Pop Life In The Paisley Park

日々感じた事、疑問に思った事、想い出を記しています!!

全体表示

[ リスト ]

BMI(体格指数)が高い人はBMIが低い人と比べ食べ物のにおいに敏感で、食べ物以外のにおいには鈍感であることがポーツマス大学の研究により明らかになりました。BMIとは体重(kg)を身長(m)の自乗で割った指数で、25以上が体重過多、30以上が肥満とされています。空腹時・満腹時の嗅覚とBMIの関係を検証したのは、今回の研究が初めてとのことです。詳細は以下から。
University of Portsmouth news - Heavier people are better at ‘smelling’ food
ポーツマス大学心理学科のLorenzo Stafford博士は当初、人間の嗅覚は空腹であるか満腹であるかにより影響されるかを調べるため研究を始めたそうです。論文はChemical Senses誌に掲載されています。遠くから食べ物のにおいをかぎつけて食事にありつくことができるよう空腹時の方が食べ物のにおいに敏感になるのでは、と予想されそうなものですが、8歳から49歳の64人の男女を対象に行われたテストの結果からは、意外なことに人々の嗅覚は空腹時には食べ物以外のにおいに対し鋭くなり、食べ物のにおいに対しては満腹時の方が敏感であるということが明らかになりました。この理由はまだ解明されていないのですが、Stafford博士は、適正なエネルギー収支を保つために必要のない食べ物を検知し拒むための仕組みとも考えられると述べています。被験者の64名の男女は、空腹時と満腹時にそれぞれ食品関連のにおいと食品でないにおいを嗅ぐテストを受けました。食べ物のにおいのサンプルとしては食品業界で使われるハーブベースの天然香料を用いた識別テスト(食品のにおいを無臭のサンプルから嗅ぎ分ける)を行い、食べ物以外のにおいのサンプルとしてはブタノールを用い閾値テスト(感知することができる最小のにおいの濃度を測定する)を行いました。そして、調査結果をさらに分析したところ、BMIが高い人はBMIが低い人と比べ食べ物のにおいに敏感で、食べ物以外のにおいには鈍感であることが明らかになりました。肥満の人の嗅覚が弱いということはこれまでに行われたさまざまな研究でも示唆されてきたそうですが、一般的なにおいに関してはこれがあてはまっても、食品のにおいに対しては肥満の人の方が逆に鋭い傾向は、今回初めて明らかになったとのことです。「太りやすい」人は、食べ物に関する嗅覚の鋭さが食物摂取量に影響することも考えられる、とStafford博士は語っています。「脳の中で嗅覚情報を処理する部分(嗅覚皮質)が摂食中枢とつながっていることは、以前から明らかになっていました。しかし、嗅覚皮質が食物摂取をどの程度コントロールするのかはまだ解明されていません。今回の発見がこの分野のさらなる研究を触発し、人々の体重管理や医療の現場で役立つことにつながることを期待しています」
<転載>Gigazine2010.11.16
<参考70>★「ビール腹」の真相に迫る!?★
<参考71>★メタボ健診に効果…1年で平均1.7キロ減!!★
<参考72>★ダイエットの通説覆す、ゆっくりよりも集中減量が有効!?★
<参考73>★実は欧米人より日本人の方が、内臓脂肪がたまりやすかった!?★
<参考74>★牛乳にダイエット効果があると判明!?★
<参考75>★寝る人は痩せる? 〜ダイエットと睡眠時間のうれしい関係〜★
<参考76>★日光が小児肥満を防ぐ鍵か? 〜ビタミンD不足の子どもは太りやすいことが明らかに!?〜★
<参考77>★生活リズム、糖尿病に影響!?★
食欲とは、\己が食物を摂取▲┘優襯ーの消費G嘶という3つの生理作用を円滑に営み、生命を維持する為の本能的食欲と、視覚、味覚、触覚、臭覚、聴覚等といった感覚器からの刺激によって生じる精神的食欲がある。それらの食への欲求が低下、消失した状態を、食欲不振と呼ぶ。食物を摂取するのは空腹感と満腹感のバランスによるもので、大脳の視床下部にある食欲中枢(摂食中枢と満腹中枢)によってコントロールされている。人間の食欲全体を制御している最高司令塔は、満腹中枢や摂食中枢がある大脳の視床下部よりも更に上の大脳皮質の前頭葉に存在し、人間の精神や思考、情緒等といった極めて高次元な精神活動を営んでいる部位にある。前頭葉には視覚、味覚、触覚、臭覚、聴覚等といった重要な情報を伝える神経のネットワークが形成されているのですが、食欲が大きく影響されるのは、この神経ネットワークの働きによるものなのである。