ここから本文です
SSP Factoryのブログ
埼玉県川越市にあるバイクと車のワンオフカスタムショップです

書庫エンジンカバーの再生

記事検索
検索

全1ページ

[1]

本日のご依頼はジェネレーターカバーの割れ修理です。

お持込み頂いたのはこちら(^^)

イメージ 1

裏側をみると…

イメージ 2

割れております。

表側はよく見るとあっちこっちにガリ傷があります(´・ω・`)

イメージ 5


早速割れてるところから修正です(^^)

表裏とも溶接で盛って修正します。

イメージ 3


溶接で盛ったら仕上げ(^^)

イメージ 4

今回磨きはオーナーさんの方でご堪能したいとの事で磨き前のベース作りまでで作業終了です(^^)

イメージ 6

オーナーさん磨き頑張って下さい(^_-)-☆

ご依頼頂きありがとうございました〜(^^)/



今回のご依頼はポイントカバーの再生です(^^)

持ち込まれたのはこちら

イメージ 1

かなり深い傷ですね。

裏側もヒビが入っていたので表からちょっとこずいたらすぐポロッとれて穴が開きました。


イメージ 2


溶接で盛っていくので先ずは下地作り!っと言うことでサンドブラストにて穴を綺麗にした後、溶接です(^.^)


溶接したのがこちら

イメージ 3



ここからこんな感じに仕上げて


イメージ 4

裏側は少し肉盛りした状態にしておきます


イメージ 5


最後に今回はブラスト仕上げで完成〜

イメージ 6


当時モノのカバーは中古でも買うと結構高いのでこういった修理もありですね(^^)



お久しぶりのブログです(^。^)


今回の作業は立ちゴケで割れてしまったジェネレーターカバーの再生です。

当時ものパーツでお高いものだそうで、修理ということになりました。

イメージ 1


今にも取れそうですね〜(@_@;)

このまま溶接しても綺麗に仕上がらないので………

イメージ 2

裏から叩いたらすぐ粉々になりました^^;


さて、先ずは取った部分の形状整えて…
開いた穴に合わせて板を切り出します。



イメージ 3


早速溶接して…



イメージ 5


溶接したとこ綺麗に仕上げたら、フィンも溶接して…






イメージ 4


後はいろんな工具を駆使して綺麗に仕上げていけば完成〜!!

イメージ 6



ブログだと簡単そうだし、あっという間だけど結構時間かかりました…(+o+)





全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事