ここから本文です
このブログは、福島市を中心とした歴史、文化などを探索するものです。

書庫全体表示

記事検索
検索

全94ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

木幡山隠津島神社

 二本松市木幡字治家に鎮座する木幡山隠津島神社に行ってきました。
 木幡山隠津島神社は本殿が山の中腹にあるので、運動不足解消にもなります。

イメージ 1

 駐車場から出発です。本殿まで徒歩10分とされていますが、早速階段です。ちょっと体が重くなってきたので、嫌な予感がしました。

イメージ 2

 何とか登り切り、山道を進み、木幡山展望台に向かいました。
 木幡山展望台からみた、安達太良連峰、吾妻連峰です。

     安達太良連峰
イメージ 3
 
     吾妻連峰
イメージ 4
 
 次は、木幡の大杉です。
 さすがに大きな杉でした。でも、幹内の腐食が進み、大きな空洞が見つかり、倒壊寸前のため10数本の支柱が取り付けられています。

イメージ 5

 
イメージ 6

 さらに山道を進むと、三重塔があります。
 室町時代の文明4年(1472)の建立、延宝2年(1674)二本松藩主丹羽光重公により修復されましたが、明治35年の大暴風雨のため第一層を残して倒壊し、大修理されたそうです。

イメージ 14

イメージ 7

  案内図によれば、三重塔の上に隠津島神社の拝殿・本殿があるとのことですが、またまた階段です。

イメージ 8

  やっと、隠津島神社の拝殿・本殿に着きました。寛政元年(1789)造営始めとなり、拝殿は寛政6年(1794)5月竣功、本殿は寛政12年(1800)4月に竣工となり遷宮が行なわれたそうです。

イメージ 9

イメージ 10
 
イメージ 13

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 11

イメージ 12

 12月の木幡の幡祭り(国の重要無形民族文化財)の時に再訪したいと考えています。
ただ、帰宅途中から膝が痛くなり、湿布しているので、鍛えなおす必要があるようです。


開くトラックバック(0)

高子金山の伝説と事実

 近頃、著しく運動不足です。このため、何かいいウォーキングがないかと思い、4月29日開催の「春の高子二十境と伊達・箱崎の獅子舞を巡る」(主催:高子沼を楽しむ会)に予備知識なく、ただ「歩く」ことを目的に参加しました。
 その際、見つけた高子沼(伊達市保原町高子)ほとりにあった高子沼案内図の「高子地区の山々は金鉱山だった」との記載が気になっていました。案内してくれた高子沼を楽しむ会の会員の方も、金山があったと説明していました。

イメージ 2

イメージ 1

イメージ 3

   何か、高子金山関係の資料がないか探したら、「伊達の散歩道 ほばら編」に「伊達政宗の金山伝説が残る・高子沼」として概略が記載されていました。

イメージ 6

イメージ 4

   独眼竜で有名な伊達政宗は、高子の金鉱石を採掘・精錬していたが、天正19年(1591)、豊臣秀吉によって伊達郡・信夫郡などを召し上げられ、岩出山に移された際、次期領主の蒲生氏郷に金鉱の存在が分からぬようにするため、堤防を築き、精錬所跡に水を引いて沼にしてしまったという高子沼の伝説のようです。
 なお、上保原村鑑指上帳(寛保2年(1741)6月)の「金銀銅鉄山」に、以下のような記述があり、八拾年(1661年)余以前の米沢藩統治当時に高子の金山を採掘していたことが表されています。
 是者内山銀山掘跡八拾年余以前羽州米沢御知行之節、陸奥信夫瀬上村
 治右衛門申者御願申上、銀山繁盛仕堀尽、其後相止、此外金銀鉄山無
 御座候
 これは、万治元年(1658)12月16日(以御黒印奉行郡代江命令)に「金山近年不吟味故か能山不出候間借米をも致山をも見出候様に可申付事」とされており、米沢藩が鉱山開発を奨励していたことと関係があるのではないかと勝手に考えています。