精神ネットワークの影響を受けて、精神的に不安定な時に、やけ食いや気晴らし食いによって欲求不満を解消したり、食欲が減退するといった行動を取ってしまうのである。精神的刺激で起こる食欲としては、胃の収縮による空腹感と胃の伸張による満腹感がある。胃の収縮による空腹感は、胃内が空の状態で時間が経過すると、胃は収縮を起こす。この収縮を飢餓収縮と呼ぶのですが、これが起こると迷走神経を通して摂食中枢に伝えられて空腹感を感じるのである。胃の伸張による満腹感は、食物を十分に摂ると分泌された胃液によって胃が伸張され、この刺激が迷走神経を通して満腹中枢に伝えられて摂食中枢を抑制する。しかし、胃を切除したり迷走神経が切断されていても満腹感が起こることから、胃の伸張だけが基本的な要因とはいえないと考えられている。科学的刺激で起こる食欲としては、空腹や満腹に伴う血液中の化学物質(糖や脂質等)に関連して様々なホルモンが影響している。食事によって体内にブドウ糖が吸収されると、血中の血糖値が上昇する。このブドウ糖の刺激によって、満腹中枢が興奮すると満腹感を覚える。更に満腹中枢から「十分なエネルギーが摂取された」という情報が体内に伝えられ、エネルギーの補給活動を停止するようになる。体内のエネルギーが消費されると血糖値が低下し、皮下に蓄えられた脂肪を分解してエネルギーを作り出さなければならない。蓄積された脂肪を分解する時に出来るのが、遊離脂肪酸と呼ばれる物質。血液中の遊離脂肪酸量が増加し、この遊離脂肪酸の刺激によって摂食中枢が興奮すると空腹感を覚える。更に摂食中枢から「エネルギーが不足している」という情報が体内に伝えられ、エネルギーの補給活動を促すようになるという。ブドウ糖の利用を促進するホルモンをインスリンと呼び、ブドウ糖の濃度の変化から摂食中枢、満腹中枢の双方に、間接的に働くだけでなく直接的にも作用する。また、女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、排卵前に食事の量が減少する事から、女性の性周期と食事摂取量の間に関連があると考えられている。物理的刺激で起こる食欲としては、皮膚が冷気に触れると、その刺激か摂食中枢に伝わり食欲が増進するという。これは寒さに対する抵抗力を付けようという本能だと考えられている。摂食中枢は血液の温度が低下しても興奮しますが、逆に体温と気温の上昇した状況では抑制されて、食欲は減退するという。心理的刺激で起こる食欲としては、食物に対する過去の経験的発想や情緒、感情によって食欲は左右され、具体的には目で見た物(視覚)、匂い(臭覚)、音(聴覚)等で、その時の気分によってお腹が空いていなくても食欲が出たり、何も食べていなくても食欲がなかったりする事がある。人間には視覚的に捕らえた美しい物を好む自然な情緒がある為に、料理の色や形、食器等を美しく整える事が重要だという。また、臭覚の感じ方には個人差があるといい、通常の感覚では嫌な匂いであっても、その匂いから個々の嗜好により美味しい味を連想した時には、食欲を増す方に働くという。また、音楽が食欲に影響があるという説がある。美味しい料理を作っているという事を連想させるような包丁の音なども、食欲に大きく関係しているという。今回の研究結果によると、「BMI(体格指数)が高い人はBMIが低い人と比べ食べ物のにおいに敏感で、食べ物以外の匂いには鈍感である」という。前記した通り、前頭葉には視覚、味覚、触覚、臭覚、聴覚等といった重要な情報を伝える神経のネットワークが形成されており、食欲に対して強い影響を及ぼしている事から、BMI(体格指数)が高い人が、食べ物の匂いに対して鋭くなっているというのも、何となく分かるような気がする。食べ物の味を判断しているのは、臭覚が大半を占めているといいますから、食べる事に関して強欲なBMI(体格指数)の高い人の臭覚が鋭くなっていても、何ら不思議ではないと思われる。食べ物以外の匂いには鈍感であるという点は、関心の強さに影響されているのかもしれない…。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

看護婦はやっぱり、アソコの扱いにも慣れてるのか、アレが最高に気持ちよかったwwww

スペ●マを大量に飲まれて 5万円もらった。おいしすぎるwwwww♪♪

ttp://pen.vecter7.net/i0ikkl6/

2010/11/19(金) 午前 11:14 [ やびゃらコリャァァ!!! ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事