ここから本文です
twitterを始めました、ヒマな方は見ていただけると幸いです。

平成最後の新形式

平成が終わり、令和に変わるのに合わせ、流星旅客鉄道では開業当時の塗装をイメージしたクラシックスタイルの新型車両「S-3000系」をデビューさせます。
イメージ 1
こちらがその外観になります。
S-3000系は4月30日運行の「ありがとう平成号」および5月1日運行の「こんにちは令和号」より営業に入る予定です。

開くトラックバック(0)

流星夜急グループは現在、グループの肥大化により管理の行き届かない状態が続いています。
そのため、本年12月のyahooブログ閉鎖をもち、事業を大幅に縮小いたします。
架空鉄道は場を変えて存続する予定ですが、本ブログの記事は全て放棄される予定です。
なお、アンドロイド人車におきましては、技術の未成熟が発覚したため営業運行は中止となります。
イメージ 1
イメージ 2
これらが、縮小後の路線での運行を見据えて製造した特急型のS-2800系と普通型のS-2900系です。
イメージ 3
こちらが、現在暫定的に流星新線と名付けた縮小後の新会社のメイン路線の路線系統図です。

今後の予定はまだ未定なことが多いですが、どうぞよろしくお願いいたします。

流星旅客鉄道では、社会実験を兼ねた新しい交通の提案のため、新サービス「アンドロイド人車」を開始いたします。

イメージ 1

こちらがそのロゴマークです。 これは、人車軌道を自律型アンドロイドによって運行するもので、アンドロイドの採用により多様なニーズに対応する予定となっています。

開くトラックバック(0)

流星旅客鉄道では、各駅に設置しているホームドアの一部問題点を改善した新型のホームドアを各駅に導入してまいります。
イメージ 1
こちらがそのイメージです。案内部を上部のLED表示板あるいはLCD表示板に集約することで、案内を見やすくしています。

また、ホームドア更新が終了した駅より、「ショパン ノクターン第2番」を使用した列車接近メロディを導入してまいります。

開くトラックバック(0)

どうも、いろいろとゴタゴタしていてずっと更新が滞っておりました
今回は、上横ジャンクションライン、1435mm区間用の新型車両
S-2700系の紹介および国鉄星斗世界線70系および80系2次車の概要
そして冷暖房弱車両の導入についてです。
イメージ 1
こちらが新型のS-2700系です。しばらくは増発に使われますが、将来的には2階建て車両の置き換えも視野に入れています。
イメージ 2
こちらが3月より導入の冷暖房弱車両ステッカーです。
冷暖房を弱めに設定することで、多様なニーズに対応できるようになります。

イメージ 3

イメージ 4
こちらが国鉄星斗世界線 80系2次車と70系です。
80系2次車は従来通り東海道線ほか系統に導入されていきます。
70系は横須賀線および総武線、内房線、外房線、東金線、中央東線を中心とした路線群に導入されます。

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事