全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

1991年にヨドバシカメラで買ったホイヤーの電池が先日、切れてしまいました。
この時計はその時に夏の度に三宅島に行って素潜りに嵌っていた時が有り、潜る度に時計を
外すのが面倒なので防水時計をと思い、買った思い出深い時計です。
その頃のゼンマイ親父はまだクオーツ親父で機械式時計等は持って折らず、会社用にクオーツの
ロンジンを持っていただけでした...当然、皮ベルトの生活防水のものでした。それでも気合入れて
今でも覚えている39800円で新橋のキムラヤで買いました。丁度、F1の計測時計がロンジンでしたので。
話戻ってホイヤーですが、会社以外の所ではいつも嵌めてました。買って5年目で電池が切れたと思い
ます。その時のホイヤーの代理店はワールド通商さんで電池交換をしに水道橋のサービス受付まで行った
ものです。その後、丁度5年後の2001年に原宿の直営店まで電池交換を出しに行ってきました。
その時は電池交換で終わらず、オーバーホールが必要との事でしたので18000円也でやって貰い
ました。そして今回です。電池交換だけで終わるでしょうか?電池交換だけで7000円との事です。
以前の電池交換は3000円から5000円位で済んでいましたが今回は更に値段が上がっています。
これもホイヤーがLVMH傘下になった為でしょうか? メーカー修理も全て電話で受けて、佐川急便さん
が受け渡しをするという方式になりました。メーカーのサービスに行くのは修理等の時だけですが、
その時にメーカーの方とお話が出来るのが時計好きにとっては密かな楽しみなのですがその楽しみが
なくなってしまってしまった形です.....一般の方にはこの方がいいのかも知れませんが.......
まあ、地元の時計修理専門の工房に出してみるのもいいのですが折角、防水時計なのでそれがなくなる
のが辛いのです....メーカーには100メーター以上の防水検査の道具がありますが、それ以外で
その様な設備がある所は稀で防水テストをお願いするとメーカーに出してくださいと言われます。
まあ、中には例外もあると思いますが。さて電池交換はどうなりますのやら.....

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事