   一方、「伊達政宗の金山伝説が残る・高子沼」には、高子沼の周辺には金鉱山の坑口が残っており、昭和初期には高子沼の底から中世のものとみられる鉱石粉砕用の石臼や廃鉱石が多数出土したとも記載されていました。
 ということは、高子に金山があったというのは事実ということなので、またまた資料探しです。
○ 「高子沼の伝説を科学する(田子健吉著、昭和25年8月発行)」のP23〜P30に、水路修繕のために減水した高子沼の沼底を昭和12年9月下旬から約3か月調査して、沼底から鉱石粉砕用の石臼や廃鉱石などが出土したと記載されていました。

イメージ 5

○ 「ふくしま伊達の名勝 高子二十境 〜高子熊阪家と白雲館文学〜(松浦丹次郎著、平成24年8月31日発行)」のP31に、高子沼周辺の金鉱山の坑口の写真があったので、現地を探したところ、残念ながら坑口は土砂採掘で消失してしまったようでした。

イメージ 11

イメージ 7
                                                                  ↑ 金鉱山の坑口

 ※上の写真の左上の箱崎の愛宕山と中央の大きな家を目印に見当をつけましたが、ちょっと場所がずれているようです。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 なお、高子二十境については、後日「ふくしま伊達の名勝 高子二十境 〜高子熊阪家と白雲館文学〜」を参考にして、ご紹介することにしています。



開くトラックバック(0)

紫神社 その3

 5月7日、goo地図(航空写真)、Yahoo地図(航空写真)及び県北都市計画図(1:2,500)23を持って、福島市大笹生字宮に行ってみました。ところが、現地に行ってみたら、工事中の側道があり、持参した資料とは違った光景となっていました。

イメージ 1

 仕方がないので、5月17日に出直しました。
 初めに、近くの地形の確認です。
 側道脇の田んぼは、持参した資料と形が一致(瓢箪を半分にした感じ)したので、側道脇の水路升にあった3級基準点を測量の起点としました。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
 
イメージ 5

イメージ 6

県北都市計画図(1:2,500)は4mmが10mですので、約13mの印〜印(旧紫神社入口)間は約32mになります。

イメージ 7

このうち、印〜印(側道と東北中央自動車道敷地境界のフェンス)側道は、幅員が約8mでした。

イメージ 13

イメージ 8

 残りはフェンスから約24mですので、印(三角表示板)が旧紫神社入口ということになります。

イメージ 9

 次に、県北都市計画図で旧紫神社入口〜紫神社は6mmですので、印から北に15m先の三角表示板から西24mに紫神社がみえたはずです。

イメージ 10

イメージ 12

 また、県北都市計画図の東北中央自動車道を表す赤線は、東北中央自動車道の路面と勝手に解釈しました。

イメージ 16

 ということは、大体、東北中央自動車道の法面の先にある路面、具体的には流路溝の上の路肩あたりに御神木があったのではないかと考えられます。

イメージ 11


イメージ 14

イメージ 15








開くトラックバック(0)

季節外れのりんごの花

近くのりんご畑を覗いたら、小さいりんごの実が付いていました。

イメージ 1

ところが、所々に白いものが付いていました。
よく見ると、りんごの花でした。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 どうして、今頃、りんごの花が咲いたのでしょうか。

開くトラックバック(0)

  いかにんじんは、信達地方(福島県福島市、伊達市及び伊達郡)のシンプルな郷土料理です。なぜシンプルかというと、その名のとおり具がスルメとにんじんだけで、醤油、日本酒及びみりんで味付けしたものです。

イメージ 2
                           ※ 写真はお借りしました。

 福島市飯坂町出身のタレント佐藤B作さんが、テレビでいかにんじんを地域の名物として紹介したことをきっかけにちょっと有名になりました。ネット検索で「いかにんじん」で検索したら、佐藤B作さんの実家らしき商店もヒットしました。
 
 さて、本題です。
 なんと5月9日から「いかにんじん」の味わいを再現した『ポテトチップス いかにんじん味』が地域限定・数量限定・期間限定(東北、関東(茨城県 栃木県 群馬県 長野県 新潟県)、販売予定数:約15万袋、6月上旬終売予定)ですが、発売されたという画期的な出来事がありました。

イメージ 1
 
 いつも買い物に行く地元スーパーY・BのY店では、すぐ完売、入荷未定という状況です。

『ポテトチップス いかにんじん味』は、スルメのうま味と素朴な味わいが特長なので地元民としては、もうちょっと数量を増やし、期間も延長してもらえればと思っています。



開くトラックバック(0)

全94ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事