学習障害(LD)や発達障害児の指導

学習障害は、勉強によって克服される。それを、あなたは信じますか?

とろる塾のトロールからの伝言

               はじめての方に  子どもたちの中には、中学生でも、数詞の「ひゃくじゅういち」を「100101」と書く子がいます。[8+5」を指を折り折り数え足します。ですから、繰り上がりがある「367+254」などの複雑な計算ができません。また、漢字のすべてにルビを振った教科書でも、音読ができません。  このような子どもたちを、「学習障害(LD)」児といいます。注意欠陥多動性障害や高機能自閉症・アスペルガー症候群などの発達障害の子どもたち、ダウン症、不登校や学業不振の子どもたちの中にも、全くもって勉強の世界に入れないでもがき苦しんでいる子がたくさんいます。  学ぶ手段は、小学校に上がると「文字」と「数字」になります。どちらも抽象化の世界。脳の中でイメージして考えなければならない世界。学習障害の子どもすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

    「盲ろう児教育」について,伝えたいこと      TBSテレビの報道特集『盲ろう児教育の現場』(2018,9,1)を見ました。目も見えず,耳も聴こえない障害を持ったお子さんを,どう育てるか,という教育現場の取り組みが描か ...すべて表示すべて表示

       「とろる塾」の空き時間情報   1 不定期の就学前のお子さん (2時間)      感覚統合と発達動作訓練。書写、音読訓練。数の概念と数の抽象化(平面のタイルを使った、暗算訓練) ...すべて表示すべて表示

Q 重度障害児 手が開かない

2018/9/10(月) 午後 8:23

          トロールからの伝言     Q ・重度障害児 手が開かない    ・ダウン症 握れない ・鉛筆をぎゅっと握れない    ・手足過敏症 マッサージの方法    ・障害児の鉛筆で細かく書くための ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事