ここから本文です
twitterを始めました、ヒマな方は見ていただけると幸いです。
流星物流では9月より、貨物列車とトラックを利用した宅配、配送サービスを開始しますが、同時に、貨物列車やトラックに搭載した特殊コンテナより段ボール内蔵ドローンを発射し、営業所等を介さずに線路や道路から荷物が届く新サービス「ダイレクト配達」を開始いたします。
イメージ 1
こちらがそのロゴマークになります。
イメージ 2

イメージ 3
ドローンには、中央のへこんだA型と、でっぱったB型があり、コンテナ内に交互に隙間なく配置することができるようになっています。
イメージ 4
ドローン内部の段ボール搭載スペースは密閉構造で、雨水等の侵入を許しません。
また、中の荷物を取り出すには、事前に送信したパスワードを専用アプリから送信する必要があるほか、GNSSを搭載し、不可解な移動を感知した場合には警告メールを送信する機能もあるため、防犯上も有利となっています。

この記事に

開くトラックバック(0)

一部路線の改軌ほか


流星旅客鉄道では、上横ジャンクションラインのさらなる増発をはかるため、S-1800系専用で使われている複線を1435mmに改軌の上、車庫区間やポイント区間でのみ使用されていた第三軌条集電方式を全区間に拡大、あわせて埼玉県営地下鉄大宮線への直通を開始します。
イメージ 1
こちらが県営大宮線の路線図です、こちらはパリメトロで使われている鉄輪とゴムタイヤの併用方式を採用しています。パリメトロ方式を採用したことで、通常軌道区間へも問題なく直通できるようになっています。
イメージ 2
こちらが地下鉄用のSPU300形です。
イメージ 3
こちらがS-40系です。これらの車両は床面高さが低く設定されているため、流星線区間では台車の空気バネを膨らませ、車高を上昇させるシステムを備えています。

この記事に

開くトラックバック(0)

採掘の後は

流星鉱業による採掘がなされた地下資源を精錬し、利用できる形にする事業を行う「流星リファイニング」も新しく成立いたします。
イメージ 1
こちらがロゴマークです。
流星鉱業が採掘した資源を流星リファイニングが精錬し、グループ内各社が利用するまでの一連の流れを、流星物流が仲立ちするシステムがこれで確立いたしました。

この記事に

開くトラックバック(0)

鉱業事業に参入へ

流星夜急グループでは、グループ内で消費する燃料、金属等を調達するため、鉱物および石油ガス採掘のための新企業、「流星鉱業」を設立いたしました。
イメージ 1
こちらがロゴマークになります。現在は石油、天然ガス、ウラニウム、各種レアメタル、鉄等の採掘を行っています。

この記事に

開くトラックバック(0)

星斗「え〜、みなさんは覚えておられるだろうか、こんなことを言っていた日のことを。」
新秋「こりゃまた懐かしいのが出てきたねぇ、我々も2年越しの再登場だ。」
府中太「で、こうなったと。」
星斗「えっと・・・この場合ってどうしたらいいのやら。」
2人「知らん」
星斗「と、いうわけで、中の人も予想外だったこの展開を、なんとかしたく候なので、しばらくお待ちください。まさかホントにShining Stageで確定しちゃうなんて・・・・!」
※この小説はフィクションです。実在の人物とは関係ありません。
※ただし、電車でD Shining Stageとは少々の関係があります。
※というか中の人はそれなりにあせっています。時間をください。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事