかるのが面倒ですね。

この記事に

開くトラックバック(0)

筑波山ヒルクライム

書庫でサイクリングを追加しました。

この1年半で,折り畳み自転車→クロスバイク→ロードバイクと,はまってしまいました。

自宅から坂を下ると,ちょっとでサイクリングロードに入れるという立地条件もありますが,川沿い,湖沿いをメインで走り回りました。

走ったところを記録していくと,関東平野内は,ずいぶん走り回ってしまいました。
昔,オフロードバイクで,林道走りに勤しんでいたので,そのころの感覚が戻ってきてしまったようです。

ちなみに,これだけ走りました。
イメージ 1
平らなところは,だいぶ制覇してきたので,いよいよヒルクライムです。

で,
今日は,筑波山登ってきました。
ルートはこれを反時計回りで走りました。
イメージ 2

走り出してすぐの筑波山は,
イメージ 3
右のピークの女体山にかかるロープウェイの乗り場がある「つつじが丘」が目的地です。

普通は,筑波ヒルクライムレースのルートの不動峠経由が一番ポピュラーですが,現在,がけ崩れで道路補修のため通行止めとなってます。

あまり車が多いところは走っていて気が散りますので,今回は,林道白滝線を登ります。
登り口はこんな感じで,わかりにくいので,交通量は少ないです。
イメージ 4
登り始めたら,傾斜がきつく,あっというまに心拍数170で,すごくきつかったです。
道がクネクネとつづら折りになっている方が,結果として傾斜は緩かったりしますが,この林道は,直線でがーと登坂が続くので,ネットで調べても,おすすめのサイクリングコースとして紹介されていないはずでした。
途中,休み休み登っていく最中は,年甲斐もなくこんなことやっている私はなんなんだろう。と,自分に質問しているような状況でした。

林道を終えて,2車線の車道に出たら,スピードは出せませんが,休むこともなく進められる傾斜になったので,一安心しました。
まあ,こういうのを最初に経験しておくと,あの時のこと以上のことはない。と,考えられるようになるので,ヒルクライムの時間短縮に意識が向けられそうです。

そうこうしているうちに,順調に,つつじが丘についてしまいました。
イメージ 5
筑波のがまの油は有名なんで,がまがお出迎えです。

イメージ 6
斜面の中腹に 大きな がま もいます。

あとは,下るだけですが,下りはロードバイクだと 50km/hぐらい出てしまいますので,ブレーキングしながら,慎重に走行しないといけません。

ヒルクライムを経験して,昔オートバイで,山走りをしていた記憶がよみがえり,禁断の実をかじってしまったような気分です。

房総半島の林道は,舗装されていない時代に,走り回ったので,舗装されてしまった今は,ロードバイクで走破してみたい。と,ムラムラしてきましたが,アプローチするまでに時間がかかるんで なんだなー。

リタイアしたら,やりたいことが,また,増えました。

この記事に

開くトラックバック(0)

双眼鏡のお手入れ

高校生の時に買ったカートンの双眼鏡 8x30 ポロ。
イメージ 1
かなり活躍しました。
車の中に入れっぱなしにしたり,酷使して,カビだらけになってしまい,出動の機会はなくなっていました。

マスキングゾル改がカビ取りによい。というのを教えてもらったので,カニ目レンチも新調して,バラシておそうじです。

イメージ 2
レンズ系はいい感じにお掃除できました。
ポロプリズムのところは,バラシて光軸ずらすといけないので,組んだまま,マスキングゾルを塗り,綿棒で取りさるのですが,けっこう大変。
固まり過ぎないところで,取りさるのがいいということでしたが,柔らかいうちにふき取ってばかりで,次やる時は,タイマーで時間を決めて,いいタイミングをもう少し定量的に決めていこう。
ポロプリズムの一部しか掃除できなかったので,カビはまだ残ってます。
でも,透過するレンズだけ掃除しても,ずいぶんとコントラストが上がって,特性は戻ってきてますので,やってよかったです。

この記事に

全127ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事